もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:戦史 > 第2次世界大戦全般

3
写真00


「The Datk Sands」(以下、本作)は、2018年に米GMT社から出版されたシミュレーションゲームである 。テーマは北アフリカ戦役で、1940年から42年までの北アフリカ戦を再現する。デザインはTed S.Raicer。WW1を扱った傑作「Paths of Glory」や、WW2東部戦線を扱った「The Dark Valley」のデザイナーとしても知られている。
本作のシステムは、デザイナー氏の前作である「The Dark Valley」のものを踏襲している。移動、攻撃、増援、補給等のチットをカップに入れて、そこから1枚をランダムに引いて、決められた行動を行うというシステムを採用している。このシステムのおかげでゲームの流れが流動的になり、それが流動的な砂漠戦を再現するのに適している。なお、一方のチットが連続して出続けることの弊害を避けるため、原則としていずれか一方のチットが2回連続して出た場合、次は相手のチットになる。

ゲームスケールは1Turn=1~2ヶ月、1Hex=4.5又は9マイルである。Hexスケールに幅があるのは、主戦場であるトブルク周辺を含む中央マップは1Hex=4.5マイル、それ以外のマップは1Hex=9マイルと差をつけているためである(当然移動コストも異なる)。1ユニットは大隊~師団を表す。

シナリオは4本で、それぞれ2~3Turnの長さである。他に1940年から42年12月までの北アフリカ戦全般を描いたキャンペーンシナリオがある。プレイ時間は不明だが、シナリオの場合は2~6時間、キャンペーンなら20~40時間ぐらいかかるのではないだろうか。

今回、一番簡単そう(と思われる)シナリオ1「コンパス」をVASSALでプレイしてみた。これは、1940年12月に開始された英軍によるリビア進攻戦を再現するシナリオである。史実は英軍が圧倒的な勝利を収めたことになっているが、果たしてどうなることやら。

写真01


1Turn(1940年12月)

AC_Auk序盤、主導権を持つ英軍をどう動かそうかと迷う。PlayBookに記載されているプレイの例では、「オーコナー」チットを使用する、となっているが、これは少し勿体ない。というのも、「オーコナー」チットは「優先アクション・チット」と呼ばれる特殊なチットである。これは好きなタイミングで使えるチットなので手元に持っておきたい。とはいっても例えば「激マン」システムのように「引いたチットを見てから割り込める」タイプではなく、「引く前に割り込みを宣言する」タイプなので、「激マン」ほどは便利ではない。

悩んだ末、英軍が選んだのは「移動1/2」である。可能な限りイタリア軍戦線に浸透し、次の移動に備える。
次に英軍は「優先アクション」で「オーコナー」チットを選択した。英軍部隊はエジプト領内に展開するイタリア軍の背後に回り込み、イタリア軍の連絡線を遮断する。2ヵ所でイタリア軍を撃破した英軍は、リビアに向けて進撃路を開いた

写真02


CW_338_Selbyと、ここまでは英軍の予定通りだが、ここからが正念場である。次に引いたのが「枢軸軍増援」である。第1Turnの増援であるイタリア軍3ユニットをベンガジ(Banghazi 2904)に配置する。
次に引いたのは「枢軸軍戦闘」。1ヵ所攻撃できる場所がある。英軍Selby自動車化歩兵連隊(3-3-8)に隣接している場所だ。2-1で攻撃する。結果はDR。Selbyは荒地を抜けて後退していく。
その後、枢軸軍のチットが2回続いたが、ルール18.7.2の制約(同一陣営は連続2回までしかアクションを実施できない)に引っかかって無効になる。その後に「補給」を引いた。エジプト領内のイタリア軍は一挙に補給切れとなる。
写真03


AC_CWMove1_2次に「英軍1/2移動・戦闘-1」を引いた。英軍は「1/2移動」を選択。英軍は包囲を輪を絞りつつ、戦車部隊を西に向かわせる。
次が「枢軸軍1/2移動・戦闘-1」。枢軸軍は「移動1/2」を選択する。
次に「英軍移動・戦闘」を引いたが、既に英軍は移動を2枚使った後だったので「戦闘」しかない。「戦闘」を選択したものの攻撃は実施せず。
次に「枢軸移動」。リビア国境から後退してトブルク前面に2線からなる防御ライン構築する。
その後のチット引きは省略するが、Turn終了時、英軍の最前線はソルーム(Sollum 2141)まで到達。リビア国境を望む地点である。

