もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:旅行・登山 > 温泉

3
写真20


北八ヶ岳の西方、車山高原や美ヶ原へ向かう途中、国道152号線で白樺湖の少し南にある温泉が「音無の湯」です。 蓼科山への登山 の帰路に立ち寄りました。
近くに音無川が流れ、その近くに露天風呂があります。露天風呂はやや温めで長時間入浴していても疲れません。また当然内湯もあり、洗い場も完備しています。
泉質は無色無臭。解説によると弱アルカリ性とのこと。源泉かけ流しだそうです。素直なお湯なので、特に後に尾を引くような感覚はありません。
何でも温泉だけではなく、施設内には美味しい豆腐の店があるとのこと。今回はパスしましたが、次回は豆腐料理も堪能してみたいなぁ、と思う今日この頃です。

お奨め度★★★

3
写真06
写真07
写真08


上諏訪駅から徒歩10分ぐらいの場所にある「片倉館」は、国指定重要文化財に指定されている建築物で、昭和初期に建てられたものとされています。内部は「千人風呂」と呼ばれる温泉施設の他、休憩室や食堂、お土産コーナー等も用意されています。
名物の「千人風呂」は、映画「テルマエ・ロマエ」の撮影にも利用されたというもので、内装は、ステンドグラスや数々の彫刻によって色づけられており、まさに「ローマの風呂」という感じがします。ただ「千人風呂」というには、内湯がやや小さめだったのが気になりました・・・。
その内湯は「プールほどの広さ」とまでは行かないものの、そこそこ広く、また浴槽が結構深いです。また浴槽の底には丸石が敷き詰められており、足の裏の感じが面白いです。
泉質は無色無臭に近い感じで、素直な感じの泉質です。
少し変わった感じの温泉を楽しみたい際には、お奨めできる温泉です。

お奨め度★★★

3
前回

白川郷のバスターミナルからほど近い場所にある日帰り入浴施設です。
内部は内湯、露天風呂と洗い場、サウナがあります。また温泉の入口には畳の休憩施設のあります。
泉質は殆ど無臭で透明、泉質は柔らかく、すべすべした感じになります。 白川郷を訪ねた際には、立ち寄ってみたい温泉です。

お奨め度★★★

写真15
写真16
写真17
写真18


つづく

4
これまで

JR磐越西線咲花駅の目の前にある温泉街です。
泉質は無色で若干の硫黄臭あり。
体を浸ける瞬間は熱いと感じる湯加減ですが、湯の中はほのぼのと暖かく、ゆっくりと体を暖めてくれます。肌に残るすべすべ感も心地いい。
今回利用した「碧水荘」のお風呂は、内湯と洗い場があるだけのシンプルな造り。露天風呂とかサウナといったものはありませんでした。その分、お湯の良さをじっくりと楽しめたので良かったです。
また入りたいと思う温泉でした。

写真51
写真52
写真53
写真54
写真55

お奨め度★★★★★

つづく

北海道上士幌町糠平。大雪山系南東部の温泉街である。その一角にある「湯元館」は糠平温泉街の中でも鄙びた感じの残る温泉です。

玄関に入って中に入ると、廊下を抜けて右下に降りた所が温泉になっています。男女別の浴場は日替わり制。両方とも露天風呂つき。手前の新しい浴室は内湯がやや狭い代わりに綺麗なヒノキ風呂がついています。奥の古い浴室は、広めの内湯と開放感たっぷりの露天風呂が魅力。

泉質は無色透明。さっぱりとした湯上り感が気持ちいいです。どちらかと言えば露天風呂の開放感を楽しむ温泉といえます。

お奨め度★★★★

写真10
写真11
写真12

↑このページのトップヘ