もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:戦史 > 第3次世界大戦

写真00


今回は、Lock'n Load Publishing社のシミュレーション・ウォーゲーム「Heroes Against The Red Star」を紹介します。
「Heroes Against The Red Star」(以下、本作)は、2017年に発売された作品で、テーマは1985年を想定したソ連軍と西側諸国の地上戦闘です。このゲームは、Lock'n Load Tacticalと呼ばれるシリーズの1作品となっており、1ユニットが車両1両、歩兵が個人、1チーム、1個分隊を表し、1Hex=50m、1Turn=2~4分となっています。スケール的にはASLとほぼ同じです。
Lock'n Load Tacticalは、WW2及びそれ以降の時代における陸上戦闘を扱う汎用的なゲームシステムで、コアルールは英文で200ページ近くあります。まあWW2だけならとにかく、WW2後の所謂「現代戦」も扱うシステムなのでルール量が多くなるのは仕方がありません。

基本システムは比較的シンプルで、主導権を決定した後、主導権側から1スタックずつ交互にアクションを実行していきます。1ユニットは1Turnに原則1度しか活性化できないので、両軍とも活性化可能が全ユニットが行動を終えた時点でTurnが終了します。またアクションの途中でパスを宣言することもできますが、両プレイヤーが交互に計3回連続でパスを宣言すると、Turnが終了します。

歩兵対歩兵の射撃戦闘は、攻撃側と防御側がダイス1個を振り合い、両軍のダイス目のそれぞれ修正を加えて、攻撃側のダイス目が防御側を上回ると有効になります。有効な射撃を受けた側は「損害判定」(Damage Check)を実施しますが、その時、最初の射撃判定時で攻撃側のダイス目が防御側のそれを「どれだけ」上回ったが、が重要になってきます。損害判定の結果は、効果なし、動揺、ステップロス、除去の4種類がありますが、損害判定のダイス目がモラル値以下なら効果なし、モラル値の2倍未満なら動揺、3倍未満ならステップロス、3倍以上で除去となります。だからモラル値の高いエリート部隊は射撃だけで除去するのは相当困難ですが、モラル値の低いフランス軍などは比較的簡単に除去できたりします。

対戦車戦闘は、戦車砲の性能が戦車カウンターの裏側に記載されているので、まずは距離に応じた命中判定を行い、命中が得られたら撃破判定を行う。命中判定は2d6で基準値以下の目を出せば命中というシステム。命中した後の損害判定は攻撃側と防御側がお互いにダイス(D6)を振り、その出目にそれぞれ貫通力と装甲レベルを加え、攻撃側のダイス目が防御側を上回れば目標撃破。攻撃側のダイス目と防御側のダイスが同値またはそれ未満なら防御側がモラルチェックを行う。モラルチェックに失敗すると戦車が動揺状態になったり、最悪戦車を放棄したりします。

他には近接戦闘、オーバーラン、間接射撃、盤外砲撃、煙幕等のルールがあります。さらに本作は所謂「現代戦ゲーム」なので、ヘリや航空攻撃のルールもありますが、電子戦ルールや化学兵器、核兵器に関するルールはありません(化学兵器はとにかく、核兵器はこのスケールで扱うには威力が大き過ぎるとは思いますが・・・)。

今回は1日約8時間で約3本のシナリオをプレイしました。1シナリオ平均2時間強なので比較的プレイ時間は短いと言えます。ただ、今回プレイしたシナリオの大半は両軍とも小隊規模同士の戦闘なので、例えば中隊規模ぐらいの兵力を使うシナリオならもっと時間がかかったと思います。

