もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:世界の軍隊 > ロシア・ソ連軍

イメージ 1

煙突から黒煙を吹き上げる「ソブレメンヌイ」級駆逐艦。本級の蒸気タービン機関は、本級の致命的な欠陥だったのか?

「ソブレメンヌイ」級駆逐艦

「ソブレメンヌイ」(Sovremenny)級駆逐艦。ロシアでは956型駆逐艦と呼ばれるこのクラスは、対空、対艦兵装に優れた汎用駆逐艦とされています。特にその搭載する対艦ミサイルSS-N-22「サンバーン」(ロシア名:3M80)は、高速かつ大威力の「優レモノ」とされていました。先日発売された「アジアンフリート」というボードゲームにおいても、「ソブレメンヌイ」級駆逐艦は中国海軍の中核を成す強力艦として扱われています。

しかし、実はこの「ソブレメンヌイ」級駆逐艦。「欠陥品」という説が一部に流布されています。
例えば「世界の艦船」2007年6月号の中で「ロシア海軍通」として知られるアンドレイV.ポルトフ氏は、以下のような興味深い文章を残しています。

956型(ソブレメンヌイSovremenny級)ミサイル駆逐艦は、ロシア国内では大失敗プロジェクトとしてよく知られている。というのも、機関をはじめ各種装備の故障件数が非常に多かったためだ。

果たして「ソブレメンヌイ」級が「強力艦」なのか。あるいは「欠陥艦」なのかは興味深い所です。上記ポルトフ氏の記事によれば、「ソブレメンヌイ」級の問題点は設計ミスではなく製造不良にあるとのこと。中国向けの艦は船体を再設計して完成させた艦であるので、オリジナル艦の欠陥はかなり是正されているのかも知れません。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/e/e/ee931f0f.jpg
「アジアンフリート」に登場する「ソブレメンヌイ」級駆逐艦「杭州」。対艦、対空火力に優れた有力艦として評価されています。

世界の欠陥艦

この「ソブレメンヌイ」級に限らず、世界には個艦性能の良否を越えた「欠陥艦」というものが存在しているようです。
例えばナチスドイツ海軍の「ヒッパー」級重巡。広田厚司氏の「ドイツ海軍入門」によると、「ヒッパー」級は機関トラブルは悩まされて乗組員からの苦情が絶えなかったそうです。そういえば「ヒッパー」級の諸艦は「優秀」と言われている割には戦果は今ひとつの感があります。

米海軍の重巡「オレゴン・シティ」は、強力な「バルチモア」級重巡を改造した艦です。砲戦用重巡としては極めて優秀なカタログスペックを持つ同艦ですが、大塚好古氏の「世界の重巡洋艦パーフェクトガイド」によると、「オレゴン・シティ」は公試中に発覚した不具合のために公試終了前に予備役に編入され、遂に現役に復帰することなく除籍されてしまいました。ある意味「不幸な」経歴の艦ですね。

その点では我が帝国海軍。色々と言われることが多いのですが、致命的な欠陥艦がなかったということは誇っても良いかもしれません。

イメージ 1

ソビエト航空戦-知らざれる航空大国の全貌 飯山幸伸 光人社



ソビエト・ロシアの航空隊といえば、冷戦期においてはアメリカと並んで世界を代表する航空部隊でした。そんなソ連航空隊ですが、WW2期における活躍については意外と知られていません。本書では、WW2期におけるソ連航空隊の戦いを軸に、ロシアにおける航空隊の黎明期、ロシア革命、大戦間の発展、赤軍大粛清の影響、スペイン内戦、冬戦争などが描かれています。