写真04


2Turn(1941年1-2月)

英軍は主導権チットとして「英軍移動」を選択した。エジプト国境に守備兵を残しつつ、英軍主力はリビア領内に侵攻する。
写真05


CW_658_4_7次に引いたのは「クーム部隊」。英第7機甲師団の1個旅団(6-5-8)が左翼に展開。イタリア軍を攻撃してこれを撃破。突破口を穿った。
英軍は「優先アクション」で「オーコナー」チットを選択した。イタリア軍戦線に向けて前進する英軍。戦車部隊を含むイタリア軍3ユニットを包囲した英軍は、これを包囲殲滅した。イタリア軍の戦線に大穴が開く。

写真06


次に「枢軸軍移動1/2・戦闘-1」を引いた。枢軸軍は「移動1/2」を選択して部隊を後退させる。しかし完全な戦線を引くのは難しい。トブルクへ向けて突破のチャンスが広がる英軍なのであった。

写真07


IT_454_Pavia次に引いたのは「英軍増援」。増援部隊を配置する。
その次に「補給」を2枚連続で引いた。影響なしだ。
次に「枢軸軍移動1/2・戦闘-1」を引いた。枢軸軍にとっては僥倖である。トブルクを守る防衛ラインを構築する。

写真08


次に引いたのが「英軍1/2移動・戦闘-1」。一歩遅かったか。英軍はトブルクまであと2ヘクスに迫ったが、そこで力尽きた。第2Turn終了時の状況が以下の通りである。
トブルクを取れなかったので「イギリス軍の限定的勝利」となった。多分英軍指揮官たる私は、英本土に戻り、デスクワークで軍職を終えることになりそうだ。

写真09

感想

ルール量的には中級ゲームだが、ゲームの流れはシンプルである。チットの動きに支配されるので、運に左右される部分が大きい。ルール18.7.2項によって完全な「運のし」ゲームではなく、制約条件を見越した動きが必要になる。ただし、このシナリオで英軍が「史実通りの勝利」を収めるのは、かなり難しいのではないかと思っている。

次には他のシナリオにもチャレンジしてみたい。
写真10

以前にNightFighter(GMT)のシナリオプレイをいくつか紹介しましたが、その時にも触れたとおり、NightFighterには他にも興味深いシナリオが沢山掲載されています。その全てを紹介することは冗長過ぎるので避けますが、いくつか興味深いシナリオだけでも紹介させて下さい。

シナリオ1A「London Blitz」

イメージ 1本作の中でルール的に一番簡単なのはシナリオ1なのですが、こちらはプレイの難易度が異常に高い。シナリオの紹介でもプレイヤーが勝利するのは「ほぼ不可能」とされています。それもそのはず。レーダー装備のない昼間戦闘機であるHurricane Mk.Iがパイロットの目だけを頼りに夜間迎撃戦を試みるわけですから。
そこでこのシナリオバリエーションは防御側にサーチライトを用意し、迎撃のチャンスを増やすことによりプレイヤー側の勝利のチャンスを増やしています。登場機は攻撃側がHe111Hx3、防御側がHurricane Mk.Ix1。基本ルール以外にいくつかのルールを事前に理解しておく必要がありますが、審判側が理解しておけば問題ないでしょう。

シナリオ2C「The Second Raid on Pearl Harbor」

イメージ 2K作戦として知られる日本軍による真珠湾第2次攻撃です。攻撃側は2機の二式大艇。プレイヤーが操る防御側はSCR-270レーダー(初期の早期警戒レーダ)に支援されたP-40B戦闘機1機(15FG所属)です。史実では「夜間迎撃に関する経験不足」のために迎撃に失敗した、とのことですが、それを反映してかP-40Bは視認ルールで特別な制約が課せられています。

シナリオ2D「Rabaul」

イメージ 31943年5月。ラバウル上空に飛来したB-17に対する夜間迎撃戦です。この戦いで日本軍は初めて斜銃を使用。B-17に対する初の夜間撃墜に成功します。日本軍は二式陸偵改造夜戦(J1N1-C改)1機が登場。攻撃側は3機のB-17Eです。ラバウルには初期型レーダーもありますので、ある程度の支援が可能です。

