もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:ゲーム > Next War シリーズ

Next War Poland(以下、本作)はGMT社が2017年に発売したシミュレーションゲームである。同社が精力的に発売を続けているNext Warシリーズの第4弾で、共通のゲームシステムとゲーム毎の固有ルール群からなる。

Next Warシリーズは現代戦を扱ったシリーズゲームで、21世紀前半の陸海空立体戦を比較的難解なルールで再現する。陸上ユニットは大隊~旅団規模で移動・戦闘を繰り返すシステム。ただし主導権システムに特徴があり、主導権が発生した場合、両陣営とも1Turnに最大3回移動・戦闘できる。逆に主導権が発生しない場合は1Turnに1回のみの移動・戦闘になる。従って主導権の有無によってゲーム展開が大きく変わる。
写真10航空システムはエリア方式。1ユニットは機種別に1個中隊程度の規模を表し、空戦値、戦闘支援値、爆撃値等でレーティングされている。1Turnに1回制空戦闘があり、制空戦闘は長距離ミサイル戦、中距離ミサイル戦、ドッグファイトの3段階で解決する。例えばMiG-31フォックスハウンドは空戦力3と平凡だが、長距離ミサイル戦が可能なためNATO新鋭機に対してもアウトレンジで射撃を実施できる。
一方で海軍システムはかなり抽象化されており、空母戦闘群、水上打撃群、揚陸作戦群等を表すユニットからなる。例えば米海軍は空母戦闘群2個、水上打撃群1個、揚陸作戦群3個の計6ユニットが登場する。海軍作戦は、水上戦闘は勿論、対地支援や巡航ミサイルによる対地攻撃等もルール化されており、米空母をミサイル攻撃で撃沈することも一応可能となっている。

写真9Next Warシリーズで特徴的なルールの一つにSOF(特殊部隊)に関するルールがある。これはデルタフォース、SAS等の少人数特殊部隊に関するルールで、現代戦を特徴づけるルールの1つだ。飛行場や核施設等への襲撃、攻撃目標マーカーの設置、あるいは偵察任務に従事する。上手く利用すれば戦局を有利に転換できるが、任務終了時に帰還チェックがあり、運が悪いと敵に捕まって帰ってこれない。ちなみに米英の特殊部隊は練度が高く、高い確率での生還が期待できる。

ここまでがNext Warシリーズ共通のルールになるが、本作(NWP)で特徴的なルールの一つに戦略ディスプレイがある。これは戦場周辺の戦略的な状況を表すルールだ。本作のメインマップはフルマップ1枚で、これは主戦場となるポーランド北東部一帯を表している。戦略ディスプレイとはメインマップ周辺の地域を表しており、具体的には北海、デンマーク、ドイツ、スウェーデン、バルト三国、ベラルーシ西部、そしてロシア本土の一部を表している。これらはエリアで区切られており、陸上エリアと海上エリアに分かれている。戦略ディスプレイ上に配置されたユニットは、特別ルールに従って移動・戦闘を行う。

今回、このNext War Polandを4人(各陣営2人ずつ)でプレイすることになった。選択したシナリオは「戦術的奇襲」。選択ルールは避難民を導入し、化学兵器ルールは使用しないこととした。またハウスルールとして戦略ディスプレイ上では、非友好エリア(敵支配又は敵ユニットが存在するエリア)に進入時に停止及び非友好エリアから非友好エリアへの直接移動を禁止とした。下名はNATO軍を担当し、ポーランド本土の地上部隊を指揮する。

注意:Next War Polandのオリジナルの米軍増援表には重大な誤記がある。改定後の増援表は、以下のサイトからダウンロード可能である。

https://www.gmtgames.com/p-569-next-war-poland.aspx

ゲーム開始前

写真11このシナリオはロシア軍によるミサイル攻撃から幕を開ける。ロシア軍はNATOの核施設を第一目標として弾道ミサイルによる大規模攻撃を実施した。しかし強固に防御された核施設は大きな損害はなく、ロシア軍による弾道ミサイル攻撃はほぼ徒労に終わった。
続いてロシア軍の巡航ミサイルがNATOの防空網に襲いかかる。こちらはかなり奏功し、NATOの防空施設にかなりの損害を与えた。