プレイの感想ですが、ルールは比較的明瞭でわかりやすいです。ただルール量が多く、しかも英文ルールを読むしかないので、細かい点ではルールを完全に把握するのは困難です。今回のプレイでも最初のシナリオでは間接射撃のルールを間違えていてゲームが破綻したという事態が起こりました(間接射撃ルールを間違えて米軍部隊の半数が壊滅してしまい、私がモラル崩壊して投了したというオチです)。
まあWW2から現代戦まで再現するシステムなのである程度ルールが複雑になるのは仕方がないのですが、本来はシンプルなシステムを持つシステムシリーズだと思います。そういった意味では本作の魅力は比較的戦闘モデルがシンプルなWW2の方が発揮できるのかもしれません。

写真01


230401a_DoomsDay
CompassGames社のシミュレーション・ウォーゲーム「The Battle for the Balkans」を紹介します。このゲームは、1985年夏を想定したNATOとワルシャワ条約機構軍との戦いを描いた仮想戦ゲームです。このゲームは、DoomsDay Projectと呼ばれる作品群の1つで、第1作 「The Battle for Germany」 に続く第2作目にあたる作品です。
今回の戦場は、オーストリア、イタリア、ユーゴスラビア、アルバニア、ルーマニア、ブルガリア、ギリシア、トルコといったいわゆる南欧地区で、これらの諸国と米ソの部隊が登場します。




230306_第3次世界大戦

第三次世界大戦

ジョン・ハケット 青木栄一訳 講談社文庫


久しぶりにハケット将軍の「第三次世界大戦」を読んでみた。二見書房のオリジナル版である。エンタメ要素は少ないが、極めて硬派で描かれた「未来戦争」は、今読んでみても説得力がある。戦闘シーンは地味だが説得力があり、西ドイツにおける地上戦や大西洋上での海上戦、さらには西ドイツ上空や英本土上空での航空戦は、さすがにプロの軍人が書いただけのことはある、と思わせる内容であった。兵器名や個艦名を出さないあたりはストイックで、逆に兵器や個艦を前面に出している「レッドストームライジング」とは対極をなす。
全般的にはハッピーエンドで終わるのだが、ソ連という超大国が実在していた1970年代後半に本書を読んだ時には、やや「出来すぎ」ではないかと思った。現在読み返してみると、本書が示した未来史と実際の歴史を対比してみるのも興味深いだろう。

お奨め度★★★



230211c_RedStorm

Red Storm(以下、本作)は、2019年に米国GMT社から発売されたシミュレーションゲームだ。テーマは1987年における東西ドイツ上空における航空戦闘である。実際に起こらなかった戦争を再現する本作は、一種の「仮想戦」ゲームといえる。ゲームシステムについては、 以前に記事や、以下の動画を参照されたい。



今回は、その中からシナリオRS12:Second Echelon Forcesをプレイしてみた。プレイスタイルは、VASSALを使った対人戦である。今回、私はNATO側を担当した。

前回までの展開は --> こちら

16Turn

ZZ_Attack4残ったトーネード隊も目標へ向けて急降下。超低空に降りた後は、地面を這うように目標に近づく。SA-11やSA-4といった地対空ミサイルも発射されるが、強力なジャミングによって効果なし。FireCanによるレーダー照準射撃も射撃用レーダー自体がジャミングによって機能を失っていては命中する筈もない。一番恐ろしいのは対空火器による弾幕射撃だが、これは先に突入したカナダ空軍機による制圧任務によりその威力を減じていた。
結局3個編隊計12機のトーネードは1機を失うことなく目標上空に突入する。あるものはMW-1Bで戦車や装甲車両を攻撃し、またあるものは対人クラスタ―爆弾で司令部を叩く。爆撃は全て成功し、各目標にそれぞれ3打撃ずつを残した。

