もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:旅行・登山 > 飛行機・船

イメージ 14

少し前の話になります。

伊豆七島にはいつか行きたいと思いながら、なかなか行く機会がなかったのですが、3月上旬の土日を利用して遂に出かけてみました。
金曜日夜の横浜大桟橋。関内駅から徒歩20分ぐらいの場所にあります。近くには横浜ベイエリアの夜景が一望でき、景観的には素晴らしい場所です。

横浜2330発の伊豆神津島行きフェリーは出発がやや遅れて2345頃横浜の大桟橋を後にしました。出港するとすぐに横浜ベイブリッジのすぐ真下を航行します。ライトアップされたベイブリッジは圧巻でした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


幸いオフシーズンだったので船内はそれほど混んでいませんでした。これがオンシーズンだったらどうなんだろうと思うと・・・。船内では漫画を読みながら過ごしましたが、0100過ぎには自然と眠くなり、そのまま熟睡。

翌朝は0600前に伊豆大島到着。実は客の大半が伊豆大島で降りてしまったので、船内は急に閑散としてきました。
その後船は利島、新島、式根島といった伊豆七島の島々を1つ1つ停まっていきます。島に着くたびに船内は少しずつお客さんが減っていきました。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


最終目的地神津島には、概ね予定通り1000頃に到着。桟橋には今日泊る民宿のおかみさんが迎えに来てくれていました。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13


途中で船が揺れるのには閉口しましたが、酔いそうになれば寝ることにしました。今回は乗船時間が短かったので、その手で概ねOKです。それにしても船上から見る横浜の夜景は素晴らしかったです。今度は是非東京から乗ってみて、東京湾岸の夜景を楽しみたいと思いました。

イメージ 1

先日北海道に行く機会があり、その時飛行機の窓から見た東京の夜景が綺麗だったので紹介します。


最初は離陸して右旋回しながら左側に東京都心部を見る場面です。コンビナート地帯の向こうにレインボーブリッジと東京タワーが見えるという光景です。やがて機首を完全に東に向けると、左手方向にスカイツリーが見えてきますが、東京タワー程は目立ちません。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


引き続いて東京ディズニーランドを左に見ながら左旋回。荒川、江戸川沿いに北上します。スカイツリーも写っていますが、目立たないねぇ・・・・。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 1

先日、九州へ出かけた際、ふと、20数年前に生まれて初めて九州に渡った日を思い出しました。

九州と言えば北海道と並んで自衛隊の基地が集中している場所。佐世保、築城、新田原と、数えればきりがありません。当時から「ミリオタ」だった私は、これらの基地で憧れの「せんとうき」や「ごえいかん」に対面できるのかと、胸を躍らせていたものです。

最初に福岡空港に降り立ったとき、ヒコーキ(当時の私にとってはハイソな乗り物でした)に乗った興奮も冷めやらぬまま、最初の目的地=板付基地を探しに出発しました。当時は古い「丸」誌にような曖昧な地図しか持っていなかった私でしたが、「まあ軍事基地だから探せばすぐ見つかるだろう」とタカを食って、福岡空港を後にしました。

しかし・・・、

歩けど、歩けど、「板付基地」らしい影は全く見えない。当時F-105「サンダーチーフ」こそ退役していたもの、F-4「ファントム」か悪くてもC-141「スターリフター」ぐらいは拝めると思っていた私の期待は完全に裏切られてしまいました。

結局歩き回ること1時間ほどで目当ての「板付基地」が見つからず、トボトボと国鉄博多駅へと向かったのでした。

ちなみに「板付基地」が実は現在の「福岡空港」のことだと気がついたのは、この旅が終わってずっと後のことでした。

昨年劇場公開されて話題になったこの作品。CATVで放送していたので録画して見ました。
感想を一言で言えば「面白かった」です。
ヒコーキ好きなら楽しめること請け合いです。

ネタバレはやめておきますが、登場人物それぞれに味があって面白かったです。
機長、コパイ、CA達、乗客といった面々は当然として、その他に航空会社のグランドスタッフ、管制官達(管制官達がラフな格好で仕事しているのは結構面白かったです)、"バード"さん、オペレーションセンタースタッフ、整備スタッフ、空港を見学に来ている小学生達・・・・。

私的に気にっているのは、まずCA役の吹石恵さん。ヒロイン綾瀬はるかのOJT先輩なのですが、結構良い味出しています。
グランドスタッフの田畑智子さんと平岩紙さんのコンビも面白かったです。この二人のやりとりは傑作です。
吹石恵と田畑智子が絡むシーンがあるのですが、この場面も一見の価値ありです。

他にも見所満点のこの作品。機会があれば是非。

P.S. 「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」も見てみます

ANAからメールが来ました。
「超割」の案内です。
今回は10月下旬搭乗分です。

普段「超割」はあまり使わないのですが、たまには「使ってみようかな」と思ったりします。
しかし10月下旬。
国内旅行で10月下旬ねえ・・・・。
九州あたりで紅葉でも見ましょうか?。

↑このページのトップヘ