もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ: 読書

4
221228_歴史群像

歴史群像2022年12月号

学研

特集は「比島攻略作戦」。開戦劈頭に行われたフィリピン攻略作戦について、主に陸軍第14軍の作戦指導に着目して評価した記事である。バターン戦での苦戦のみが知られているフィリピン戦だが、その実態と、第14軍首脳部が犯した作戦ミスにメスを入れていて興味深い内容であった。他にもウクライナ戦争に関する記事が2点。ウクライナ空軍に関する記事は、期待して読んだのだが、ちょっと肩透かしを食らった感じがした。まあ情報が錯綜しているだけに仕方がないか。YouTube動画も話題性のみ先行している感が強いしね。
今回も全般に読む所が多く、「買い」であった。

お奨め度★★★★

221218_世界の艦船

世界の艦船2021年9月号

海人社

今から1年以上も前の「世界の艦船」誌だが、Kinlde Unlimitedで無料で読めること、特集記事が面白そうだったのでダウンロードしてみた。その特集は「大和vsアイオワ」。些か手垢のついた記事だが。最新の知見に基づくものであって興味深い。
全般的に面白い内容であったが、特に宮永忠将氏の記事が秀逸だった。アイオワ級戦艦の実戦下での砲撃能力と対空戦闘能力に着目し、特に砲撃戦能力については実際の対地砲撃の結果に基づいて分析している点が興味深かった。
無料で読めるのなら、十分にお奨めできる内容である。

お奨め度★★★

3

221217_日本人のためのWW1

日本人のための第1次世界大戦史

板谷敏彦 角川文庫

第1次世界大戦の通史である。単純な戦史ではなく、戦争に至る背景や戦時下の経済活動、銃後の動きなど、WW1を多角的に追いかけている著作である。特に戦争に至る前の経緯や技術的、社会的背景に全体の1/3以上のページを割いている。
ボリュームも大きく、全体で500ページ近い大作であり、読み応えがあった。
戦史としてみた場合、単なる戦史部分が薄く、部隊名等も出てこないためやや寂しい感があるのは否めない。

お奨め度★★★


3
221216_システム開発はもめるのか

なぜ、システム開発は必ずモメるのか

細川善洋 日本実業出版社

IT事業に携わる者にとってシステム開発での「揉め事」は日常茶飯事。というよりもシステム開発に関わる問題の大半は「揉め事」対応といっても過言ではない。「揉め事」と言っても発注側/顧客と受注側で白黒がハッキリしているケースは稀で(そもそも白黒ハッキリしているケースは「揉め事」とは言わない)、両者それぞれ言い分がある場合が殆どである。本書ではIT現場によくある「揉め事」と実際の裁判所での判例を紹介しつつ、「揉め事」のパターンや「揉め事」を回避するコツやノウハウ等を分かりやすく開発している。ストーリー仕立てになっていて、やや冗長な記述が気になるが、逆に読みやすい読み物に仕上がっている点は評価したい。

お奨め度★★★

3
221124_世界の艦船

世界の艦船2021年5月号増刊-太平洋戦争の日本戦艦

海人社

太平洋戦争で戦った日本戦艦に関する写真と記事を集めた一冊である。写真と文章からなる内容だが、写真は全体の3割弱で、どちらかというと本文記事の方が多い。そういった意味では結構読み応えのある1冊である。
記事の内容は主に旧海軍軍人が書いた日本戦艦に関するもので、「世界の艦船」誌にかつて掲載された記事が中心である。昭和時代に書かれた記事が多く、現在の視点から見れば首を傾げるような内容も多いが、昭和時代の戦史研究の実態を知るという意味でも興味深い。一部で有名な黛治夫氏の「日本戦艦3倍命中率」を読めるのも現在では貴重であろう。黛氏以外の投稿者も日本戦艦の水上砲戦能力に高い評価を与えているのが特徴だが、戦史関係の記事については命中弾数の数値等でかなり日本海軍によって有利な見解が採用されている点は注意が必要である。

お奨め度★★★

↑このページのトップヘ