もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:ゲーム > The Third World Warシリーズ

TTWW_3Turn

以前に紹介したThe Third World WarのVASSAL戦【3】 をYouTube動画にまとめました。



TTWW_2Turn


以前に紹介したThe Third World WarのVASSAL戦【2】 をYouTube動画にまとめました。



TTWW_1Turn


以前に紹介したThe Third World WarのVASSAL戦【1】 をYouTube動画にまとめました。



3ww-cover-1200px


今回紹介する「The Third World War」(以下、TTWW)は、GDW社が1984年に発表したシミュレーション・ウォーゲームです。本作のテーマは文字通り幻に終わった東西両陣営による第3次世界大戦で、想定年代は1990年です。ホメイニ師の死亡によるイランでの政変が引き金になって東西両陣営が欧州全域とペルシャ湾周辺で激突する、というのがTTWWの想定したシナリオです。

2022年にTTWWが「デザイナー復刻版」(Designer Signature Edition)としてCompass Gamesから再販されたことは、 以前に紹介した通りです。

本作について詳しくは、こちら を参照してください。

今回、本作のBattle for GermanyシナリオをVASSALでプレイすることになりました。筆者はNATO軍を担当します。またステルス航空機は、オリジナル版のF-19を使用し、さらにオプションの戦術核兵器ルールは使用しませんでした。



前回までの展開は、--> こちら

3Turn

初期セグメント

AU_Comp_126オーストリアがNATO側に立って参戦を宣言した。ハンガリーに待機していたWP軍部隊は、直ちにオーストリア領内への侵攻を開始する。
航空機整備フェイズ。ここでWP側はやらかしてしまった。整備チェックのダイスが腐りまくってしまい、チェック対象全22個中、チェックに成功したのは半数以下の9個のみ(他に1ユニットが前Turnから使用可能状態)。成功率2/3なのに一体何が・・・。さらに先のクレーター攻撃によって3ユニットが地上待機となってしまい、結局WP側で使用可能な航空機ユニットは、たったの7個になってしまう。

pic03a01a


Z_Marker_Weather_Storm苦しい状況のWP側だったが、天が味方した。天候はまたもや悪化し、「嵐」(Storm)となる。全天候能力を持たない航空機は運用できなくなり、NATO自慢のA-10攻撃機も地上で空しく待つしかなった。まあそれでも最悪の天候である「大嵐」(Severe Storm)にならなかっただけでもマシだとは思うが・・・。
ちなみに「大嵐」になると航空機の運用は一切禁止になる他、空中機動ZOCもなくなってしまう。NATOにとってはWP軍に対する阻止手段を失うことになり、由々しき問題である。ちなみに「大嵐」になる可能性は約5.6%。低い確率だが、無視できるほど小さいものではない。

Weather_Table


WP第1インパルス

US_F15EWP側の移動に先立ってNATO軍機による打撃阻止任務が行われる。
まずオランダ空軍のF-16が集束爆弾を抱えてハノーヴァー西方で阻止攻撃を任じるも、対空砲火によって撃退されてしまう。
続いて米軍のF-15Eストライクイーグルの編隊が、ブレーメン前面に展開していたWP軍第2親衛軍上空に飛来した。ソ連軍はなけなしのMiG-23戦闘機で迎撃を試みるが、上空援護に当たっていたF-15Cイーグルがスパローミサイルを浴びせかけてMiGの大半を撃墜してしまう。ストライクイーグルは、WP軍機甲集団に爆弾の雨を降らせる。第2親衛軍は東ドイツ軍主体の精強部隊であったが(東ドイツ軍はソ連軍よりも練度が高い)、一連の攻撃により大損害を被ってしまう。

pic03b01a


USAF_F-15E_Strike_Eagle


CZ_4TD_985オーストリアが参戦したため、WP軍の後続波が陸続としてオーストリアに攻め込んできた。在ハンガリーのWP軍第21軍と第16軍、チェコに布陣する第10軍等が主体である。いずれも侵攻第2波用に用意されていた2線級部隊。練度も一部が"6"である他は、大半が練度"5"とか"4"といった低練度部隊であった。