MW-1


17Turn

攻撃が終わった。後は戦果の確認だけである。攻撃を終えたトーネード隊は、直ちに対空砲火の威力圏外へ逃れるべく、高度を上げて離脱を図る。ただし一部の機体はそのまま超低空に踏みとどまって攻撃を行うことになった。先のホーネット隊による制圧攻撃を逃れた対空火器を機銃掃射によって制圧するためである。ホーネットの20mm機関砲とは異なり、トーネードの27mmマウザー砲は威力が大きい。そのため地上に対する制圧効果も高かった。この攻撃は、戦果確認のため進入してくる友軍偵察機に対する攻撃力を殺ぐといった意味があった。

pic17z1


18~20Turn

制圧攻撃を終えて離脱中のトーネード1機が、MANPAD(携行式地対空ミサイル)による待ち伏せ攻撃を受けて撃墜されてしまう。攻撃後に高度を上げようとしたところで撃たれたのだ。搭乗員2名は脱出に成功したが、2名とも捕虜になってしまう。

RU_SA13_A3戦果確認を行う米空軍のRF-4Cが進入してくる。偵察隊は2機編隊が2個の計4機。1個の編隊は、比較的防御の手薄なソ連軍前衛部隊を偵察し、写真撮影にも成功。無事離脱していく。
しかし警戒が厳重な地区の偵察に向かったRF-4Cは、そう簡単に行かなかった。激しい対空砲火の中、目標上空に突入。最初の写真撮影には成功したものの、次の目標を撮影しようとした時、正面から赤外線誘導方式の地対空ミサイルが迫ってきた。RF-4Cは急旋回で辛くもミサイルを回避したものの、これによって偵察行程から逸れてしまい、再突入を余儀なくされてしまう。

pic18z1


RF-4Cは激しい対空砲火の中、一旦高度を上げた後、小さく右旋回を行い、再び偵察行程に入っていく。今度は目標の撮影に成功。撮影が終わるや、一気に上昇して雲の上に離脱していった。その刹那弾幕射撃を受けて1機のRF-4Cが被弾したが、大事には至らず。この時点で、概ね決着がついたので、ゲーム終了とした。

pic20z1


結果

NATOの戦果

・主要目標の完全破壊1個 12VP
・主要目標の重損害3個  27VP
・WP機撃墜4機      12VP
・SAM部隊1個撃破     2VP
・EWR1個撃破       2VP
・人員損害(1名戦死、3名捕虜) -4VP
  合計        51VP

WPの戦果

・NATO機撃墜3機    12VP
・NATO機損傷2機(1機大破、1機小破) 3VP
・SAM部隊1個壊滅   2VP
人員損害(1名戦死) -1VP
  合計        16VP

その差35なので、NATOの完全勝利

感想

NATO軍の勝因は、攻撃部隊本隊が全く無傷で爆弾を投下できたことに尽きる。その要因は制空戦闘機が敵機の攻撃を排除したこと。SEAD機が対空火器を事前に制圧したこと。そしてスタンドオフジャマーが長距離地対空ミサイルの活動を抑え込んだことにある。この1つが欠けても、今回のような成果は望めなかっただろう。

囮のBQM-74Cについては、相手は全く気付いていなかった。ちょっと申し訳ない気もしたが、こちらも勝ちたいので欺瞞させてもらった。かなり大量の地対空ミサイルをBQM-74Cが引き受けてくれたので大助かりだ。ただ同じような手が次回使えるとは思えないので、次回はまた別の工夫をしてみたい。

今回の任務で辛かったのは、厚い雲とARMが使えないこと。カナダ空軍のCF-18は、このゲームの場合ロケット弾を主兵装にしている様子で、ARM(対レーダーミサイル)の運用能力はない。そのためSAMの活動を抑制するには、スタンドオフジャマー、エスコートジャマーといった電子戦機に依存するしかない、というのが今回の感想だった。
逆に今回助かったのは、やはりカナダ空軍のCF-18の存在である。制空戦闘機の方が旧式のファントムなので、ルックダウン能力に乏しい。ここでSEAD機もファントム、トーネード、ジャギュアといった機体になってしまうと、戦闘機搭載レーダーによる目標捜索能力が著しく低下する。その点CF-18のレーダーは強力なので、特にゲームの序盤はCF-18を「簡易EWACS」として利用した。

