もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:日本国内 > 01首都圏

ゲームマーケット2020秋 に参加した後、レインボーブリッジに立ち寄って夜景を撮ってみました。レインボーブリッジの他、東京タワーやスカイツリーが綺麗でした。スマホだったので細部が今一つですが、今度は一眼レフで撮っていたいです。

写真09
写真10
写真11
写真12
写真13
写真14


写真00

品川台場は、ペリーの浦賀来航後に江戸湾防衛の為に築かれた海上砲台である。第1~6台場まで存在していた。現在残っているのは第3と第6台場のみであり、人が入ることができるのは第3台場のみである。

写真01

レインボーブリッジへの遊歩道入り口付近からお台場海浜公園に入り、半島部を奥に進んでいくと、そこに第3台場がある。

写真02

城と言っても海岸要塞なので、天守のようなものはない。どちらかと言えば箱館五稜郭のような近代城塞である。正方形の外観。外側が小高くなっていて、そこに砲台を配置する。中は窪地になっていて、火薬庫や陣屋などがある。

写真03
写真04
写真05
写真06

レインボーブリッジに上がると、第3台場や第6台場が見えている。近代的なお台場一帯の風景と、古城跡のコントラスト。なかなかにシュールな眺めであった。

写真07
写真08


4
大船駅から少し離れた場所にあるラーメン屋さんですが、徒歩約5分程度なので歩いていくのに大きな苦労はありません。台湾風まぜそばがメインですが、ラーメンもあります。肉とネギ、卵に香辛料を混ぜた具材と濃厚スープ、そして太麺の組み合わせで食べる台湾風のまぜそばは絶品で、通常のつけ麺とは違った味が楽しめます。味付けも日本人好みに合わせてあるので、安心して食べられます。最後に食べる追い飯もまた良し。
今回は一番ベーシックな台湾風まぜそばを注文しましたが、次回は色々とトッピングしてみたいものです。

お奨め度★★★★


写真01
写真02
写真03

(この記事は7月29日書いています。ちなみにこの日、全国で初めて1日の感染確認者が1000名を超えました)
東京駅の地下にある「東京ラーメンストリート」。その一角にあるのが「xxxx」です。
塩ラーメンで有名な店とのこと。
定番の「xxxxラーメン」(だったかな?)を注文しました。
塩ラーメンですが、卵、チャーシュー、野菜類のトッピングがあり、さらにワンタンが入っているのが面白い。
塩味なのでクセがなく、ツルツルと気持ちよくラーメンが入っていく感じです。

という訳でラーメンは良かったのですが、感染対策はザルザル。
テーブル席に案内されたのですが、となりのテーブル(1~2メートルぐらい)では4人組の若造がマスクをつけずに大声で話しているので、食事もそこそこに逃げました。

お奨め度(味だけなら★★★)、感染対策がゼロに近いので今はお奨めできない。

写真1

3
写真66


群馬の沼田でとんかつを食べた あと、車で関越道に乗り、埼玉県へ移動しました。嵐山小川ICで高速を降り、向かったのが菅谷館。鎌倉時代に築城された城で、畠山氏の居城とされています。その後関東を巡る上杉氏の戦いや、北条と上杉謙信との戦いでも重要な役割を演じたそうです。

写真67
写真68

一見ただの草むらですが、所々に土塁や堀があり、中世の城跡らしい雰囲気があります。城の北側に嵐山史跡博物館があり、そちら側はなだらかなのですが、反対側の都幾川に面した方角は急激な斜面になっていました。南側に対する防御力がある城郭です(多分)。

写真69


城跡の西側には祠が立っており、西南戦争から大東亜戦争までの間に戦死した嵐山町出身者342名の霊を慰めるものになっていました。

写真70
写真71


かなり強い雨が降る中での城攻めでした。百名城はとにかく、続百名城になるとこんな感じの「ただの草むら」「ただの山」とか、「どう見ても鉄筋コンクリート造りの天守閣もどき」が多くなってきますね。それはそれで楽しいのですが・・・。

↑このページのトップヘ