もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:旅行・登山 > 飛行機・船

4
前回まで 桃園国際空港は台湾を代表する空港で、私がこれまでの4回の台湾旅行では、1度を除いて常にこの空港を台湾の出入口にしています。
ここに来ると、いつも面白いのは、日本ではあまり縁のない場所への飛行機が飛んでいること。香港とか新加坡(シンガポール)とかは著名な所なのですが、河内(ハノイ)、澳門(マカオ)、馬尼拉(マニラ)とか、はては宿務(セブ)へ向かう航空機を見ていると、異国情緒が増します。
写真58
写真59
写真60
写真61


ところで台北と羽田/成田の間は結構距離があり、それなりに飛行時間がかかります。往路で約4時間、復路で約3時間(復路が短いのはジェット気流のおかげ)。その間、LCCの狭い機内に閉じ込められる訳なので、食事の問題は結構切実。往路はまあ自国内空港なので勝手がわかるから良いけど、復路は慣れない外国なので「どこで何を食べておけば良いやら」さっぱりです。
で、今回発見したのが、チェックインした後の中で食べられる台湾料理の店。「homee kitchen」という名前です。普通のメニューは台北市街よりもやや高め(牛麺が270元だったような、市街価格の2~3倍かな?。100元超えると「高い」と感じてしまう)。だけど嬉しいことに台湾弁当が販売されていること。値段はこれまた台北市街よりもやや高めですが、定食類よりも割安(130~150元)。しかも弁当なのでここで食べても良いし、飛行機に持ちこんで中で食べるのも良し。私は機内に匂いが出るのが嫌なのでこの場で食べました。するとおまけ(多分おまけなんだろうな。お金払ってないし・・・)でマンゴーみたいなジュースが付いてきたではありませんか。これがまた絶品。おまけにしておくには勿体ないような味です。

写真62
写真63


手頃な価格で台湾気分に浸れる良いメニューです。今後も台湾旅行の際には愛用することになりそうです。

旭川空港で降りてくる飛行機を撮ってみました。着陸機をほぼ真下から見られるポイントです。

JAL伊丹発便

朝0910に旭川着の伊丹発JAL便です。

写真60
写真61

JAL羽田発便

朝0925に旭川着の羽田発JAL便です。私も愛用しています。

写真62
写真63
写真64
写真65

JAL羽田発便

朝1210に旭川着のJAL便です。

写真66
写真67
写真68
写真69

AirDo羽田発便

ANAとのコードシェア便です。1240に旭川着便です。

写真70
写真71
写真72
写真73
写真74
写真75

ANA名古屋発便

セントレア発、旭川1450着のANA便です。

写真83
写真84
写真85
写真86
写真87
写真88

その他

旭川空港には、定期運航便以外にも様々な機体が利用しています。その一部を紹介します。

写真76
写真77
写真78
写真79
写真80
写真81
写真82


写真99


今回、礼文島旅行の帰路行程に利尻島の空港から札幌丘珠空港へ飛行する道内便を使用しました。この便を使うメリットは、礼文島出発が1325なので半日間礼文島で遊べること。デメリットは値段が余分にかかることとと乗り継ぎ(特に利尻島内)がやや複雑になることです。
今回、初めてこの行程にチャレンジしてみましたが、幸いフェリーとバスの接続は良く、狙ったタイミングで利尻空港に到着できました。利尻空港は、目の前に利尻岳がどーんと構えており、絵的にはサイコーの場所です。

写真01
写真02
写真03

今回利用したJAL便は、ボンバルディアの双発プロペラ機。巡航速度約450kmと遅めです。プロペラ機故に上昇性能も低く、巡航高度は約4000m。お陰で眼下の景観を思う存分堪能できました。
離陸して最初に見えるのは利尻島。また眼下には礼文島へ向かうフェリーが白い航跡を引いています。

写真04
写真05
写真06

しばらく飛ぶと日本海上空に出て、左手に羽幌などの海岸線、そして暑寒別の山々が見えます。

写真07
写真08
写真09

山を越えると石狩平野に入り、JR学園都市線の線路を超えるとその向こうには100万都市札幌の景観が・・・

写真10
写真11
写真12

そんなこんなで予想以上に楽しいフライトでした。旅の終わりに思わず得をした気分です。

本来ならカラマツの紅葉を撮りたかったのですが、諸般の事情でカラマツが今一だったので、紅葉を諦めて旭川空港を離発着するヒコーキを撮りに行きました。いつもは北向きに離着陸することが多いこの空港ですが、この日は風向きの関係からか南向きの離着陸。おかげで目の間で離陸していくヒコーキをバッチリ撮れました。

11月3日 AirDo083便 東京-->旭川

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


11月5日 JAL554便 旭川-->東京

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


11月5日 ANA326便 旭川-->名古屋

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14


11月5日 AirDo084便 旭川-->東京

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

旭川空港は、美しい空港です。旭川市から美瑛町、東川町の3つの自治体に囲まれた小高い丘陵地帯にあるのですが、周囲はこの地方特有のパッチワークの畑や白い花を咲かせる蕎麦畑、周囲には大雪や十勝の山々が見えるという素晴らしいロケーションです。実際、旭川空港に着陸する際、眼下に見える美瑛の風景は、いつも旅人の心をワクワクさせるものです。

今回、美瑛・富良野方面を旅行した際、旭川空港の裏手で飛行機の写真を撮れる場所を見つけました。すぐ目の前でエンジンをフルパワーにした旅客機が、もどかしい程ゆっくりと加速しながら、ようやく離陸速度に達して大空に舞い上がって行く。そして上空で旋回して目的地に機首を向ける。そのような光景は見るものを感動させる何かがあります。

まずは着陸してきたAirDoの767

イメージ 12

イメージ 11

イメージ 1

イメージ 13


次は離陸するJALの767

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 10


次は離陸するAirDoの767

イメージ 4

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16


最後に空港周辺の光景です

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

↑このページのトップヘ