もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:読書 > 小説

イメージ 1

入院ネタでもう一つ。
入院中の暇つぶしに何が良いかなと思い、本とDVDとノートPCを用意しました。
本は普通の書籍と電子書籍(洋書含む)。DVDはノートパソコンのHDDに落としたものです。
どちらが役に立ったか、というと、結果的には「本」「ノートPC」でした。

ノートPCは入院中の日記を書いたり、退院後の旅行計画を作ったりするのに役に立ちました。またVASSALでゲームのソロプレイとかもこっそりしていました。難点はキーボードを叩く時に音がするので、消灯時間後の使用はできないことでしょう。

本についてはまず電子書籍。私の場合はKindleを持参しました。これは消灯時間後でも使えるので便利です。また過去に読んだ本等も入っているのでデータ量も豊富。入院中の読書アイテムとしては電子書籍が優れていると思いました。
ただ和書の場合、Kindleになっている書籍はまだまだ少ない。そのような場合、やはり紙媒体の書籍も欲しい所。またKindleのギラギラした画面を見ていると、紙の本が懐かしくなります。
今回は大小合わせて5冊(洋書1冊含む)持参しましたが、一番使い良かったのが文庫本。入院中は寝ている時間が多くなるので、寝た姿勢で読む場合、重たい本は不向きです。文庫本はその点軽量なので読むのが楽でした。
あと洋書ですが、時間つぶしという意味で洋書は最高。これこそじっくり時間をかけないと読めないので、入院中という時間こそ洋書にチャレンジするチャンスです。ただ体調によっては洋書を読むのが辛い場合もあると思います。そういった場合は、もっと軽い和書とか、あるいは漫画のようなものの方が良いかもしれません。

あとスマホも役に立ちました。私の場合、病院内でノートPCはネットに繋がっていなかったので、外部とやりとりするのはスマホしかありません。SNS等で呟いた内容に反応があると、単純に嬉しかったです。

以上、私の入院期間で感じた暇つぶしについてです。
ちなみに上記については病状による違い、個人差等がありますので、あくまで「今回の私のケースに限定」とお考えください。

イメージ 1

ガリレオの苦悩

東野圭吾 文春文庫

たまには純粋に読書を楽しもうと思い、人気作家の人気作品を読んでみた。東野圭吾氏のガリレオシリーズは、福山雅治主演でドラマ化されたこともあり、主人公の湯川学や相棒の内海薫、草薙俊平らにもテレビドラマのイメージをそのまま小説に反映して読むことができた。内容はさすがに流行作家の作品だけに読んでいて飽きがなく、楽しく読むことができた。また短編集だけに細切れな時間に読むことができる点も良い。推理小説を普段読む人にとっては「これって推理になってない」と思われる節があるかもしれないが(推理小説素人の私が読んでも違和感を覚える箇所はあった)、娯楽小説としては十分楽しめる内容であろう。

お奨め度★★★★

昨年末に某NHKで「坂の上の雲」を放送していました。
私の近くでも随分と評判になっていましたが、かういう私も全5話をしっかり見てしまいました。
ドラマの方もそれなりに面白かったのですが、触発されて小説の方を読み返してみました。

いやー、面白いです。

以前に何度か読んだときには、前半1~2巻はそれほど面白くなかったのですが、今回NHKドラマのおかげで前半部分も楽しく読むことができました。正岡子規絡みの話も、最初に読んだ頃に比べると楽しく読み進めることができました。今第4巻の途中で「沙河会戦」が終わった所です

この作品については最近になって色々と批判的な書かれ方をすることが多いですが、少なくとも小説としては一流であり、読み物としての面白さは折り紙つきです。本書を読み進めていくにつれ、日露戦史に対する興味がふつふつと湧き起こってくるのを感じました。本作に対する批判の多くは「史実から乖離している」ということですが、それは本作が「小説」であることを無視した暴論だと思います。本書はあくまでも小説なのですから、史実に関する記述はあくまで参考程度に考えるのが正しく、史実との整合性についてはまた別の作品(たとえば児島襄氏の「日露戦争」等)で補えのがよろしいかと思います。

ちなみにタイトルにある「紅鳥先生」とは、第1巻の最初に出てくるキャラです。なかなか味のある人物なのですが、ドラマ版では予想通り無視されていました。

 「新選組血風録」司馬遼太郎

 最近は戦史関係の本か技術書ばかり読んでいたので、たまには純粋に娯楽として読書を楽しみたいな、と思いながらも、なかなか機会がなかった昨今、古本屋で買ってきて読まずに積んでいたこの本をふと読んでみたくなった。で、ニセコ旅行のお供に持参した。
 これが・・・、とにかく面白い!!。読んでいて決して飽きない。なるほど、その記述には誇張があり純粋な史実とは言いがたい。司馬氏独特の歴史観や登場人物への脚色が混ざっている。これを「歴史的に見て正確ではない」と評するのであれば、あるいはその通りかも知れない。しかし本書の価値は歴史的正確さではない。物語としての面白さだ。新選組という舞台の中で繰り広げられる人間ドラマを楽しむ作品なのである。激動の時代を生きた人々が悩み、苦しみ、それでも生きていく。そんな人々の生き方を現在の自分達にオーバーラップさせて何かを感じる作品だと思う。私もこの本を読んで少しだけ元気になれた気がした。
 本書は計15編からなる短編集の形をとっている。それぞれの主役は、例えば沖田総司のような著名人もいるが、その大半は山崎烝や篠原泰之進といった「脇役」である。中には架空の人物ではないかと思われるような者(深町新作、大林兵庫等)も混じっている。
 とにかく面白い作品だ。昨年NHKの大河を見た人なら、間違いなく楽しめる本だと思う。

評価★★★★

↑このページのトップヘ