写真1

1Turn

写真12ロシア軍による侵攻が始まった。バルト三国とポーランド。いずれもソ連時代にはロシア帝国の支配下にあった地域である。一方は同じ国家として、もう他方は衛星国として。バルト三国にはロシア西部軍管区の5個師団が、ポーランドにはロシア中央軍管区の3個師団とベラルーシの2個機械化軍団2個が侵攻する。さらにロシア戦略コマンドに所属する4個空中機動師団が全体作戦を援護する。
バルト三国では早くも激戦が始まり、Turnの終了時にはバルト三国の約1/3がロシア軍の支配下となった。

写真3
 

写真13空ではNATOの航空兵力とロシア・ベラルーシ連合の航空兵力が激突する。冷戦時代ならばさしずめ「量対質」の戦いと言ったところになるのだが、21世紀の今日、ロシアと西側諸国の間でテクノロジー面での大きな差異は殆どない。むしろ質的な面ではロシア側の航空機の方が優秀と思える部分もあるぐらいだ。それらMiG-31フォックスハウンドが放つ長距離ミサイル、卓越した空戦性能を持つSu-27フランカー。これらの優秀機を相手にしてNATOの航空兵力は苦戦を強いられた。ミサイルを食らって次々と爆発四散するNATO戦闘機。

写真2


写真14状況を打開するためにNATO軍は巡航ミサイルによる反撃を決意する。潜水艦に乗った特殊部隊が密かにロシア国内に侵入し、目標となる航空基地にターゲットマーカーを配置する。続いて米本土を発進したB-52H、B-1Bの各重爆撃機が巡航ミサイルを抱えてロシア外周に接近し、次々と巡航ミサイルを発射する。さらにステルス性能を持つB-2A爆撃機がレーダー網を掻い潜ってロシア本土に侵攻し、大重量誘導爆弾をロシア本土の航空基地に投下していく。滑走路が破壊され、地下化された格納庫が大重量徹甲爆弾によって撃破されていく。一連の攻撃でNATOはようやく制空権奪取の端緒を掴んだ。

写真15ポーランドに侵攻したロシア軍に対し、ポーランド軍は後退戦術で対応する。ポーランド東部は放棄して同中部を流れるヴィスラ川の線まで後退する。そしてドイツから応援にかけつけた米第82空挺師団、第2騎兵機甲連隊、第1騎兵師団所属の機甲旅団などもヴィスラ川の防衛ラインに加わる。一方のロシア軍は避難民を押しのけて前進を続けるが、それでも避難民の影響により前進は捗らなかった。

写真6


写真16ロシア軍の空挺師団がデンマーク領内のボーンホルム島に空挺降下を実施した。エーレスンド海峡からバルト海に出た出口を占める島嶼で、バルト海の交通を扼する要域である。北海から出撃してきた米海兵隊が直ちにボーンホルム島に急行し、単独で守備していたロシア軍空挺大隊を強襲上陸によって撃破した。

写真4

写真5


なおこのTurn、NATO軍による本格的軍事介入(トランペット第5条発動)を期待したが(確率30%)、NATO首脳は優柔不断で動かない。

2Turn

写真17天候は晴れ。制空権を巡る両陣営の争いは兵力に勝るNATO側の勝利に終わり、戦場における航空優勢をNATO側が握った。余勢を駆ってNATO軍はロシア側防空網に対する防空制圧任務を開始する。2隻の空母から発進したEA-18Gグローラーの編隊がSAM陣地に対してHARM対レーダーミサイルを叩き込む。B-2Aステルス爆撃機もSAM網に対して誘導爆弾による攻撃を行う。その後方地域では、ロシア本土の航空基地群に対して巡航ミサイルが降り注ぐ。

写真18ロシア軍は、スカゲラク海峡を抜けてバルト海に侵入してきた米空母に対する乾坤一擲の反撃を決意。巡航ミサイルの大量投入により米空母の撃破を図ったが、米空母部隊の防空網に阻まれて大きな戦果はなし。さらに潜水艦を投入して米空母撃破を狙うも、失敗。米空母の反撃によって貴重な潜水艦が失われた。
NATOの制海権バルト海南部まで広がり、ドイツからポーランド北岸、バルト諸国に至る海上交通線を確保した。

写真8


写真19陸上では逆に戦況はロシア軍有利に進攻している。バルト三国はロシア軍の猛攻によって最早風前の灯。ポーランドでも西へと進むロシア・ベラルーシ領内に進攻。その一部は首都ワルシャワを指呼の間の所まで到達した。NATO軍は空中機動可能な米第82空挺師団を急遽ワルシャワ方面に派遣し、同地の守備を固める。

