もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:旅行・登山 > 城巡り

3
写真25

写真26


諏訪湖の近くにある平城で、かつては諏訪湖に張り出していた城郭だそうです。戦国末期の築城で、武田時代ではなく豊臣時代に築城されたそうな。

諏訪市役所のすぐ目の前に城を囲むお堀があり、橋を渡ると城の内部に入ることができます。天守閣が堀のすぐ近くに寄せてあるのが特徴で、そこから見下ろすと諏訪の街並みを一望にできます。

城内は日本庭園になっていて、池の周りに木々が植えられていて美しい景観をなしています。

写真27

写真28


高幡不動尊で紫陽花の花を見た 後に訪れたのが小机城である。 小机城は、室町時代に関東管領上杉氏によって築城されたとしている。その後上杉氏の内部抗争等でいくつかの攻城戦の舞台となり、後北条氏の時代に北条氏綱によって修復されたとのこと。

JR横浜線小机駅から徒歩約15分で小机城の城下に到着。こんもりとした山が小机城の城跡である。そういえば第3京浜を南向きに走ったら、途中で左側間近にに鬱蒼とした山が見えてくるが、これが小机城の跡だったのか・・・。

写真23


麓から登り始めて5分と登らない所に本丸趾がある。中世の典型的な山城の縄張りであり、本丸に至るまで空堀と土塁によって守られている。空堀はそれなりに深いので、攻め落とすのは簡単ではなさそう。ちなみに現在の本丸趾は綺麗に整地されており、少年野球ぐらいならプレイできそうな広さである。

写真24

写真25

写真26

写真27


隣の二の丸跡とは稜線で繋がっている。しかしその間にも空堀と土塁がある。

写真28
写真29
写真30
写真31



1周歩いても30分とかからない規模である。帰りは左手にニッサンスタジアムの巨大な姿を見ながら小机駅へ。コロナがなければ今頃はオリンピックで大いに賑わっていたであろう小机駅までの道のり。周囲に空き地が広がっていたのが印象的であった。

全世界的に猛威を振るっているコロナウィルスの脅威はまだまだ収まる気配がありませんが、日本では2020年4月に発令された緊急事態宣言が5月終盤に解除され、その後徐々に経済活動が回復してきました。そして6月19日に都道府県を跨いだ移動も自粛解除になり、国内移動が自由に行えるようになりました。

早速旅行に出かけたい所ですが(この記事は6月21日に書いています)、列車の混み具合等も気になる所なので、まずは近場の日帰り旅行に出かけることにしました。行先は東京都西部の高幡不動。 昨年の冬に訪れて 以来2度目ですが、今回は紫陽花の綺麗な時期を狙っての旅行です。

午前9時頃に京王線の高幡不動駅に到着。駅から徒歩2~3分で高幡不動に到着です。列車内での三密が気になる所ですが、ちなみに列車はガラ空き。これは良いことでした。

写真00


高幡不動とは、正式には高幡不動尊金剛寺という名称で平安初期に建立された真言宗のお寺です。また新選組副長の土方歳三の菩提寺としても知られており、入り口の所に土方の銅像があります。

写真01


まずは表の所にある紫陽花を見ます。

写真02
写真03
写真04



続いて裏山へ。この裏山ともいうべき不動ヶ丘はハイキングコースになっていて、88体の地蔵が建てられ「山内八十八ヶ所巡拝路」と呼ばれています。紫陽花の綺麗なのはこのコースで、地蔵を見ながら紫陽花の花を楽しめます。

写真06
写真07
写真08
写真09
写真10
写真11
写真12



一番高い所は比高にして100m弱の小高い丘です。眼下に付近の街並みが綺麗に見えています。

写真13


裏側に回ると紫陽花の花は少し少なくなります。その代わりゆっくりと森林浴を楽しめる山道になっています。

写真14
写真15
写真16
写真17
写真18



最後のクライマックスは五重塔の近くに咲き乱れる紫陽花の花。色とりどりの花々が楽しませてくれます。

写真19
写真20
写真21
写真22


1周の所要時間は1時間弱。適度なアップダウンがあり、軽い運動には丁度良い場所でした。

つづく

金時山登山 から戻った後、立ち寄ったのが石垣山一夜城です。足柄峠から車で約1時間。その途中に立ち寄った薬局でマスクが手に入ったのはラッキーでした。

石垣山一夜城は、1590年(天正18年)に豊臣秀吉による小田原攻めで秀吉が築いた攻城用の城砦です。一夜城と呼ばれる所以は、小田原城からは見えないように築城しつつ完成と同時に木を伐採して小田原から見えるようにし、あたかも「一夜で完成した」と思わせるように細工したことだそうです。ホントかな?。

例の緊急事態宣言にも関わらず駐車場は開いていました。また連休明けにも関わらず駐車場は8割方埋まっており、そこそこ人が来ているようです。皆、緊急事態宣言延長で同じ心境になったのか、と、思ったりして・・・。

写真18


駐車場の目の前に大きな石垣があります。 以前に訪問した名護屋城 に比べるとやや小規模ですが、それでも「俄作り」とは思えないほど立派なものです。
写真19

写真20


登城口から登って行って広い所が二の丸跡。

写真21
写真22
写真23


さらにその上が天守台です。

写真24


近くには展望台があり、相模灘の青い海、箱根の山村風景が見えています。
写真25

写真26


30分ほどの散策でしたが、予想以上に楽しい城巡りでした。

金時山登山 から戻った後、立ち寄ったのが足柄城です。登山口の足柄峠にあったので、序でに、という感じです。
神奈川県と静岡県の県境、旧国名でいえば駿河と相模の間の峠を押さえる戦略上の要域なので、戦国時代には北条氏によって大規模な改修が行われていたとのこと。

曲輪と土塁等が残っている他、関所跡や聖天堂(足柄聖天)等もあり、見どころがあります。

写真11
写真12
写真13
写真14
写真15
写真16
写真17


↑このページのトップヘ