もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:戦史 > 日本戦国時代

お奨め日本史ゲーム3
日本史をテーマとしているSLGの中から、筆者がベスト10を選択してみました。
今回は、その第3回目です






お奨め日本史ゲーム2

日本史をテーマとしているSLGの中から、筆者がベスト10を選択してみました。
今回は、その第2回目です





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コマンドマガジン 153【3000円以上送料無料】
価格:3,960円(税込、送料無料) (2023/11/28時点)


お奨め日本史ゲーム1

日本史をテーマとしているSLGの中から、筆者がベスト10を選択してみました。
今回は、その第1回目です



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新版】志士の時代〜幕末ボードゲーム〜
価格:9,246円(税込、送料無料) (2023/11/21時点)



3

230930_論争関ヶ原

論争関ヶ原合戦

笠谷和比古 新潮選書

関ヶ原の合戦と言えば日本史上でも一二を争うほど有名な戦いだが、何分にも400年以上も前の戦いなので、真相が十分に分かっている訳ではない。戦いの様相は主に文献情報に基づいているが、文献によっては矛盾する記載があり、さらに徳川による勝者バイアスがかかっているので、文献情報を100%鵜呑みにできない。だから次々と新設、珍説が披露されることになる。
本書は、関ヶ原の戦いに関する様々な説を紹介しながら、筆者なりの持論を紹介している。筆者によれば、関ヶ原の戦いは決して一瞬で決着が着いたような戦いではなかったし、小山評定はあったし、徳川本隊による問鉄砲もあったとしている。筆者は関ヶ原の戦いのポイントを「二段階蜂起」にあるとしている。つまり西軍による軍事蹶起は当初、石田三成と大谷吉継の2名による小規模なものであった。しかしその後三成の活動で淀殿や毛利を西軍に巻き込むことに成功。最終的には徳川vs豊臣といった大規模対決につながっていくとのこと。
問題は小山評定で、その時の会津征討軍はまだ三成らの小規模反乱といった情報しかなく、そのために小山評定に参加した豊臣系大名達が「三成討つべし」で一致したのも当然であった。しかしその後三成の工作が奏功し、三奉行による「内府ちかいの条」が発せらるに及び、豊臣vs徳川の様相を呈してきた。これが家康が江戸に戻った時期に相当する。江戸に戻った家康がしばらく江戸から離れなかった理由は、小山評定における前提条件がここにきて大きく変化したことによると筆者は論じている。
筆者の主張が正しいのか、それとも他の論者が主張する説が正しいのか、判断するのは難しいが、こういった論争はタイムマシンが発明されるその時まで続けられることになるだろう。

お奨め度★★★

論争 関ヶ原合戦(新潮選書)
関ヶ原合戦 家康の戦略と幕藩体制 (講談社学術文庫)
新視点 関ヶ原合戦: 天下分け目の戦いの通説を覆す


20231007a_新信長風雲録

「新信長風雲録」は2023年にGame Journal誌87号の付録ゲームとして発売されたSLGです。
テーマは元亀元年の織田信長と反織田陣営との戦いで、所謂「第一次信長包囲網」を1Turn1週間、1ユニット=500~1000人のスケールで描いています。
今回「新信長風雲録」のコンポーネントを紹介する動画を作成してみました。



シミュレーションジャーナル ゲームジャーナル89号 フランス革命1789
シミュレーションジャーナル ゲームジャーナル88号 激闘!ロンメル&マッカーサー
シミュレーションジャーナル ゲームジャーナル87号 新信長風雲録


↑このページのトップヘ