写真7


このTurn、NATO軍による本格的軍事介入(トランペット第5条発動)を期待したが(確率40%)、NATO首脳は相変わらずの優柔不断で、今回もまた動かなかった。

ポーランドに崩壊の危機が迫る。

(つづく)

以下の通りです。



なお、本和訳ルールの品質その他に関するクレームは一切受け付けません。

イメージ 11

Next War: Poland(以下、本作)は、現在戦を扱ったゲームシリーズであるNext Warシリーズの第4弾で、ロシア軍によるバルト諸国及びポーランドへの侵攻を扱う。現実にこのような事態が発生する可能性はそれほど高くないと思うが、ロシアがかつての巨大なソ連時代の再現を指向している蓋然性が否定できない以上、それを軍事的手段によって達成しようとする可能性はゼロではない。事実彼らはウクライナからクリミア半島を奪い取ったではないか。

Next Warシリーズについては、以前にも紹介したことがある。地上戦と航空戦を詳細なルールで、海上戦についはやや抽象化されたルールで再現する。

今回、本作のシステムに慣れるため、標準ルール用の簡単なシナリオをプレイしてみた。

17.1.1 スヴァルキ・ギャップ(Suwalki Gap)

リトアニア南部スヴァルキ・ギャップは、ベラルーシ西端とロシアの飛び地であるカリーニングラード州との間の一帯である。ロシア側から見た場合はカリーニングラード州とベラルーシとの間の連絡線という観点から、またNATO側から見た場合はポーランドとバルト三国との陸上交通路という観点から、それぞれ戦略的に重要な地域である。このシナリオでは、ロシア軍とベラルーシ軍によるスヴァルキ・ギャップに対する侵攻作戦について、侵攻開始から10日間を再現する。

このシナリオは作戦マップだけの陸戦シナリオなので本作の中では一番簡単なシナリオである。それでも本作の戦闘システムは結構複雑なので慣れるまで一苦労である。基本的には戦闘比による解決であるが、コラムシフトとDRMの両方が適用される。ヘリコプターや航空機による戦闘支援、砲兵支援、練度差、攻勢正面等、様々な要素を考慮する必要がある。戦闘結果表は全般的に攻撃側が有利で、低比率攻撃でも相互損害を与えるチャンスは十分にある。ただし防御側も地形によっては死守が可能であり、高練度部隊であれば地形に籠って抵抗するチャンスもある。

全3Turn中2Turnまでプレイしたが、大体システムの概要を掴んだので、次のシナリオに進むことにした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



17.1.2 レッド・ストーム:バルト諸国進攻(Red Storm: The Baltic Invasion

本作では作戦マップ以外に戦略ディスプレイと呼ばれる戦略マップを利用する。このシナリオは、戦略ディスプレイのみを使用するシナリオで、戦略ディスプレイの使い方を理解するには最適である。ロシア軍は強力な地上兵力でバルト三国に侵攻し、それをバルト三国の守備隊とNATO軍の増援部隊が阻止する。
ロシア側が圧倒的に優勢かと思われるシナリオだったが、拠点防御にあたるNATO軍はなかなか頑強である。オッズが立たないので消耗戦になり、ロシア軍も攻め切れない。
2Turn終了までプレイしてみたが、ロシア側に勝ち目がなさそうなのでここまでとした。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6



17.1.3 作戦名「北極嵐」:バルト諸国奪回(Operation Arctic Storm: Retaking the Baltics)

次のシナリオも戦略ディスプレイのみを使用するシナリオである。NATO軍によるバルト三国に対する反攻作戦を扱う。このシナリオで初めて海軍ルールが登場する。海軍ルールの使い方をマスターするには格好のシナリオと言えよう。

NATO軍は陸路と海路からバルト三国に逆侵攻。リトアニアの西岸から上陸した部隊とポーランドを陸路侵攻した部隊がまずリトアニアに侵攻する。さらにリガ湾に進入した米海兵隊がラトビアへ侵攻。この両国の奪回を図る。米海兵隊、米第82空挺師団、第101空中機動師団、さらにはNATO緊急展開部隊が兵力の優越を生かしてロシア軍を撃破していったが、ロシア軍の粘り勝ちで1点差でロシア軍が勝利した。