ソ連航空隊については日米独英といった有名どころに比べると知名度が少ないですが、本書を読むと魅力的な機体が揃っていることに気づかせてくれます。複葉の艦上水上機ベリエフBe-2は我が国の水上観測機に良く似た飛行機。ポリカルポフI-153は複葉引込脚で速度450[km/h]を誇った究極の複葉戦闘機。英空軍のハリケーンを引き離した双発高速爆撃機ペトリヤコフPe-2は「ソ連版モスキート」とも言われた名機。ドイツ軍将兵達に「黒死病」として恐れられたイリューシンIl-2シリーズはあまりにも有名。大祖国戦争で活躍した多くのソ連エース達が愛した隠れた名機ベルP-39「エアラコブラ」。ドイツのBf-109と互角に戦える戦闘機と謳われスターリングラード戦でも活躍したラボーチキンLa-5。ベルリン爆撃も行ったソ連の4発重爆撃機ペトリヤコフPe-8。クルスク戦の時期に登場してドイツ戦闘機と戦ったヤコブレフYak-9。大戦後期の主力戦闘機となったラボーチキンLa-7等。日米英独の軍用機と比べてみても、決してその魅力は遜色がありません。

全般的に簡単な内容でやや突込みが足りない気がしないでもないですが、ソビエト・ロシアの航空機や航空戦について概要を理解するには良い著作だと思います。

評価★★★

下の写真はYak-9です。クルスク戦以降の東部戦線でドイツ戦闘機と死闘を演じました。こうして見るとロシア戦闘機もかっちょいいですね。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/a/8/a8a2f7ad.jpg

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

素敵な欧州機(3)

久しぶりの欧州機シリーズです。
欧州機シリーズの第3弾は、ロシア機を取り上げました。上からMiG-21、MiG-23、MiG-29です。

MiG-21 「フィッシュベッド」

短い航続距離、貧弱な火器管制装置と武装、そして脆弱な機体。安さと運動性能以外全く取り得のないこの機体。しかしベトナム戦争ではGCI支援による有効な迎撃戦闘を展開し、明らかに格上のF-4「ファントム」相手に互角に近い戦いを演じたのですから、幸運であったと言えるかも知れません。
印パ戦争でもそこそこ活躍したようですが、中東戦争では殆ど良い所がなかったようです。イスラエル空軍のミラージュ、F-4、F-15、F-16相手には全く歯が立たず、一方的に撃墜されていきました。さしずめ、ガンダムに出て来る「ザク」のような存在といえるのかもしれません。

スタイル的には、非常に獰猛な感じのする戦闘機です。鋭くとがった機首、すぐ上についているピトー管、寸胴な胴体、小さなデルタ翼、意外と広い垂直尾翼等、決して「美しい」機体ではありませんが、どこか旧ソ連の持つ「野性味」を感じさせてくれるようなスタイル'です。

MiG-23 「フロッガー」

MiG-23「フロッガー」はある意味非常に興味深い機体です。
ソ連で最初に実用化されたVG翼(可変後退翼、正確には「可変幾何学形状翼」って何のこっちゃ・・・?)の戦闘機です。マッハ2クラスの速度性能、視認外交戦可能なレーダーと中距離ミサイル。当時西側の主力戦闘機の1つであったF-4ファントムとは、一応互角に戦えるだけの性能は持っていました。またレーダーと中距離ミサイルの存在は、当時配備が進められつつあった西側の新鋭機、F-16「ファルコン」をアウトレンジできるだけの性能を持っていました。

しかし実戦での「フロッガー」は惨憺たるものでした。ベカー高原でのイスラエル対シリアの戦いにおいては、計36機のMiG-23がイスラエル空軍のF-15、F-16によって撃墜され、戦果は殆どなかったのです。またリビア空軍が使用した「フロッガー」(こちらは恐らく輸出用の低性能モデル)は、米海軍のF-14A「トムキャット」と戦いましたが、こちらも完敗。湾岸戦争でもイラク空軍が何機かを出撃させたようですが、やはり西側の戦闘機には抗すべくもなく完敗してしまいました。

MiG-23の性能については、1980年代の一時期は酷く低い評価であったように記憶しています。エンジンのパワーが大きいので加速性能はかなり良いとしても、旋回性能は最悪、火器管制装置も西側の標準以下で、例えるなら「F-104を少しマシにした程度」の性能であると一部には評価されていたようです。最近は少しマシな評価になってきたようですが、詳しいことはわかりません。さしずめ、ガンダムに出て来る「ドム」みたいな機体だとすれば、「当たらずとも遠からず」ではないかと思います(大嘘)。