シナリオ3「The Kammhuber Line」

イメージ 5レーダーによる「暗い夜戦」とサーチライトによる「明るい夜戦」が軌道に乗りつつあった1941年春におけるドイツ本土防空戦を描きます。プレイヤーが操る防御側は、エキスパートパイロットが操るJu88C-2が1機。侵入側はWellington Mk.Icが3機です。Ju88C-2はかなり初期の夜戦なので機上レーダーなし、速度や火力も十分とは言えませんが、対するWellingtonも左程強力な機体ではない上、エキスパートパイロットの威力も相まって、勝利は左程困難ではないと思われます。

シナリオ4「Himmelbett」

イメージ 4独側の機上レーダーが期待使用され始めた1942年8月頃のシナリオです。このシナリオでは、ドイツ側の迎撃機として珍しいDo215B-2 "Kauz 3"が登場します。Ju88C-2に比べるとレーダー装備と火力面で優越していますが、それ以外に際立った特徴はなく、Ju88やMe110の後期型に比べると見劣りする点が多いです。

シナリオ4H「Guadalcanal」

イメージ 61943年4月19日、ガダルカナル上空におけるP-70Aと一式陸攻の夜間空中戦を描いたシナリオです。P-70Aとは、A-20軽爆撃機を改造した夜間戦闘機で、機上レーダーを装備し、火力も優れていますが、速度性能が低いため、高速の陸攻を捕捉するのは容易ではないでしょう。

シナリオ5「Wilde Sau」

イメージ 7ヴィルデ・ザウ戦法とは、レーダーに頼らず、サーチライトの光を頼りに敵爆撃機を襲う戦法のことで、英軍の電波妨害戦術によって捜索レーダーや機上レーダーが機能不全になったために産み出された苦肉の策と言って良い戦術です。主にMe109GやFw190Aといった単発戦闘機が採用しました。このシナリオでは45機のLancaster Mk.3からなるボマーストリームと、それを迎撃する3機の単発戦闘機(Me109G-6x2、Fs190A-5x1)が登場します。英軍の電波妨害を反映して機上レーダー/捜索レーダーは使えません。独夜戦隊はサーチライトの光と自らの目だけを頼りに爆撃機を追うことになります。勝利条件は爆撃機3機以上の撃墜ですが、これはかなり難しそうに思えるのですが、はてさて・・・。

シナリオ7「Serrate」

イメージ 8このシナリオはやや変則的な内容で、プレイヤーは英爆撃機を護衛するMosquito NF.2夜間戦闘機1機を指揮します。審判はHalifax Mk.3爆撃機28機と独Ju88C-6夜戦2機を指揮します。プレイヤーは爆撃機を襲う独夜戦を探し出し、背後から奇襲してこれを撃墜する任務を帯びています。敵味方識別が課題になりますが、英夜戦はSerrateと呼ばれる識別装置を装備しているので、機上レーダーを搭載している独夜戦を識別することが可能です。

シナリオ8G「Saipan」

イメージ 9サイパン島のB-29基地に対する日本軍の夜襲を描いたシナリオで、日本軍は一式陸攻5機が登場し、迎撃側はUSAAFのP-61A Black Widow 1機が登場します。新鋭夜戦と優秀な捜索レーダー(5つの目標を同時に追尾可能)の組み合わせははたして日本軍を阻止できるでしょうか。

シナリオ10B,C,D

イメージ 10これらは以前に紹介したシナリオ10のバリエーションです。シナリオ10B「Mosquito Hunter」ではHe219A-6 "Uhu"が、シナリオ10C「Moskito」ではTa-154A "Moskito"が、シナリオ10D「Me262」ではジェット夜戦Me262B-1aが登場します。これらドイツが誇る新鋭夜戦と英モスキートの対決は興味津々です。

イメージ 1

新作ゲーム紹介「Night Fighter(GMT)」

イメージ 2GMT社の新作ゲーム「Night Fighter」は、WW2期における夜間空中戦闘を戦術レベルで描いたシミュレーションゲームです。当初、個人的にはあまり注目していなかった本作ですが、こちらの記事を見て俄然興味が湧いて来たので購入しちゃいました。

