もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:読書 > 戦史

5

20016_下級将校の見た帝國陸軍

一下級将校の見た帝国陸軍

山本七平 文春文庫

戦時中に徴兵され砲兵士官としてフィリピンに渡った筆者が、自らの体験から感じ思索した帝国陸軍の姿を抉ったものである。文庫本で300ページ少しの小さな本だが、内容は濃く、筆者の観察眼の鋭さに唸る思いがする。
筆者は旧軍を「虚構の中で生きていた組織」だと断じる。その1つが員数主義である。員数主義とは、とにかく数を合わせること。棚卸して数が合わなくても「異常なし」と報告する。これが員数主義だ。旧軍の宿痾ともいうべき私的制裁にしても、中隊長が「私的制裁を受けたものは手を上げろ」と言って誰も手を上げなければ「私的制裁はなかった」とされる。これもまた員数主義だ。平時ならこれでもよい。しかし戦争になれば現実がものをいうから員数主義は破綻する。要するに「ないものはない」のが現実だからだ。それでも日本軍は員数主義にこだわる。その典型例があの大本営発表であり、繰り返される「大戦果」の数々だ。
また「仲間ボメ」も旧軍の特徴だ。乃木大将が陸大の講義では愚将でも外部では聖将。そのようにして仲間内で誉めあって一般人を睥睨している。まさに裸の王様。しかしそれが通用するのは日本国内だけで、もちろん海外では通用しない。もちろん戦争でも通用しない。
このように筆者は旧軍の問題点を鋭く指摘しながら、何故このような組織になってしまったかについても考察を進めている。筆者によれば旧軍をこのような奇怪な組織にしたのは統帥権にあるとし、統帥権が軍を肥大化させ、国民から遊離させたとしている。
極端にいえば、旧軍は日本国民のための軍隊ではなかった。日本軍という組織を守るための軍隊であった。日本という国土には2つの国が併存し、1つが日本一般人国、もう1つが日本軍人国である。日本軍人国にとって日本一般人国は守るべき対象ではなく軍のために活用すべき従属者以外の何物でもなかった。一般の日本人から見て日本軍人国は正体不明の不気味な存在であり、ある日突然強制移住させられる存在でもあった。
なぜマッカーサーによる占領政策が「稀に見る成功」を収めたのか。理由は簡単。同じ占領軍(一般の日本人にとって旧軍は占領軍以外の何物でもない)でも旧軍よりも連合軍の方が「少しは話が分かる」(言葉が通じるといった方がわかりやすい)からだ。
このように本書は旧軍について問題点を鋭く抉った著作である。もちろん筆者の見方は一面的であり、批判の余地はあろう。例えば日本軍が「虚構の中の軍隊」と上に書いたが、少なくとも戦術レベルでは日本軍による島嶼防衛戦は改善されて連合軍を悩ませており、そのことは連合軍側も認めている。しかし戦術レベルではなく作戦又は戦略レベルでは、連合軍の日本軍に対する評価は手厳しい。そして正にそのことが筆者の言う旧軍の問題点と多くの点で重なる所があると思える。

お奨め度★★★★★

3

200411_ヨークタウン級空母

世界の艦船:傑作軍艦アーカイブ(8)-米空母「ヨークタウン」級

エートゥシー・プロダクション

ヨークタウン級は個人的に好きな艦である。しかしこのシリーズは値段がやや高い上、読む所が少ないので購入はやや躊躇していた。今回、kindle Unlimitedで読めるのでダウンロードした。このシリーズ全般の特徴だが、写真が多く戦時中におけるヨークタウン級の魅力的なアクションシーンを堪能できる内容になっている。付録記事も充実していて、艦のメカニズムや搭載兵装、艦載機や戦歴等の記事がバランスよく配置されている。定価で購入するにはややコスパが悪いが、無料でダウンロードして読む分には楽しめる内容といえる。

お奨め度★★★

3

200409_ペリリュー

ペリリュー島玉砕戦 - 南海の小島 七十日の激闘

舩坂弘 光人社NF文庫

パラオ諸島ペリリュー島。戦時中には日本海軍の航空基地があり、1944年9月に米軍の上陸を日本軍が迎え撃ったサンゴ礁の島である。この島の戦いは、1945年2月硫黄島の戦いと並んで米軍にとって最も苦しい戦いとなり、2ヶ月以上を要して漸く日本軍を全滅させた。本書は、ペリリュー島に隣接するアンガウル島の戦い(この戦いも米軍に多大な犠牲を強いた)に参加した筆者が、ペリリュー島での日本軍の奮戦を後世に伝えるべく記した著作である。
本書は日本側の視点から見たペリリュー戦の実情を記載しており、内容はほぼ日本軍の勇戦敢闘ぶりを賛美する内容になっている(特に前半部分)。そういった意味において本書は中立的な視点にはやや欠けると言わざるを得ない。また記載内容が大袈裟であり、余りに旧軍を賛美する内容なので、判断に戸惑う部分がある。一例を挙げれば、本書で「上陸直後に数百両の敵戦車を破壊・擱坐した」とあるが、米軍の公式記録によればD-Dayにおける水陸両用戦車の損失数は計26両となっている。さらに陸戦で不可欠な戦車戦力について、米海兵隊は僅かに30両のM4シャーマンをペリリューに持ち込んだに過ぎない。ペリリュー戦での日本軍の奮戦を否定するつもりはない。しかし客観的に見た場合、ペリリュー戦の結果は、日本軍の奮戦と共に「敵を甘く見た」米海兵隊の失敗という側面が強いこともまた否定できないであろう。
いずれにしても実際に戦った人による回想なので、そういった意味においては貴重な作品といえる。