オーストリア本土でソ連軍は圧倒的な規模の攻撃を行う。オーストリア軍も善戦したが、兵力の差は如何ともし難く、グラーツ、ザルツブルク、リンツが次々と陥落、首都ウィーンの命運も旦夕に迫っていた。

pic03b02a


一方NATO正面のWP軍は、度重なる戦闘で消耗著しい状況のため、このインパルスは攻撃を控えて混乱の回復を行う。

NATO予備インパルス

NATO側は積極的な反撃は行わない。戦線の整理と消耗部隊の回復に努めつつ、イタリア戦線を整理し、WP軍のさらなる侵攻に備える。


pic03c01a


WP第2インパルス

US_2AD_15157休養によって戦力を回復したWP軍は、中欧戦線で再び攻勢を開始した。
北方戦線ではソ連第2親衛軍と第7親衛戦車軍の計7個機械化師団が、ウェーザー側西岸に布陣する米第2機甲師団「スピアヘッド」を攻撃する。兵力で大きく劣り、さらに悪天候のため頼みの航空支援を期待できない状況の中、米軍部隊は奮戦したが、衆寡敵せず。4:1で戦闘結果"D/3DR"。米軍師団は後退を余儀なくされる。

pic03d01a


SU_3GTD_985南方では、シュタットガルト付近でソ連第13軍、第5親衛戦車軍等の機械化部隊が米英独仏の混成スタックを攻撃する。戦闘比4:1で戦闘結果 "-/DR"。NATO混成部隊は後退を余儀なくされる。

pic03d01b


さらに第2梯団サブインパルスでは、戦線南翼に布陣するフランス軍を主体とする部隊を、ソ連軍を主力とするWP軍が攻撃する。戦闘比は6:1で、防御側全滅の危険もあったが、何とか全滅は免れてNATO軍は後退していく。

その間、ウィーンが陥落。西ベルリンは陥落寸前となったが、ギリギリで持ちこたえている。

NATOセグメント

WG_F4NATO軍は、ウェザー川を渡河してきたソ連第7親衛戦車軍のスタックに対する反撃を計画する。西ドイツ空軍のF-4ファントムが第7親衛戦車軍に打撃阻止を実施するが、それが大外れ。1打撃も与えられない。これでは6:1の比率が立たないためNATO軍の反撃計画は頓挫してしまう。
曇天のため航空支援も得られないのでNATOは反撃を諦める。特に南方戦線がWP軍の攻撃によって圧力を受けていたので、南方戦線を後退させた。さあいよいよ決戦か?。というところで今回は時間切れだった。

pic03e1


感想

今回のプレイ時間は2日間で約17時間。1Turnの所要時間は5~6時間であった。やはり時間のかかるゲームである。
この時点でVPを計算すると、WP側の獲得したVPは37点であった。これは「NATOの実質的勝利」で、6段階の勝利段階のうちNATOにとっては上から2番目の勝利である。WP軍がこの時点でほぼ取れるのが確実なのが、西ベルリン、ウルツブルグ、カッセル。これを加えるとVPは41点になるが、これでも勝利段階は変わらない。
WP軍の敗因としては、ハンブルク、ニュールンベルグ、西ベルリンといった大都市攻略に手間取り過ぎたのが大きかった。特に西ベルリンは一番最初に兵力を集中して一撃で落しておくべきだった。そうすればトータルとしての手間は少なくて済んだだろう。逆にニュールンベルグとかハンブルクは、後続波に任せておく手もある。

それにしてもThe Third World Warは面白い。基本ルールはシンプルだけど、航空戦を含めた陸海空立体作戦を楽しめるのが良い。航空支援等で個々の戦闘が盛り上がる点。さらには機種別の航空機ユニット、練度に代表される地上部隊のキャラクター性も良い。

機会を見つけて是非再戦してみたい作品だ。

M2A3

3ww-cover-1200px


今回紹介する「The Third World War」(以下、TTWW)は、GDW社が1984年に発表したシミュレーション・ウォーゲームです。本作のテーマは文字通り幻に終わった東西両陣営による第3次世界大戦で、想定年代は1990年です。ホメイニ師の死亡によるイランでの政変が引き金になって東西両陣営が欧州全域とペルシャ湾周辺で激突する、というのがTTWWの想定したシナリオです。

2022年にTTWWが「デザイナー復刻版」(Designer Signature Edition)としてCompass Gamesから再販されたことは、 以前に紹介した通りです。

本作について詳しくは、こちら を参照してください。

今回、本作のBattle for GermanyシナリオをVASSALでプレイすることになりました。筆者はNATO軍を担当します。またステルス航空機は、オリジナル版のF-19を使用し、さらにオプションの戦術核兵器ルールは使用しませんでした。



前回までの展開は、--> こちら

2Turn

初期セグメント

US_F19天候は、中央戦線が「曇り」である。航空優勢に依存するNATO側としてはちょっと嫌な天候だ。WP側はこの機に乗じてNATO側の前線航空基地に対して激しい航空攻撃を仕掛けてきた。航空兵力を打撃阻止任務に使いたかったNATO側としても、WP側の航空撃滅戦に対抗すべくこちらも航空撃滅戦を仕掛けるしかない。空中戦と対空砲火でWP側の虎の子であるSu-27フランカー1ユニット、Su-24フェンサー3ユニットを撃墜した。しかしNATOも最強のF-111アードバーグ 1ユニットを対空砲火で失い。さらに地上の損害はNATOの方が大きかった。
pic02a00a


