もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:ゲーム > PFBシリーズ

PFBシリーズ過去データ、PFB1990.PFB1991を公開します。

1990年は、パリーグでは、安定した投手陣と強力打線の西武ライオンズが序盤から他チームを圧倒。2位のオリックス・ブレーブスとはゲーム差12.0で2年ぶりのリーグ制覇を達成。日本シリーズでもセリーグの覇者読売ジャイアンツに付け入る隙を与えず4勝0敗で日本一に輝いた。しかしMVPは、最多勝、防御率、奪三振の投手3冠を獲得した新人の野茂英雄(近鉄バファローズ)が獲得した。
セリーグでは、藤田元司率いる読売ジャイアンツが貯金46、勝率.677という圧倒的な強さで、2位広島カープとは実に22ゲーム差で2年連続のリーグ制覇を達成した。MVPは20勝をマークし、最多勝と防御率の2冠に輝いた斎藤雅樹。

1991年は、パリーグは貯金38と圧倒的な力を見せた西武ライオンズが、近鉄バファローズの猛追を退けて2連覇を達成。日本シリーズでも広島カープとの激しい戦いを4勝3敗で制して2年連続の日本一に輝いた。MVPは後半の9完投9勝を含む15勝をマークした郭泰源。
セリーグは団子状態から後半チャージして一気に首位を奪った広島カープが5年ぶりのリーグ優勝。MVPは最多勝と防御率の2冠に輝いた佐々岡真司。

こちらから自由にダウンロードしてください。

PFBシリーズ過去データ、PFB1993.PFB1994を公開します。

1993年は、セリーグでは野村克也率いるヤクルト・スワローズが2年連続でリーグ制覇を達成。また日本シリーズでも王者西武ライオンズを倒して日本一に輝きましいた。MVPは古田敦也。 パリーグでは、強力投手陣を擁する西武ライオンズが日本ハム・ファイターズとの熾烈なデッドヒートを制してリーグ優勝。MVPは現ホークス監督の工藤公康

1994年は、10月8日の中日ドラゴンズとの最終同率決戦を制した読売ジャイアンツが優勝。MVPは14勝を挙げてジャイアンツ投手陣を支えた桑田真澄。ジャイアンツは日本シリーズも4勝2敗で制して日本一に輝きました。 パリーグは、2位オリックス・ブルーウェーブとゲーム差7.5をつけた西武ライオンズが5年連続のリーグ制覇を達成。しかしMVPはこの年ブレイクしたイチローとなりました。

こちらから自由にダウンロードしてください。

日本プロ野球をテーマとしたカード式野球ゲーム、PFBシリーズ過去データ、PFB1996.PFB1997を公開します。

1996年は、パリーグでは、ブレイクして3年目のイチローを擁するオリックス・ブルーウェーブが初優勝を飾り、日本シリーズも制して日本一に輝きました。
セリーグでは、松井秀喜、落合博満を擁する読売ジャイアンツが、最大11.5ゲーム差以上を跳ね返して逆転優勝。松井がMVPを獲得しました。

1997年は、セリーグでは、野村克也監督率いるヤクルト・スワローズが安定した戦いぶりで2年ぶり5度目のリーグ優勝。日本シリーズも4勝1敗で制して日本一に輝きました。MVPは2度目となる古田敦也(日本シリーズでもMVP獲得のダブル受賞)。
パリーグは、東尾修監督率いる西武ライオンズがオリックス・ブルーウェーブとのマッチレースを制して3年ぶりの優勝。MVPは最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得した西口文也

こちらから自由にダウンロードしてください。

PFB2019表紙


主題の件ですが、PFB2019の通販を開始します。
PFB2019とは、PFBシリーズの最新版で、2019年度の日本プロ野球をテーマとしたカードゲームです。
詳しくは --> こちら

料金は、以下の通りです。

 PFB2019紙媒体版 :3,200円 + 送料600円 (合計3,800円)
 PFB2019電子媒体版:1,500円

また、 こちらに示した 他の作品と同時に注文いただく場合は、送料は
「2品までは600円、以後1品毎に+300円」
です。

通販を希望される場合は、ブログコメントで「PFB2019希望」とご連絡下さい。
その際、連絡先となるメールアドレスもあわせて教えてください。
(コメントは非公開と致します)

なお、材料その他の都合上、ご連絡いただいてからお手元に届くまで1~2週間程度お時間を頂く場合がございます。また週末は年末年始は私自身が自宅を不在になるので、対応できない場合がございます。
予めご了承ください。

宜しくお願いします。

TVでの野球解説を聞きながらふと思いついたのですが、野球ゲームにメンタルな要素を取り入れることはできないものかな・・・。


拙作PFBをはじめ多くの野球ゲームではデータ至上主義で、どのような場面でも選手は平均的な能力を発揮できる。
しかし実際には、先発と抑えでは精神的なプレッシャーが違うし、敗戦処理で素晴らしいピッチングをした投手が僅差で好投できる訳ではない。

打者もまたチャンスに強い選手がいれば、そうでない選手もいる。

このあたり、メンタル面での違いを上手く表現できないものか、思案しております。

まあデータ主義の野球ゲームでは、メンタルの違いを「結果から類推して楽しむ」という楽しみ方もあります。

藤川

↑このページのトップヘ