このような感じで色々なヒコーキを操って楽しむゲームがRed Stormである。もし機会があれば、皆さんも是非プレイしてみて下さい。



Red Storm(以下、本作)は、2019年に米国GMT社から発売されたシミュレーションゲームだ。テーマは1987年における東西ドイツ上空における航空戦闘である。実際に起こらなかった戦争を再現する本作は、一種の「仮想戦」ゲームといえる。ゲームシステムについては、 以前に記事や、以下の動画を参照されたい。



今回は、その中からシナリオRS12:Second Echelon Forcesをプレイしてみた。プレイスタイルは、VASSALを使った対人戦である。今回、私はNATO側を担当した。

前回までの展開は --> こちら

6Turn

イベントにより、先にF-16Aと交戦したばかりのMiG-23MLDがアボートした。
MiG-23Mの編隊とWGの西ドイツ空軍のF-4Fファントムが交戦した。BVR戦闘でMiG-23を1機撃破。しかしその後の空中戦で西ドイツ軍のF-4FはAbortしてしまう

Pic06a


7Turn

RU_SA11_FWP側のSAM部隊が次々とミサイルを発射する。狙われたのはSEAD機、CAP機、そしてBQM-74無人機である。多数のミサイルが発射されたが、強力なスタンドオフジャミングにより命中弾はなし。

Pic07a


8Turn

攻撃隊の前方を先行中のBQM-74無人機の編隊が次々とWP側のSAMに捕捉された。

Pic08z1


10Turn

BQM-74C 1機がSAMを食らって撃墜される。しかし、SAMに食われたのが囮の無人機であることは、まだWP側にはまだばれていない。

Pic10z1


11Turn

2機目のBQM-74CがSAMを食らって撃墜される。しかし、これまたばれていない。
MiG-23Mを米軍のF-4Eファントムが捕捉。AIM-7FスパローによるBVR攻撃によって1機を撃墜する。パイロットは脱出に失敗して戦死。本シナリオ両陣営通じて最初の有人機撃墜である。

Pic11z1


12Turn

「騙された、奴らは無人機だ」

EG_MiG21_PreussWP軍機甲部隊に近づくNATO爆撃編隊を叩くべく接近してきた東ドイツ空軍のMiG-21のパイロットが叫んだ。彼らが見たのは、中高度を悠然と飛ぶ米軍のドローン機、BQM-74Cチューカーの大編隊である。ただちに地上に情報が転送された。地上のWP側SAM部隊もパニックに陥った。なんせ今まで必死になって撃ち落していた目標が、何ら価値のない無人機だと気づいたのだから・・・。

US_F4_Denverしかし貴重な情報を伝えたMiG-21の編隊にも危機が迫っていた。米軍F-4Eファントム2機からなるDenver小隊が 右後方から接近してきたのである。距離5海里から発射されたAIM-7Fスパローの攻撃でMiG-21の1機が撃破され、そのままドッグファイトに突入した。ファントムとMiG-21で格闘戦性能はほぼ互角であったが、練度が段違いであった。MiG-21は2機とも撃墜され、ファントムは無傷であった。

pic12d1


勝利を収めたDenver(ファントム)隊であったが、次の瞬間四方から対空射撃とミサイルを浴びせかけられた。短射程のSA-13赤外線誘導ミサイルが発射されたが、ファントムはフレアをまき散らしながら辛くもミサイルを躱した。

pic12f1


RU_MiG23_Budarin先に1機を失っていたソ連軍MiG-23M小隊にも別のファントムが迫ってきた。先にAIM-7Fスパローミサイルによる攻撃で初戦果を挙げたMiller小隊である。MiG-23の後方から接近したファントムは、MiG-23を格闘戦に持ち込み、AIM-9Lサイドワインダーの攻撃で生き残った最後のMiG-23を撃墜した。米軍の損害は皆無である。

