もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:日本国内 > 04甲信越

x240613a_入笠山に登る

入笠山は、南アルプス前衛にある標高1955メートルの山です。
山麓にはいくつかの湿原があり、そこには美しい花々が咲き誇っている花の名山です。
今回、入笠山に登ってきたので、動画化してみました。
花オンチの私ですが、よろしければご覧ください。


3
旅行中に小出駅前に宿泊した際に夕食のため立ち寄ったお店。駅のすぐ目の前にあり、土日も普通に営業しているのでありがたいです。ちなみに小出の市街地は駅から離れた場所にあるので、駅前すぐにある店は有難い。

今回はビールと鍋焼きうどんを注文した。鍋焼きうどんはオーソドックスな味だけど美味しかった。またビールのお通しに出てきた冷奴は美味しかった。

このお店の名物は、地元出身の女将のお話である。元鉄道マンの娘さんだった女将は、上越線沿線の鉄道について実に詳しい。今では半無人駅となっている小出駅も、国鉄時代には70人もの職員が勤めていたという。そういった地元の人しか知らない話をたくさん聞けるのもこのお店の魅力だ。

お奨め度★★★

写真17




青春18きっぷで行こう '23~'24 (JTBのムック)
旅と鉄道2023年増刊9月号 スペーシア Xで行く日光・鬼怒川温泉の旅 [雑誌]
旅鉄BOOKS044 死ぬまでに一度は乗りたい感動の鉄道絶景


3
写真11


これも旅の途中で立ち寄った所で、越後湯沢駅から徒歩3分ぐらいの所にある公衆温泉である。駅からはアーケードが完備されているので、雨の日でも雪の日でも問題なく歩くことができる。
入浴料は400円という破格の安さ。しかも中にはちゃんと石鹸やシャンプーの備え付けられている。
設備は内湯のみだが、浴室は結構広く、そこそこ大勢来ても十分にゆったりできる。泉質は無色無臭。湯上りはちょっとしたすべすべ感があってすっきりする。

新幹線駅のすぐ近くで利便性が良いので、機会を見つけて再利用したい温泉だ。

お奨め度★★★



青春18きっぷで行こう '23~'24 (JTBのムック)
旅と鉄道2023年増刊9月号 スペーシア Xで行く日光・鬼怒川温泉の旅 [雑誌]
旅鉄BOOKS044 死ぬまでに一度は乗りたい感動の鉄道絶景


240106_会津から帰宅

新年早々、少し大きめの鉄道旅行をしてきました。
「北海道東日本パス」を使った北海道から首都圏までの鉄道旅行です。
「北海道東日本パス」というのは、JR北海道、東日本区域の普通列車を7日間連続で乗り放題になる切符のことで、青春18切符に似ているけど、青春18切符とは異なってJR北海道、東日本区域でしか使用できません。また18切符のように飛び飛びの日付では利用できず、連続7日間という縛りがあります。
ただし7日間で11330円という価格設定は、青春18切符の5日間で12050円よりも割安。さらに青春18切符では乗車できない一部の第3セクター線にも乗車できる上、自動改札を通過できるのが嬉しい所です。

今回、「北海道東日本パス」を使った長距離旅行に挑戦してみました。鈍行列車だけで北海道から首都圏を目指しつつ、様々な所に寄り道していきます。
どんな珍道中になるのか、ご期待ください。

今回はその第6日目。会津若松からスタートします。



おとなの青春18きっぷの旅 至高の列車紀行 (TJMOOK)
青春18きっぷパーフェクトガイド2023-2024 イカロスMOOK
おとなの青春18きっぷの旅 ベストセレクション
日本の名湯を旅する 東北編 (JAF出版社温泉ガイド)
一生に一度は行きたい温泉100選 (TJMOOK)


230909_栃木

夏の青春18切符が1回分残っていたので、宇都宮方面に日帰り旅行に行ってみました。
メインは新たに開業したライトレールだったのですが、それだけだとさすがにつまらないので、
東武鬼怒川線を走る観光列車にも乗ってみることにしました。
宇都宮や日光・鬼怒川を走るおもしろ鉄道の旅をお楽しみください。




↑このページのトップヘ