もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:旅行・登山 > 登山

篠山は高知県西部、愛媛県との県境にある標高1065mの山だ。かつては土佐藩と宇和島藩が国境を巡って争ったという。

高知県西部、宿毛市内から国道56号線を北西に進み、愛媛県に入った所で右に折れて愛媛県道332号を北上する。最初は2車線の気持ちの良い道路だが、途中から道幅が狭くなる。離合が難しそうな山道。「対向車が来たら面倒だな」と思いながらも、工事車両と1度すれ違った以外は対向車なし。1時間ほどで8合目登山口に到着した。

写真08


駐車場には他に車の姿はなし。ひょっとしたら一人登山かも。そんなことを思いながらも歩き始めた。頂上までは1kmで片道30分ほど。登山というよりは軽いハイキングぐらい。その難易度から言えば、 かつて登った天王山 と同じぐらい。ただ急な山道や滑りやすそうな場所もあったので、慎重に登っていく。

写真09
写真10
写真11


30分ほど歩いて山頂に到着。山頂部は祠のようになっていた。頂上付近からは愛媛、高知の山々が綺麗に見えている。ただしそこには台風並みの強風が吹いていたので、そうそうに引き上げた。

写真12
写真13
写真14
写真16


帰りは来た道を引き返す。帰りの所要時間も30分弱。トータル1時間ほどの短い山旅であった。駐車場には車が1台しかなく、しかも途中で誰にも会わなかった。完全に誰もいない山旅だったのかもしれない。

写真17


今回は距離的に短い登山で、負荷的にも大したことはなかった。それでもたとえ短時間であっても山登りにはプレッシャーがあるし、登り終えた後の達成感もまは格別。なんやかんやと言っても登山は良いなあ。と改めて思わせてくれた登山だった。

[写真18]

英彦山は福岡県南部にある山塊です。元々は修験道の山で、戦国期には僧兵を擁して戦国大名と戦った様。今でも山中には神域になっており、山中に多くの神社があります。福岡市内から車で2時間弱、小倉からだと約1時間という距離なので、福岡県民にとっては高尾山や高野山のように手頃な山なのかも知れません。

福岡市内で朝にレンタカーを借りて出発。登山口までは2時間ほどかかりました。朝10時に登山口に到着。ここから登山開始です。

駐車場から奉幣殿と呼ばれる設備までは、アップダウンがあまりない道で前座といった感じ。奉幣殿は英彦山全域の表玄関ともいうべき場所で、比較的容易に到達できることから、登山者よりも観光客の方が圧倒的に数で上回っています。

写真34
写真35
写真36

奉幣殿で石段を登り切った先が登山道になります。登山道は綺麗に整備されていますが、いきなり急登になりそこそこキツイです。鎖場が2個所ほどありますが、大したことはありません。急登を過ぎるとゆるやかな登りになり、中津宮という建物がありますが、今回は素通り。しばらく歩くと休憩するに好適な広い場所に出て、ここが産霊社です。

写真37
写真38
写真39
写真40
写真41
写真42

ここからは長い石段が始まり、前方に建物が見えます。石段を伸び切った所が英彦山上宮。一見するとピークですが、本当のピークはコルを挟んだ向こうに見える南峰。登山者の大半は南峰までは行かずにこの上宮をゴールにするよう。

写真43
写真44
写真45

実際にコルに行くと予想外に楽ちん。10分程歩くと拍子抜けするぐらい簡単に南峰に到着します。山頂部は広くなっていて、弁当を広げて休む人達が沢山いました。

写真46
写真47

帰りは元来た道を戻ります。往路はバイパスした中津宮にも立ち寄ってみました。紅葉については山頂部や登山路はほぼ終わりかけ。落葉を敷き詰めた登山路が綺麗でした。

写真48
写真49
写真50
写真51
写真52
写真53

奉幣殿に降りてくると登山道とは打って変わって俗世に戻った感じ。登山道の入口付近で観光客らしき人に「この道はあとどのくらい続いていますか」と聞かれたので、山頂まで1時間ほどです、と答えると、絶句していました。

写真54
写真55
写真56
写真57
写真58
写真59
写真60

駐車場に戻ったのは13:30頃。往復3.5時間ほどの山旅でした。山歩きとしては短いですが、正直コースタイムから予想していたよりもキツイ山でした。客観的に見れば楽な山なのですが、そこは山登り。舐めるとキツイです。山全体の印象としては、麓から山頂まで色々な見どころがあって面白い山でした。福岡市街からも手頃な距離なので、九州の人々にとっては手軽にハイキングできる山なのではないでしょうか。