お奨め度★★★

4

200405_航空戦史

航空戦史-航空戦から読み解く世界大戦史

古峰文三 イカロス出版

第2次世界大戦(一部WW1に関する記事もあり)における航空戦について、様々な局面や視点から分析した計12篇の小論集である。記事の大半は雑誌「歴史群像」で一度紹介されたものなので、以前に読んだことがある記事が多くを占めている。
記事の内訳は、太平洋戦史関連が7本、欧州戦史関連が4本(WW1含む)、技術論が1本となっている。太平洋戦史でも陸軍関係が5本、海軍関係が2本と圧倒的に陸軍関係の記事が多く、著者の興味が日本陸軍航空隊に多く注がれていることが見て取れる。
記事はいずれも読みごたえがあって面白いが、個人的に面白かったのは後半の2本。ノルマンディ戦とアルデンヌ線におけるドイツ空軍の戦いに関する記事だ。ノルマンディ戦やアルデンヌ戦といえば、圧倒的な連合軍の航空兵力に苦しむ精鋭ドイツ装甲部隊というイメージが先行している。ウォーゲームをプレイしていても、ノルマンディ戦やアルデンヌ戦でドイツ空軍が活躍する作品は、私の知る所なきに等しい(え、OCSは違うって?)。しかし筆者によればノルマンディ戦やアルデンヌ戦では大規模なドイツ空軍が活躍しており、連合軍の激しい戦いを繰り広げたとしている。ドイツ空軍がこれらの戦いをどのように戦い、どのように敗れ去ったのか。これらの記事はそれらを明らかにしてくれる。
航空戦に興味のある向きにはお奨めしたい好著である。

お奨め度★★★★

4

200324_熱砂の進軍


熱砂の進軍

トム・クランシー/フレッド・フランクスJr. 白幡憲之訳 原書房

1991年に始まる湾岸戦争(第1次湾岸戦争)は、20世紀最後の大戦争であった。冷戦終結後の1990年、イラクによるクウェート侵攻に端を発した湾岸危機は、1991年に多国籍軍による先制攻撃で「熱い戦争」に発展した。湾岸戦争、砂漠の嵐(Desert Storm)作戦である。
本書は、湾岸戦争で米第7軍団を率いてイラク軍最強の共和国防衛隊と激闘を交えたフレッド・フランクス元米陸軍中将が語る湾岸戦争地上戦史だ。本書は2巻構成になっていて、上巻ではフランクスがベトナム戦争に参戦して戦闘による負傷で片足を失う話。病院での苦しいリハビリ生活とそこから復活して陸軍に復帰するまでの過程。ベトナム戦争に敗北してガタガタになったアメリカ陸軍とそこからの復活。西ドイツ第11騎兵連隊でのフランクスの活動。湾岸危機の勃発と湾岸戦争開戦までが描かれている。
下巻では、地上戦の開始と第7軍団の進撃。共和国防衛隊の最初の接触と73イースティングの戦い。タワカルナ師団の撃破とメディナ師団との交戦(メディナ・リッジの戦い)。終戦そして戦後におけるフランクスの活動が描かれている。
本書の面白さは冷戦時代末期にドクトリンや装備を著しく発展させた米重機甲部隊とソ連型装備と編成のイラク軍精鋭部隊の対決を実際に体験できる点である。それは米軍が長年想定していた米ソ対決の縮小版であり、ヨーロッパでは遂に発生しなかった現代戦型機甲部隊による大機動戦であった。その戦いはハイテク戦争と呼ぶにふさわしいテクノロジー戦争的な側面がある反面、昔から変わらぬ戦争の血生臭い場面、つまり歩兵同士の近接戦闘や歩兵と装甲車両との食うか食われるかの対決といった場面が数多くみられる死闘であった。そして米軍にとって大勝利と言われるこれらの戦いが、「大勝利」ではあっても「楽な勝利」ではなかったことを知らしてくれる。
20世紀末期型軍隊の戦いを知るという意味では有益な著作である。

お奨め度★★★★

↑このページのトップヘ