もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:旅行・登山 > ドライブ

4
美瑛の風景について続きです。

前回は-->こちら

マイルドセブンの丘

こちらは美瑛西部の所謂「パッチワークの丘」と呼ばれている一帯にあります。以前はもう少し木が沢山立っていたような気がしますが・・・。
写真43
写真44
写真45
写真46
写真47


ケンとメリーの木

大昔の車の宣伝で使われた木で、そこから「ケンとメリーの木」という名前になったそうです。木の美しさもさることながら、山の景観が素晴らしいです。
写真48
写真49


北西の丘展望台

パッチワークの丘で標高の高い場所にある展望台です。周囲の景観や十勝岳連峰が良く見えます。
写真50
写真51


就実の丘

旭川空港から南に広がる丘陵地帯です。周囲の景観が良く見えます。

写真52
写真53
写真54


4
今年の夏、北海道の美瑛付近を回った時の写真です。
折しも台風10号が北海道に接近中で天候が危ぶまれていたのですが、晴天のタイミングを利用して出かけた次第。

新栄の丘

美瑛と美馬牛の間ぐらいにある丘陵地帯。パッチワークの丘と十勝連峰の山々が綺麗に見える景勝地です。

写真30
写真31
写真32


ジェットコースター道

美馬牛から西の方に向かい、国道を渡った先にある直線道路です。大きなアップダウンがあるので、ジェットコースターの道路と呼ばれているらしい。道路も良いのですが、峠から見るパッチワークの風景もまた良し。

写真33
写真34
写真35


上富良野フラワーランド

上富良野町の中心部から見て西側の丘陵地帯の一角にある花畑です。美瑛にある「ぜるぶの丘」や「四季彩の丘」と似たような施設で、丘陵地帯を利用して広大な花畑が広がっています。また花だけではなく、眼前に広がる十勝岳連峰の姿がまた良し。
写真36
写真37
写真38
写真39


留辺蘂

美馬牛の西に広がる丘陵地帯です。美瑛らしい風景が堪能できる所です。
写真40
写真41
写真42


つづく

イメージ 8

国道168号線は、和歌山県新宮市から大阪府枚方市を結ぶ全長約160kmの一般国道です。枚方市から五條市までは市街地道路ですが、五條市から新宮市までは紀伊山地のど真ん中を横切るルートなので山間道路です。この度、この国道168号線の南半分を走ってみました。

十津川

今回は宿泊地である川湯温泉からのスタートです。最初の見どころは熊野大社本宮。しかしここは既に昨年に見ていたのでパス。そのまま国道を北に向けて走ります。
本宮から先は立派な高架道路になっていて、これはと思うほど走りやすい道です。しかししばらく走ると高規格道路は終了し、一般的な山間部国道となります。対向車が現れると減速しなければならないほどの幅員。それでも我慢して走ります。

しばらく走ると十津川の温泉郷に差し掛かります。ここは十津川(熊野川の十津川村内での呼称)と上湯川の合流点であり、国道168号線の赤い橋が十津川水系の緑色と良く映えています。

イメージ 1

イメージ 2


十津川の上流側に向けて車を走らせると、やがて十津川の中心部である折立地区に到着しました。ここには村役場や郵便局があり、道の駅もあります。

イメージ 6

イメージ 7


さらに1時間ほど車を走らせると、谷瀬の吊橋(たにぜのつりばし)と呼ばれる場所に到着します。ここは十津川観光の目玉の1つで、長さ297m、高さ54mの吊橋です。橋自体は狭く、しかも歩くと揺れるという怖さ満点の場所です。本来は生活用の吊橋だったのが、いつの間にか観光地になったということです。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


他にも上流部へ進んでいくと、ダム湖や渓谷等、様々な景観が楽しめます。

今回は五條の手前で国道168号を離れましたが、五條まで走って見るのも楽しかったかもしれません。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

冬の北海道の写真その2です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

新春3日目の北海道です。
帯広から大雪山系にかけての一帯を車で回りました。

↑このページのトップヘ