F6Fの夜戦型とか、P-70夜間戦闘機とか、名前を聞いただけでワクワクです

イメージ 3コンポーネントを見ると、A2サイズとメインマップと、その半分の大きさであるA3サイズのサブマップが各1枚用意されています。サブマップは爆撃機側プレイヤーが自らの爆撃機移動を隠匿するためのマップのようです。ちなみに本作はシングルブラインドシステムで、爆撃機プレイヤーは戦闘機プレイヤーの動きを丸見えできますが、戦闘機プレイヤーは相手側の動きがわからないようになっています(ルールブックによれば、爆撃機側プレイヤーは「審判」(umpire)という位置づけになっています)。1ヘクスは1マイル。1Turnは実際の1分間に相当します。デザイナーはLee Brimmicombe-Wood氏で、GMT社の「Down Town」等のデザイナーです。

イメージ 6ルールは英文(当然)です。ルールブックのページ数は26ページ(シナリオ含まず)で、ボリューム的にはかなり多いのですが、プログラム学習方式なのでステップバイステップでルールを理解できると思われます。基本的な手順は移動、索敵、戦闘の繰り返し。これだけならば単純なのですが、夜間戦闘なので目視索敵、探照灯、レーダー、電子戦に関するルール等が登場します。航空機のデータを見てみると、移動力、火力、レーダー、損害、装備等がレーティングされています。その一方で旋回性能や上昇性能といったドッグファイトゲームにありがちなデータは皆無でした。移動ルールをざっと読んでみたのですが、驚くほど簡単で、移動力分まで移動可能、旋回は1ヘクスに60度まで、最低移動力は2、そんなもんでした。

イメージ 4シナリオは独軍による英本土爆撃、英軍によるドイツ本土爆撃といったオーソドックスなものから、二式大艇による真珠湾第二次攻撃、日本軍によるガダルカナル爆撃、B-29による日本本土空襲、そしてマリアナ近海における米機動部隊に対する夜間空襲等が含まれています。

イメージ 5余談ですが、我が1式陸攻「Betty」は、ドイツのHe111Hよりも高速、高火力で耐久力は同等、Ju88Aとは速度は同等ながら火力は凌駕しています。案外高評価なのですね。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/c/0/c0b93cc4.jpg

イメージ 1

歴史群像アーカイブ16--戦車大研究 学研

このシリーズは過去歴史群像史に掲載された記事をテーマ別に再編集したものである。今回は戦車大研究ということで、独ソ日米英仏伊の主要7ヶ国の戦車を扱っている。メインはやはりドイツで、4号戦車、ティーガー重戦車、突撃砲等の記事が並ぶ。続いて日本については97式中戦車、4式戦車の記事各1本、ソ連関係が1.5本、英2本、米仏伊各1本である。ソ連の自走砲や米の駆逐戦車等についても触れて欲しかったが、スペースの関係上仕方がない。97式戦車についてはやや過大評価かな。

お奨め度★★★

イメージ 1

このブログでも何度か紹介したDVG社のDown in Flames - Aces Highですが、この度、その続編とも言うべき作品を入手しました。

値段は$59.99。こちらのサイトから入手可能です。

早速中身を見てみました。
最初はエクスパンションキットのようなものだと思っていましたが、予想に反して単品でもプレイ可能な作品でした。
ルールブックに目を通してみましたが、どうやらDown in Flames - Aces Highと同一のルールのようです。シナリオや登場機種が若干異なっています。追加キットではないので、全部が「新機種」という訳ではなく、Bf-109E/FやSpitfire Mk.1等のような「有名機」はここでもちゃんと登場してきます。

今回の追加機種で一番の目玉は仏伊の両国機がカード化されたことでしょう。フランス機はM.S. 406, D.520, Potez 630, MB-152等がカード化され、イタリア機はC.R. 42 Falco, M.C. 200 Saetta, M.C. 202 Folgore, M.C. 205 Veltro等がカード化されています。
以下に今回追加された各国の代表的な機種を紹介します。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/4/d/4d027701.jpg

本作にはDo-335、J7W1「震電」のような所謂「火葬戦記」っぽい機体も登場します。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/6/9/698ae87f.jpg

用意されているシナリオは「フランス1940」、「北アフリカ1941」、「東部戦線」、「マルタ」、「ドイツ本土1945」、「日本本土1945」の6つ。太平洋関係が1本だけというのは寂しい限りですが、キャンペーンシナリオの中には比較的短時間で終わりそうなものも用意されているので、それなりに楽しめそうです。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/1/b/1b8f2e2a.jpg

↑このページのトップヘ