Map

コロナ禍の終息がなかなか見えてきませんが、それでも今年も・・・・、
「山登り、するぞー」

1-3月

・【100名山】西吾妻山、冬山登山
・【100名山】蔵王、冬山登山
・【100名山】浅間、冬山登山
・【100名山】茶臼岳、冬山登山
・【100名山】雲取山、冬山登山(2日)
・北八ヶ岳、冬山登山
・丹沢に登る
・積雪状態の大山に登る
・低山1つ以上
・未踏破の200又は300名山踏破
上記のうち3つ以上



写真00


4ー5月

・【100名山】金峰山~瑞牆山縦走(2日)
・【200名山】伯母子岳に登る
・【200名山】上蒜山に登る
・【200名山】三嶺に登る
・【200名山】笹ヶ峰に登る
・【200名山】桜島に登る
・【300名山】斑尾山に登る
・【300名山】笠ヶ岳(志賀高原)に登る。
・熊野古道を歩く
・低山で桜を楽しむ。
・上記以外未踏破の200又は300名山踏破
上記のうち2つ以上

イメージ 11


6-8月

・【100名山】幌尻岳登頂(3日)
・【100名山】北アルプス朝日岳、雪倉岳に登頂(3日)
・【100名山】北アルプス槍ヶ岳縦走(3日以上)
・【100名山】北アルプス雲の平縦走(4日以上)
・【100名山】吾妻山縦走(2日)
・【100名山】金峰山~瑞牆山縦走(2日)
・【100名山】十勝岳再登頂
・【100名山】晴天の燧ヶ岳に登頂し、尾瀬を歩く
・【200名山】霞沢岳に登る(2日)
・【200名山】西穂高岳に登る(2日)
・【200名山】能郷白山に登る(2日)
・上記以外で100名山、200名山等に登る
・礼文島をトレッキングする
上記のうち4つ以上



写真07


9-10月

・大雪で紅葉を見る
・裏剣で紅葉を見る
・槍沢+涸沢に登る(10月第2週を狙う)
・【100名山】立山に登る
・【100名山】浅間、前掛山に登る(秋の紅葉が綺麗とのこと)
・【100名山】谷川岳に登る
・【100名山】秋の八甲田山、早池峰、安達太良
・【100名山】秋の那須、奥白根、越後駒
上記のうち3つ以上



写真122


11-12月

・【100名山】伯耆大山で紅葉を見る
・【200名山】伯母子岳に登る
・【200名山】上蒜山に登る
・【200名山】桜島に登る
・【300名山】比叡山縦走
・熊野古道を歩く
・京都高雄方面を歩く
・低山で紅葉を見る
・低山縦走
・山スキー
上記のうち2つ以上

合計14件(14点)です。さらに以下のボーナスを設定しました。

・毎月1回以上山に登る +3点
・未踏破の100名山登頂 +3点
・以下のいずれかの条件に該当する山に登頂 +1点(最大5点)
 100名山
 アルプスの200、300名山
 未踏破の200、300名山

さてさて、どうなることやら・・・

例によって年始に立てた主要目標の達成状況について振り返ってみます。

1-3月

・【100名山】赤城山、冬山登山
・【100名山】西吾妻山、冬山登山
・【100名山】蔵王、冬山登山
・【300名山】三峰山(三重)
・北八ヶ岳、冬山登山
・丹沢に登る
・積雪状態の大山に登る
・低山1つ以上
・熊野古道を歩く
・未踏破の200又は300名山踏破
上記のうち3つ以上

結果:達成。冬からコロナが再び広がってきたので旅行はかなり怪しい状況でしたが色々と登ることができました。赤城山、蔵王、三峰、北八ヶ岳縞枯山、久住山、そして憧れの法華院温泉。本当に成果の多い冬でした。

写真04



4ー5月

・【200名山】桜島に登る ・【300名山】涌蓋山(九州)に登る ・【300名山】山伏(東海)に登る。
・【300名山】斑尾山に登る。
・【300名山】笠ヶ岳(志賀高原)に登る。
・低山で桜を楽しむ。
・上記以外未踏破の200又は300名山踏破
上記のうち2つ以上

結果:達成。4月に高尾山に登り、5月に九州涌蓋山に登りました。

KY07


6-8月

・【100名山】幌尻岳登頂(3日)
・【100名山】北アルプス朝日岳、雪倉岳に登頂(3日)
・【100名山】北アルプス槍ヶ岳縦走(3日以上)
・【100名山】北アルプス雲の平縦走(4日以上)
・【100名山】吾妻山縦走(2日)
・【100名山】十勝岳再登頂
・【100名山】晴天の燧ヶ岳に登頂し、尾瀬を歩く
・【200名山】霞沢岳に登る(2日)
・【200名山】西穂高岳に登る(2日)
・【200名山】東北-秋田、森吉山に登る ・【200名山】帝釈山(田代山)に登る。 ・上記以外で100名山、200名山等に登る
・礼文島をトレッキングする
上記のうち4つ以上