pic12b1


13Turn

CA_CF18_BanksSEAD任務を担うカナダ空軍のCF-18ホーネット隊が、対空火器を制圧するために目標に突っ込んでいく。隠れていたSA-13赤外線対空ミサイルが発射されたが、ホーネット隊(Banks隊)はフレアを撒きつつ回避する(まるで「トップガン・マーベリック」の1シーンを見るよう。
低い高度の雲を突き抜け、大地をかすめて目標の対空陣地に近づくホーネットが、今まさに対地ロケット弾を発射しようとした時、対空砲火の弾幕射撃が目標を捉えた。ホーネットの1機が被弾して墜落(パイロットは戦死)、もう1機のホーネットも被弾して重大損傷を受けてヨロヨロと離脱していく。

pic13b1


CA_CF18_Jasper別のホーネット隊は引き続いて突入する。ホーネット隊(Jasper隊)は先にミサイルを発射したSA-13部隊を対地ロケット弾で攻撃する。赤外線誘導の地対空ミサイル部隊は、スタンドオフジャマーや自己防衛用電子装置の妨害を受けないので、意外な強敵なのだ。ロケット弾の直撃を受けてSA-13部隊が壊滅したが、まだどこに敵の地対空ミサイル部隊が隠れているかはわからない。

pic13c1


14Turn

CA_CF18_Jasper先にSA-13部隊を撃破したカナダ空軍のCF-18ホーネット隊(Jasper隊)は、先にBanks隊に大損害を与えた対空陣地に高速で突っ込んでいく。対空砲火が激しく打ち上げられる中、Jasper隊は砲火の中を突っ切って対空陣地に対して20mm機関砲による激しい銃撃を加える。対空陣地は制圧1の結果を受けて、少しだがその威力を減じた。そしてJasper隊は雨のような対空砲火を無傷で潜り抜けて無事離脱に成功した。

pic14z1


CA_CF18_Dackしかし別のホーネット隊はそうはいかなかった。3番目に突入したDack隊は激しい対空砲火の中を目標に突進。隠れていたSA-13赤外線誘導ミサイルの伏撃は辛くも回避。しかし対空弾幕を躱しきれず、1機が被弾して撃墜されてしまう(パイロットは脱出して捕虜になる)。残った1機が対空陣地にロケット弾攻撃を浴びせるも、ロケット弾は目標を逸れた。

pic14z2


カナダ空軍ホーネット隊の中で、最後に突入したのは、Boyle隊である。Boyle隊は、正面から打ち上げられたSA-11地対空ミサイルを強力な電子戦でねじ伏せ、激しい対空砲火もモノともせず見事な突入攻撃を見せた。ロケット弾の斉射で対空砲陣地に制圧2の結果を与え、これによって制圧値の合計は3になった。

pic14z3


15Turn

カナダ空軍のSEAD隊は戦場離脱していく。彼らは全8機のうち2機を失い、1機が大破するという大損害を被ったが、WP側対空陣地に打撃を与え、後に続く攻撃本隊の攻撃を援護する役割を見事に果たした。それにしても、ARMなしでSEAD任務を行う過酷さを改めて感じた次第である。

[WG_Tornado_Lukas]SEAD隊の後方からはいよいよ攻撃本隊が目標上空に近づいてくる。低く垂れこめた雲が急降下爆撃や中高度からの精密誘導兵器による攻撃を阻害し、危険とは知っていながらもトーネード隊は地表をかすめるような超低空飛行で目標に近づくしかなかった。

トーネードが搭載しているのは、MW-1Bという特殊な兵器である。多目的ディスペンサーと呼ばれるこの兵器は、目標上空で多数(112発)の子弾をバラまき、それぞれの子弾が目標を撃破するというものである。戦車や装甲車両、対空火器の制圧に威力を発揮する。これを搭載した西ドイツ空軍のトーネードは、ソ連戦車隊上空でこれを発射。戦車隊に4打撃を与えた。

pic15z1


つづく




↑このページのトップヘ