もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:日本国内 > 06近畿

地図1


6月の山陰旅行 以来約1ヶ月。右足の方もかなり回復してきたので、1泊2日で鉄道旅行に出かけてみることにした。行き先は北近畿。今回のメインは観光列車の乗り鉄である。

出発は始発の東海道線。ポイント故障で20分ほど遅れていたが、幸い遅れが途中でかなり解消したため、小田原での新幹線乗り継ぎは間に合った。

小田原からは定番の「ひかり533号」。新幹線で西に向かう時には愛用している列車だ。車内でコーヒーを飲んで、ほっと一息。列車は定刻通り京都に到着。ここから0838発の特急「はしだて1号」に乗る。

写真00


北近畿一帯を走る特急には、京都から豊岡方面に向かう「きのさき」、京都から天橋立方面へ向かう「はしだて」、同じく京都から舞鶴方面へ向かう「まいづる」、新大阪から福知山線経由で豊岡方面へ向かう「こうのとり」等がある。2022年3月のダイヤ改定以降は全席指定席化された。本数は行き先によって多少異なるものの、概ね1時間に1本程度の割合で運行されており、利便性は良い。京阪神地区から見た時に天橋立や城崎温泉といった所は手軽な観光地なので、そこそこ輸送需要があるのだろう。

写真01


列車は風光明媚な丹後路を疾走する。初夏を迎えた山々の景観が美しい。途中の福知山で新大阪発の「こうのとり1号」に乗り換え。乗り換えた際にも同じ車両とみなされるので、特急料金が追加で取られることはない。
列車は1100前に豊岡に到着。ここから第3セクターの京都丹後鉄道に乗り換える。

写真02
写真03

豊岡発1200「あおまつ2号」は、京都丹後鉄道が誇る観光列車の1つだ。京都丹後鉄道には「あおまつ」「あかまつ」「くろまつ」という3種類の観光列車があり、その中で「あおまつ」が一番「庶民的」である(グレードが低い)。車内には販売カウンターがあり、専用のアテンダントさんが乗務している。折角なので丹後鉄道自慢の「丹鉄珈琲」を注文してみた。

写真04


列車は1時間ほど走って天橋立に到着。車中では雨が降っていたが、天橋立の駅前は晴れていた。

写真05
写真06
写真07
写真08

つづく

(この記事は2022年1月8日に書いています)

年が明けて2022年最初の3連休。折角収まりかけたコロナ禍は、オミクロン株とやらの出現で再び活性化しつつある。無論感染対策は重要だが、弱毒化しているのであれば、そろそろ「超絶ヤバイ感染症」扱いではなく「今年の風邪は厄介だね」程度の扱いにできないものか、と、ボンヤリ考えてしまう今日この頃。
あと、とにかく恐怖を煽って変な方向に扇動するマスコミとか一部政治家にも困ったものである。問題を煽るだけで問題解決に寄与していない奴らは、有害無益である。

「敢えて言おう、カスであると」

小田原から米原へ

今回は3連休を利用した18切符の旅行である。とはいえ、目的地までの往復には積極的に新幹線を利用した。全行程18切符を利用した方がトータルすれば安価なのだが、途中で宿泊が入ると宿泊費が嵩んで意外とメリットが少ない。例えば旭川から東京まで飛行機で約3万円とし、18切符で3日かけて移動した場合と比較すると、旅費自体は18切符では約1万円なので2万円分安いのだが、途中の2泊分の宿泊費で少なく見積もっても1万円。さらの移動途中の食費等を考えると2万円分の差額等は簡単に吹っ飛んでしまう。機会損失等も加味すると、結局飛行機や新幹線での移動が一番経済的だという結論にもなる。

写真00
写真01

今回の旅のスタートは小田原駅。0615発の「ひかり533号」に乗る。私が西へ行く時に使う定番列車だ。新横浜始発のこの列車はいつ乗ってもガラ空きで、小田原から自由席に乗った時でも混んでいたためしがない。今回も3連休初日という状況にも関わらず、1号車自由席はガラガラの状態であった。

写真02


名古屋で別の新幹線に乗り換える。名古屋始発の「ひかり535号」広島行きだ。乗り換え時間が15分程あったので、ホームできしめんを食べる。今回はこのきしめんが食べたくて朝食をここまで我慢してきた