WP第1インパルス

EG_9TD_1297まず第1梯団でWP軍はハンブルグとニュールンベルグに総攻撃を仕掛けてきた。後方に残っているNATOの「自給自足捕虜収容初」をまず潰しておこうという腹積もりだった。NATOとしては、これらの都市を「確地」とし、出来る限り時間を稼ぐつもりであった。WP軍の攻撃は、ハンブルク、ニュールンベルグ、そして未だに抵抗を続けている西ベルリンの3ヶ所のみ。NATO軍もハンブルグとニュールンベルには航空支援を投入してWP軍を迎え撃つ。WP軍の攻撃はいずれも撃退されたが、NATO側の守備兵力も大きな損害を被り、その陥落は時間の問題となってきた。

pic02a02


NATO予備インパルス

ハンブルク、ニュールンベルグが陥落しそうなので救援したかったが、あまり前線を前に出したくなかったので防衛ラインを大きく動かさない。包囲下の友軍部隊は頑張ってもらうしかない。航空支援だけが頼みの綱だ。

Pic02b01


WP第2インパルス

WG_3AHR_447飽きもせずWP軍は西ベルリン、ハンブルク、ニュールンベルグの3都市に攻勢を仕掛けてきた。
まずハンブルク。戦闘比は9:1。持ちこたえるのかやや微妙な所だが、ここで持ちこたえてくれれば、さらに半Turn時間稼ぎができる。航空支援も投入して死守を図ったが、航空機は対空砲火によって撃退されてしまう。戦闘結果は"-/E"で、開戦以来2週間以上も勇戦敢闘してきたハンブルクは遂に陥落した。

pic02d01a


US_A10次にニュールンベルグである。こちらは戦闘比が5:1なのでA-10を投入して死守を図る。A-10は対空砲火に食われたが、1コラムシフトを得て戦闘比は4:1。しかし戦闘の出目は無情にも"6"。戦闘結果は"EX"で、ニュールンベルグも遂に陥落した。敢闘を続けていた西ドイツ軍と米軍の兵士達に黙とう。

pic02d01b


UK_Berlin_028西ベルリンはポーランド軍を主体とする敵の攻撃を受けていたが、何とか今回も攻撃を凌いでいた。まるでマリウポリ製鉄所状態だが、さすがにその抵抗も限界を迎えつつある。

マウリポリ製鉄所


US_2AD_15157第2梯団サブインパルス。WP軍はブレーメンに対して攻撃を企図するが、ブレーメンを守る米軍第2機甲師団「スピアヘッド」(15-15-6)とベルギー軍のスタックが強力すぎて戦闘比が立たず攻撃を断念。ウルツブルグ前面を守る米第8機械化歩兵師団(14-16-7)「パスファインダー」を攻撃する。戦闘比は4:1で航空支援なし。しかし出目は"6"で結果は"EX"。NATO軍はまたもや虎の子米重師団を失ってしまう(今次大戦で3個目)。

pic02d03a


Pic02d04


NATO第1インパルス

SU_4GTA_237ようやくNATOのTurnである。このままではジリ貧と判断したNATO軍は、局地的な反撃を試みた。現有兵力で反撃可能なのは2ヶ所のみ。1ヶ所は北海沿岸に布陣するヘリ部隊(2-3-7)。もう1ヶ所はカッセル付近で布陣するポーランド軍である。北部のヘリ部隊は戦闘比が10:1以上なので、WP側も諦めてヘリ部隊は壊滅。しかしポーランド軍に対する攻撃は、戦闘比6:1なので、WP側も航空兵力を出してきて必死に抵抗した。

Pic02e01a


PO_10TD_984WP側の航空部隊は対空砲火によって撃墜されながらも、貴重な1コラムシフトを捻出。これにより戦闘比は5:1に低下してしまう。恐怖の"EX"が怖い戦闘比だが、何とか出目は"5"となり"EX"は回避。"D/4DR"の結果によりポーランド軍2個師団は壊滅してしまう。既に別の戦闘でポーランド軍1個師団が壊滅してしまったため、ポーランド軍の損失旅団数は9となり、あと3個旅団の壊滅で動揺状態となってしまう。
Pic02e02a


NATO第2インパルス

戦線を後退させ、ライン川前面に布陣する。

Pic02e03


つづく

↑このページのトップヘ