イメージ 9

イメージ 8

イメージ 10


気になった点

まず戦略ディスプレイの感想だが、移動に関するルールにやや違和感がある。特に敵支配エリアから直接敵支配エリアに移動するのに何ら制約がないので、敵の存在に関係なく自由に移動ができてしまう。例えば敵ユニットの存在するエリアから敵ユニットの存在するエリア又は敵支配下のエリアには直接移動できない、とかいうルールがあった方が良いように思うのだが。

もう1点、戦略ディスプレイでの掃討戦(Clearing)マーカーの扱いが今一つ曖昧である。[GSR 6.6]によると、陸上エリアには中立、支配、競合の3つの状態がある。ここはOK。競合状態とは両陣営の陸上ユニットが同じ陸上エリアに存在する状態である。これもOK。問題は次の一文である。

"A Clearing Marker must be randomly drawn and placed at any time the non-Allied player’s forces are the sole occupiers of the Land Area."
(非連合軍の部隊のみが陸上エリアを占めている時、掃討戦マーカーがランダムに引かれ、 当該エリアに配置される)

ということは、掃討戦に成功して掃討戦マーカーを排除しても、「非連合軍の部隊のみが陸上エリアを占めている時」に掃討戦マーカーをランダムに引くのか?。それとも一度掃討戦が完了したら掃討戦マーカーは配置しないのか?。どうもよくわからない。

イメージ 7

半年ぶりにゲームを購入しました。

Wild Blue Yonder(GMT)

"Zero!"と同じDown in Flamesシリーズの最新作です。テーマは欧州戦線で、1940年~44年までの欧州戦域における航空戦闘を扱います。ルールは今までのDown in Flamesと殆ど同じ。アクションカードが枢軸軍と連合軍で別々になったとか、大口径機関砲ルールとか、水噴射エンジンとか、そういったルールが追加されています。
「1944年まで」というのが結構ミソで、そのためDo24Tとか、Z.506Bとか、YB40とか、ちょっとマイナーな(というか変な)機体が混じっている反面、P-51D、Me262、Fw190D、Me109K、Ta152Hといった結構メジャーな機体が含まれていなかったりします。
シナリオはバトルオブブリテン、バルバロッサ作戦、マルタ島空襲、ペデスタル作戦、ベルリン空襲などで、特にペデスタル作戦は輸送船1隻1隻に名前がつけられているというマニア垂涎の内容になっています。

難点と言えば最近のGMTゲームの例に漏れず箱がデカくて可搬性が甚だ悪いこと。The U.S. Civil WarやWing Leader同様、ゲーム会へ持参するのも至難の業です。

イメージ 1



Next War Poland(GMT)

Next Warシリーズの第4弾で近未来ポーランドにおけるロシアとNATOの戦いを描きます。1Hex=約12km、1Turn=3~5日、1ユニットは大隊~旅団を示します。基本システムはNext War標準ルールで、本作固有のルールとしては戦略マップ、長距離SAM、戦域兵器、戦術核弾頭等があります。話題のイージスアショアも選択ルールで登場します。
シナリオは基本シナリオ5本と上級シナリオ3本。上級シナリオは戦略的奇襲、戦術的奇襲、長期増援の3パターンがあり、最大12Turn続きます。
Next Warシリーズの標準ルールはクロノノーツさんで和訳が公開されているので、特別ルールだけ読みこなせばプレイ可能。久しぶりに新しい現在戦ゲームをプレイしてみますか・・・。

イメージ 2

イメージ 1

イメージ 2

GMT社の新作「Next War Taiwan」が到着した。
中共軍による近未来における台湾進攻を扱った作品である。
前作「Next War Korea」とシステム的にはほぼ同等だが、マップは前作のフルマップ2枚から今回はフルマップ1枚となり、ややプレイし易くなった。

登場するのは中共と台湾の他、当然のごとく米軍、その他日本、韓国、マレーシア、ヴェトナム、フィリピンといった南シナ海沿岸諸国が登場する。これらの諸国は海空軍を持っており、意外と侮れない(かもしれない)。
シナリオについては計8本で、内訳は練習シナリオ4本と上級シナリオ3本、そして海空戦練習シナリオである。この構成もNext War Koreaとほぼ同じ。

前作Next War Koreaは、上級シナリオのプレイ負荷が大きく、その割にバランスが今一つだったので対戦ゲームとしてはやや不向きであった。本作はマップが小さいので前作よりはプレイしやすそうに思えるが、果たしてバランス面はどうなのか。興味はつきない。

↑このページのトップヘ