写真03
写真04
写真05


「ひかり535号」は積雪の残る関ヶ原盆地を抜けてあっという間に米原に到着。今回のワープはここまでである。

写真06
写真07


米原から姫路へ

米原からはJR西日本の誇る高速列車「新快速」に乗る。特急列車並の速度と快適さで、しかも18切符で利用できるのは嬉しい。

写真08


列車は雪景色の残る近江平野を快調に走り抜ける。列車から琵琶湖が見えることはないが、琵琶湖の向こうには雪を被った比良の山々が白く光っていた。

写真09


新快速は便利なだけに乗客が多い。彦根を過ぎたあたりでほぼすべての席は埋まり、近江八幡を過ぎると立客も目立ってくる。この後、草津、大津、京都、大阪と京阪神の中心地を走り抜けるので、乗客の乗降も激しくなる。

写真10
写真11
写真12

大阪を出て神戸が近づいてくると、右手に六甲の山々が見えてくる。急斜面にマンション等が並ぶ神戸ならではの風景。見ているだけでも飽きない。

写真13
写真14


神戸から先は明石、西明石、加古川と停車して姫路に着く。米原からの所要時間は2.5時間と結構長い。貧乏学生だった時代に姫路までの往復2000円の旅がプチ贅沢だったことをふと思い出した。

写真15
写真16
写真17

つづく

4
讃岐うどんの「宮武」といえば、本場では結構有名な讃岐うどん屋さんだと思います。その関係なのかどうかは知りませんが、「宮武」といううどん屋さんが大阪駅前の地下街にあると聞いて、早速尋ねてみました。

場所は阪急三番街の地下2階のフードコート。店のスタイルも半セルフで、丁度「丸亀製麺」と同じ感じと言えば、当たらずとも遠からず。醤油ぶっかけうどんの大と天ぷらを数品注文しました。値段的にも「丸亀製麺」に近いです。

ただ麺の味は「丸亀製麺」よりもこちらの方が美味しいと感じました。ブランド名に起因する錯覚かも知れませんが、こちらも方が明らかに麺に腰があるのです。そのため醤油ぶっかけにしても「びちゃびちゃ」にならず、味のしっかり染み込んだ美味しいうどんをツルツルと食べることができます。腰の強いうどんが喉越しを通過する様は全く・・・

ちなみにこのフードコートには、他にも色々と面白い店がありました(名古屋の「矢場とん」等)。大阪駅近くでご飯を食べる時には選択肢の1つとして良いかもしれません。

お奨め度★★★★


山陰31
山陰32
山陰33

4
深夜バスで京都駅に移動した際、京都駅付近で食べました。珍しく早朝から営業しているラーメン屋さんで、京都の中では結構老舗の部類に入るかと思います。土曜日の朝という時間帯でしたが、店の前には待ち行列が出来ていました。
15分ぐらい待った後、中へ。店内は感染対策のためかなり座席間隔に余裕があります。待ち行列が出来ていたのもそのせいか。
ラーメンは中太のストレート麺。硬めの麺が好きなので硬めに注文。味は濃いめの醤油味で、その上にネギが乗っている。よくある典型的な京風ラーメンです。
味は期待通り。「朝からラーメンはチョット重いかも・・・」と思っていましたが、食べてみると本当に美味しい。やはり老舗の味は伊達ではないなと思いました。

お奨め度★★★★

山陰00
山陰01

3
大阪駅前ビル「ルクア大阪」の地下2階にあるうどん屋さんです。うどんを大盛で注文しました。
うどんは讃岐風ですが、美味しい。麺に腰があり、ツルツルと入っていく感じ。汁もスッキリした感じの醤油味ですが、飽きがこないような味で、うどんとの相性も良いです。

失敗したな、と思ったのが鶏天。大きな鶏天が3本も載せられて来た時には、「これはキター」と思いましたが、これだけ量があるとちょっと飽きます。また鶏天自体もあまりうどんとは相性が良いとは思えず、少し余計な感じがしました。うどんの方は全然美味しかったので、少し残念です。

お奨め度★★★

Waka76
Waka77
Waka78
Waka79

↑このページのトップヘ