もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:旅行・登山 > 観光地

前回レインボーブリッジの夜景を撮りましたが デジカメの性能が今一つだったので、別の機会にもう一度レインボーブリッジに行って夜景を撮りました。以下はその写真です。

写真10
写真11
写真12
写真13
写真14
写真15
写真16
写真17
写真18


ゲームマーケット2020秋 に参加した後、レインボーブリッジに立ち寄って夜景を撮ってみました。レインボーブリッジの他、東京タワーやスカイツリーが綺麗でした。スマホだったので細部が今一つですが、今度は一眼レフで撮っていたいです。

写真09
写真10
写真11
写真12
写真13
写真14


奥の院

高野山でカレーを食べた 後、奥の院に行きました。戦国時代の武将たち、前大戦で亡くなった方々、その他各界の著名人達のお墓がある場所です。そのいくつかを紹介します。

まずは武田信玄・勝頼親子

写真55


こちらは伊達政宗。武田家親子よりも豪華な感じがします。

写真56


明智光秀。今をときめく「麒麟」様です。謀反人にしてはそこそこ立派なお墓です。

写真57


石田三成。こちらもそこそこ豪華です。

写真58


結城秀康

写真59


豊美秀吉。場所的にはやや離れた場所にあり、場所も広くとってありました。さすがは天下人。

写真60


織田信長。こちらも希代の英雄ですが、お墓はかなり小さい。秀吉に遠く及ばず、明智光秀よりも小さいような・・・。

写真61


上杉謙信。何だか豪華。

写真62


徳川家霊台

徳川家康公のお墓は確か日光の東照宮にあったような。こちらの徳川家霊台について詳しいことは知りませんが、徳川家康公と二代目将軍徳川秀忠公が祀られていました。

写真63
写真64


高野山に登った時 に、当然ながらその後高野山観光をしました。
今回は11月の初頭だったことや、今年はやや紅葉が遅いという情報もあって、あまり紅葉は期待していませんでした。が、期待に反して高野山の紅葉は美しかったです。そのいくつかを紹介しましょう。

最初に紹介するのは、女人堂から400~500m程の場所にある、西室院、多聞院、南院といったあたりの紅葉です。青空の元、色々な色の紅葉が見事です。

写真a00
写真a01
写真a02
写真a03
写真a04
写真a05
写真a06
写真a07


次が高野山交番と中央案内所にある本王院前。ここの紅葉も規模は小さいものの、見事です。序にその近くの紅葉も紹介します。

写真a08
写真a09
写真a10


最後に紹介するのは、英霊殿の紅葉です。英霊殿というのは、その名前から恐らく戦争で亡くなった方を祀った場所と思われます。ここの紅葉を見るのは今回が初めてですが、なかなか見事でした。

写真a11
写真a12
写真a13
写真a14
写真a15
写真a16
写真a17
写真a18


4
内湾線と六家線を乗り潰した 後、一旦高鐵(台湾新幹線)で台北に戻り、コインロッカーに荷物を預けた後、向かったのが観光地で名高い九分です。現地時間1600過ぎに瑞芳駅に到着。そこからバスに乗り換えて15分ほどで観光地九分に到着です。九分の魅力は夜景の美しさなのですが、その日は生憎雨模様。しかも九分の山岳地帯に入れば入るほど雨が強くなってきます。結局人混みに紛れながらずぶ濡れになっただけで、殆ど得るものがない訪問でした。

写真13
写真14


気を取り直して基隆へ。瑞芳から一旦七猪駅に戻り、そこから基隆に向けて枝分かれしている路線に乗ります。基隆に着いたのは1820頃。冬場なので辺りは真っ暗。港町の夜景は格別でした。
写真15
写真16
写真17
写真18
写真19
写真21


(つづく)

↑このページのトップヘ