結果:一部達成。3つは達成したのですが、大本命の幌尻岳には登頂できず。

Aki00


9-10月

・大雪で紅葉を見る
・裏剣で紅葉を見る
・槍沢+涸沢に登る(10月第2週を狙う)
・【100名山】立山に登る
・【100名山】浅間、前掛山に登る(秋の紅葉が綺麗とのこと)
・【100名山】谷川岳に登る
・【100名山】秋の八甲田山、早池峰、安達太良
・【100名山】秋の那須、奥白根、越後駒
上記のうち3つ以上

結果:概ね達成(大雪、栗駒山、大山)。今年は東大雪の紅葉が素晴らしく美しかったです。また栗駒山の紅葉も素晴らしかった。そういった意味では有意義な山歩きでした。

写真121


写真45


11-12月

・九州の200名山、300名山に登る
・【200名山】九州、英彦山で紅葉を見る
・京都高雄方面を歩く
・低山で紅葉を見る
・低山縦走
・山スキー
上記のうち2つ以上

結果:完全達成(11月の英彦山、12月の山スキー)

まとめると、目標14件に対して達成11、代替2で達成率は93%になりました。
また「毎月1回以上登山」の目標も達成しました。ただし、今年の目玉にしていた百名山完全達成は、幌尻岳を制覇できなかったためお預けです。自己評価では84点で昨年と同じです。

来年は90点以上を目指しますが、特に幌尻岳は絶対に登りたいと思います。

それでは良いお年を。

山陰29

中国地方を代表する名山と言えば、鳥取県西部に位置する伯耆大山を置いて他にはないでしょう。海に近い独立峰なので麓からも良く見え、四季を通じて美しい山です。

そんな伯耆大山。10月の下旬に紅葉を求めて登ってみました。

登山口である大山寺の駐車場には06:40頃に到着。かなり早い時間でしたが、既に多くの車が停まっており、登山者の姿も見えています。さすがに日本百名山の一座にして中国地方最高峰は伊達ではありません。

駐車場から少し歩いた所に夏山登山口があり、そこから登山開始。登山道は綺麗に整備されていますが、登山者の数が多いのでノンビリ歩くといった風情はありません。林道の中の急登をひたすら歩きます。

山陰13
山陰14

1時間ほど歩くと行者登山道との合流地点があり、さらにそこから少し歩いたところが6合目の避難小屋です。携帯トイレブースもあります(300円なり)。

山陰15

6合目から8合目にかけては最後の急登になり、大きな岩がゴロゴロしている登山路を必死に登ったら、そこが8合目。8合目から先は緩やかな木道になり、大山の景観を思いきり堪能できます。

山陰16
山陰17

山頂である弥山山頂に着いたのは9:15頃。所要時間は正味2.5時間ぐらい。コースタイムよりは30~45分ぐらい早かったと言えます。ちなみに大山の本当の最高峰は弥山の向こうに見える剣ヶ峰ですが、現在は登山道が崩落しており、登山者の立ち入りは禁止されています。

山陰18
山陰19

15分程ゆっくりした後、下山開始。帰りは登り登山者との待ち合わせ場面が多く、思いのほか時間がかかります。下から登ってくる登山者も今日は団体さんが多く(多分、コロナの緊急事態宣言が明けたため、人がどーっと出てきた感じ)、そんなこんなで6合目の避難小屋までは1時間近くかかってしまいました。

山陰20
山陰21

6合目から先は行者登山道方面へ。こちらは途中で元谷という景観の良い所を通ります。今回は曇っていたのでややくすんだ感じですが、それでも大山の迫力ある北壁は一見の価値があります。

山陰22
山陰23

元谷まで降りてきた後は、基本的にはほぼ水平の登山路になり、今までのような急坂はありません。しばらく歩くと大神山神社の境内に到着。そこからは参道歩きとなります。

山陰24
山陰25
山陰26

途中の食堂で大山そばを食べました。

山陰27
山陰28

駐車場に戻ったのは12:30頃。途中の食事休憩や参道散策などを合わせて約6時間の山歩きになりました。

今回期待した紅葉については、残念ながら外れです。15年ほど前に登った時には丁度同じ時期だったのに紅葉はもう麓まで降りてました。この15年で温暖化が確実に進んだということになるのでしょうか・・・。

今回紅葉は取れませんでしたが、紅葉を狙ってリベンジするかどうかは今の所は未定です。

山陰30

↑このページのトップヘ