スタイルについては、私的には嫌いではないです。少し野暮ったい感じがしないでもないですが、エンジンノズルとその周辺の処理は味があっていいです。某「エリ○」に「フロッガー」が登場したことがあったのですが(もちろん敵として)、これは結構カッコ良かったです。

MiG-29 「フルクラム」

MiG-23に続くソ連空軍の前線航空部隊用戦闘機です。開発開始が1974年。この年は当時YF-16と呼ばれていたF-16が初飛行した年でもあります。明らかにF-15やF-16を意識したこの機体。初飛行が1977年。1983年には部隊配備が開始されていますから、F-15に遅れること7年、F-16とは4年の差になりました。

当初西側では「ラムL」と呼称されていた戦闘機です。MiG-29という名前が知れ渡ったのは1980年代半ば頃でした。
その頃のゲーム界では、MiG-29は「悪役のボスキャラ」的な扱いで、私の自作空戦ゲームでも「主人公達を苦しめる敵新鋭戦闘機」という感じで登場してきます。

MiG-29の実戦初参加は、1991年の湾岸戦争(だと思います)でした。カタログスペック上は「F-15,F-16に比肩する性能を持っている」筈の「フルクラム」は、西側戦闘機の放つミサイルによって次々と撃ち落とされていきました。今日まで10機以上のMiG-29が空対空戦闘により撃墜されましたが、MiG-29側の撃墜戦果は確認されていません。さしずめ、ガンダムに出て来る「ゲルググ」だと思ってみたら、実は「ザクレロ」だったという所かもしれません。

スタイル的には、例えばSu-27に比べると、やや「太っちょ」な感じがあります。あんまり好みのスタイルではありません。

つづく

イメージ 1

イメージ 2

(写真上)971型(アクラ級)原潜。本級ははじめて米原潜に匹敵する静粛性を獲得したソ連原潜である。

ソ連/ロシア原潜建造史



 ロシアの艦船研究家アンドレイVポルドフ氏が「世界の艦船」誌に連載していた同名記事を1冊にまとめたもの。ロシア側から見た自国の原潜建造史ということで内容的には非常に興味深いものがある。今まで西側の情報機関経由で知るしかなかったソ連/ロシアの原潜建造の実態が、当事者の視点から、しかも日本語で読めるということは素晴しいことだと思う。本書では、ロシア原潜にまつわる技術的な特徴、数多くの栄光、あるいは数多くの悲惨な事故が紹介され、その内容はどれも新鮮であり興味深いものがある。
 技術的な注目点を1つ上げると、従来「騒々しい」と言われていたロシア攻撃型潜水艦が、実は静粛性においても米原潜にそれほど見劣りしていなかったということ。671(ヴィクター)型はその静粛性を生かして何度も米英の対潜部隊を出し抜くことに成功し、971(アクラ型)は米ロス級原潜よりも静かであるという。氏自身の自国兵器に対する身贔屓があるかも知れないが(でも本書を読む限りその種の「身贔屓」は殆ど感じさせない)、実際ロシア製の原潜が静粛性の点においても極めて優秀であり(その一因が例の東芝スキャンダル)、米原潜に比べても今やその個艦性能はほぼ拮抗していると考えてよいのではないだろうか。
 一方ロシア原潜にまつわる事故については、近年になって大型原潜クルスクの沈没事故やミサイル原潜K-19、K-219の悲劇的な最期が映画や文書で紹介され、ロシア潜水艦の危険な実態が次第に明らかにされてきた。しかし本書を読めばそれらの事故が実は氷山の一角に過ぎず、ロシアにおける潜水艦開発がある意味で事故の戦いであったことを知らされることになる。また事故を防ぐためにロシア潜水艦の設計が、次第に居住性や乗員の精神衛生を配慮したものに変化していったという点は興味深かった。
 いずれにしても現在海戦に興味のある方には必読の1冊だと思う。
 余談だが、筆者はロシア人だが、日本語で書かれた彼自身の文章は非常に読みやすく、氏の非凡な語学力を感じさせてくれる。

評価★★★★★

↑このページのトップヘ