もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:旅行・登山 > 観光地

岡城址を見た あと、車で阿蘇方面へ向かいました。竹田から阿蘇外輪山内の高森へは高森竹田線という県道が通っていますが、これがまた1台がやっと通れるぐらいの狭い道。前から車が来ないかとヒヤヒヤしましたが、幸い車が来ることはなかったです。
10km少しの狭い道を抜けて国道265線に出ると、そこは阿蘇の外輪山の内部。右手に阿蘇の内輪山の山々が綺麗に見えています。そんな阿蘇外輪山の中を少しドライブしてみました。

月回り公園

国道265線で高森市街に入る少し手前にある公園です。阿蘇の雄大な景観と温泉が楽しめるという公園。山と紅葉が綺麗だったので、立ち寄ってみました。

写真80
写真81
写真82


高森駅

JR九州の立野駅を基点とする第3セクター南阿蘇鉄道の終着駅。現在は2016年に起きた震災の影響で南阿蘇鉄道は未だに部分運行の状態。2023年度の全線復旧を目指しているそうです。がんばれ、南阿蘇鉄道。

写真83
写真84


立野駅

先に述べた南阿蘇鉄道の本来の始発駅がJR九州の立野駅です。ここはスイッチバッグのある駅としても知られており、JR九州豊肥本線の特急や鈍行がそこそこ頻繁に発着しています。私が行った時には折よくJR九州自慢の特急列車「あそぼーい」と「九州横断特急」が相次いで駅に入ってきたので、バッチリ写真を撮りました。

写真85
写真86


10月下旬から11月初旬にかけて北海道の美瑛周辺は美しいカラマツの紅葉に彩られます。今回は 3年ぶりに 美瑛のカラマツ紅葉を見に来ました。

今回はそのいくつかを紹介します。

前回まで --> こちら

(6)三愛の丘

美瑛の市街地から美瑛川を渡って南西方向に向かった所の高台にある景勝地です。

写真22
写真23


(7)拓真館周辺

拓真館周辺といっても結構広い地域です。拓真館から南東へ伸びる道を1kmほど進み、林の中に降りていく細い道から見る紅葉が素敵です。

写真24
写真25


(8)四季彩の丘

夏になると様々な花が咲き乱れる美瑛地区随一の景勝地。秋のこの時期は花は殆どありませんが、その代わりに紅葉が美しいです。

写真26
写真27
写真28


(9)十勝岳爆発遭難記念碑

美馬牛から上富良野方面へ向かう道路の途中にある場所です。十勝岳連峰と手前の紅葉が美しいです。

写真29


(10)ジェットコースターの道

美馬牛の駅から西南西方向に真っすぐ伸びる道があり、途中で国道237号線で少し曲がった後、国道を超えるとさらに真っすぐの道。この直進道路を通称「ジェットコースターの道」と呼ばれています。その付近からも紅葉と十勝岳の景観が良く見えます。

写真30
写真31


(11)新栄の丘

最後は美瑛と美馬牛の丁度間ぐらいにある高台。ここは夕陽が美しいので夕陽が見えそうな夕方にはいつも訪れています。今回も西の山に夕陽が沈む光景を見ることができました。

写真32
写真33


(12)再び美瑛を回る

翌日はやや曇天となりましたが、折角なので再び回ってみました。赤羽の丘、ジェットコースターの道、就実の丘等、昨日回った場所を再び車で回ってみました。 。

写真34
写真35
写真36
写真37
写真38


(13)(おまけ)十勝岳

10月下旬の十勝岳は完全に冬山の様相です。

写真39


Map2


10月下旬から11月初旬にかけて北海道の美瑛周辺は美しいカラマツの紅葉に彩られます。今回は 3年ぶりに 美瑛のカラマツ紅葉を見に来ました。

今回はそのいくつかを紹介します。

(1)就実の丘及びその周辺

朝、美瑛の町が霧に包まれていたので、標高の高い場所ということで就実の丘に向かいました。旭川空港から南へ真っすぐ進んだ所にあります。下界の紅葉と白銀に染まる旭岳が美しいです。

写真00
写真01
写真02
写真03

写真04

(2)赤羽の丘

上記就実の丘とは川を挟んで一つ向こう側の丘陵地帯です。美瑛の周辺にはこのような丘陵地帯が多く、景観的には素晴らしいのですが、自転車等で走るには苦労します。

写真05
写真06
写真07
写真08


(3)聖台公園

聖台貯水池という小さなダムがある公園です。スケール感はやや小さいのですが、色が多くて綺麗でした。

写真09
写真10
写真11
写真12
写真13


(4)藤野地区

以前にも紹介したカラマツの紅葉が美しいポイントです。美瑛駅から南東の方向にある小高い丘陵地帯で、紅葉と旭岳や十勝岳連峰の山々が美しい場所です。

写真14
写真15
写真16
写真17
写真18
写真19
写真20


(5)日の出橋

藤野地区から降りてきたところで美瑛川にかかる緑色の橋梁が日の出橋です。川岸の紅葉とその向こうに見える十勝岳連峰が美しい場所です。

写真21


つづく

Map1


十勝岳で紅葉を見た あと、美瑛に降りてきて少し散策をしました。

まず立ち寄ったのは美瑛滑空場。グライダーが離陸するための小さな飛行場です。かつては軽飛行機の離着陸にも使われていたようで、それなりに立派な滑走路が残されています。軽飛行機ぐらいなら十分に離着陸できそうです。


写真052
写真053


その少し下った所にあるのが藤野の高地。周囲より少し高くなったところで、美瑛の街や十勝岳の山々が綺麗に見える場所です。このあたりは秋が深まりカラマツの紅葉が色づき始めると、特に美しい場所です。

写真054
写真055


最後に立ち寄ったのが新栄の丘。ここも周囲の景観が美しい場所ですが、今回は特に日没の時間帯を狙って行ってみました。その日は幸い晴れていて、夕陽が山々の向こうに沈む光景が綺麗に見えました。

写真195
写真196


ナイタイ高原牧場は、十勝平野の北部、上富良野町にある大きな牧場です。山1つが丸々巨大な牧場となっている感じで、遥か彼方に牛たちが歩いているのが見えます。
この牧場は山頂付近が展望台になっていて、車で上がることができます。上士幌町中心部から牧場入り口までの距離は約5km。さらに牧場入り口から約7kmの山道を走って山頂部につきます。
山頂部からは牧場の景観を一望できる他、十勝平野一帯を眼下に見下ろすことができます。天気が良ければ、遠くに阿寒の山々も見えます。

昼間は山頂部がレストハウスになっていて、食事や喫茶を楽しむことができます。私が行った時にはまだオープンしていませんでしたが・・・。あとトイレの綺麗さも一見の価値ありです。

写真179
写真180
写真181
写真182
写真183

↑このページのトップヘ