もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:日本国内 > 01首都圏

240402_弘法山

弘法山は、秦野市東部の標高235mの低山です。以前に紹介した渋沢丘陵と同様、山というよりはハイキングに近い感覚で歩けます。
今回、秦野駅から弘法山を経て鶴巻温泉に至る約6kmのコースを歩いてみました。桜はまだ三分咲きか五分咲きぐらい。だけど負荷のかからない低山歩きは気持ちよかったです。
おまけとして、帰りに小田原に立ち寄り、桜の咲く小田原城を見てきました。




3
弘法山をを歩いた 後に小田原に立ち寄った際に訪れたラーメン屋さんです。
小田原駅から徒歩5分ぐらいの場所にあり、交通の便は至極良いです。

今回は、名物のあごだしらーめん900円を注文しました。醤油味で魚介系の出汁がスープに中太麺のラーメンで、非常にスッキリした味わいでした。ゆで卵、チャーシュー、ネギ、ノリといった一般的な具材の他、ワンタンが入っていました。スープが美味しかったので飲み干しそうになりたくなります。

小田原駅近くの「どすん」。お奨めです。

お奨め度★★★



写真00
写真01

渋沢丘陵を歩いた 際に立ち寄った温泉です。
小田急鶴巻温泉から3分ぐらいの所にあり、交通の便は至極良いです。
平日料金は2時間800円。まあそんなものではないでしょうか。

平日の昼間にも関わらず結構沢山お客さんが来ていました。男湯はリタイア組がメインでしたが、サラリーマン風の若い男の人も来ていました。2階部分が大広間になっていて、昼寝ができます。ここには昼間から休めるオバサン達も来ていました。

お風呂の方は広めと内湯と露天風呂、そして綺麗な洗い場があります。他にサウナもありました。湯舟は広く、ある程度人数がいてもゆったりとできました。泉質は無色透明ですが、ちょっと塩味がしました。

首都圏が日帰りできる所にあり、交通の便も良いので、ちょくちょく行ってみたいです。

お奨め度★★★

写真05




4
渋沢丘陵を歩いた 際に立ち寄った魚料理の店です。
渋沢駅から3分ぐらいの所にあり、交通の便は至極良いです。

今回はビールと1000円のランチメニューを注文しました。
ランチメニューでしたが、焼き魚、刺身、お吸い物、総菜が3品と豪華です。ご飯と味噌汁ついています。 魚は焼き魚も美味しく、総菜類も美味しかった。焼き魚はのどぐろの一夜干しというやつでしょうか?。店の人に聞けばよかった。メッチャ美味しかったです。
ビールとの相性も良かったですが、ご飯との組み合わせも絶品です。これで1000円は絶対に安いです。

渋沢駅近くの「魚菜」。お奨めです。

お奨め度★★★★

写真00
写真01
写真02
写真03

写真04



240327_渋沢丘陵
渋沢丘陵は、秦野市南部に広がる丘陵地帯です。山としては低山に属し、山というよりはハイキングに近い感覚で歩けます。
低山で歩きやすい所ですが、富士山や丹沢の山々、美しい形をした大山、南に目を向ければ相模湾、さらに大井松田から足柄方面の箱根一帯も見渡すことができる景観の良さが魅力です。
さらに麓には鶴巻温泉があって、山歩きの後に温泉に浸かることもできます。

首都圏から気軽に出かけることができ、老若男女誰でも楽しめる渋沢丘陵を歩いてみました。




↑このページのトップヘ