もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:日本国内 > 04甲信越

写真23_Map


2021年12月のとある休日、青春18切符を使って甲信越を旅行しました。
前回は 東京から高崎に出て、そこから上越線、飯山線、篠ノ井線、中央東線を通って上諏訪に至るまでをレポートしました。
今回はその続きで、上諏訪から飯田線経由で豊橋に出て、東海道線経由で帰宅するまでを扱います。

飯田線

上諏訪温泉の宿を少し遅めに出発。上諏訪発0922の豊橋行きに乗ります。JR東海312系の3両編成。新快速等でも使用されている比較的新しい車両です。ロングシートではなくクロスシートが嬉しい所。そういえば飯田線ってローカル線のイメージが強いのですが、一応電化されているのですね。

写真24
写真25
写真26

上諏訪発車後2駅目が岡谷。ここが事実上の飯田線との分岐駅になります。近くには中央高速岡谷JCTがあり、駅のすぐ近くには長野自動車道の巨大な橋脚が見えています。

写真27
写真28
写真29


岡谷で中央本線と別れますが、2つ先の辰野駅が本当の意味での中央本線との分岐駅です。辰野はかつて中央本線の特急列車が走っていましたが、岡谷・塩尻間でみどり湖経由のトンネル線が開通したため、主要ルートから外れてしまった駅です。ここの駅から先はJR東海の管轄区域に入るので、乗務員が交代します。

そこから列車は飯田線沿いを南下しますが、それが遅いのなんの・・・。駅が多いため速度が出せず、しかも頻繁に停車するので停車時間も馬鹿にならない。この「遅さ」が飯田線の魅力と言えばそうかもしれませんが、それにしてもねぇ・・・
因みに下の写真は途中駅宮田で停車中に撮った写真です。この駅では8分停車。他にも30分以上とかいう長~い途中停車はないものの、2分程度の停車は結構たくさんありました。

写真30
写真31


車窓に見えるアルプスの山々も撮ってみました。

写真32
写真33


出発して約3時間で伊那谷の中心都市飯田に到着。さらに約30分で天竜峡に到着。このあたりが伊那谷の最南端。行程も漸く半分ほどです。

写真34


天竜峡から先は天竜川の渓谷地帯に入っていき、飯田線の中でも最も景観の良い所です、また途中に秘境駅として知られている田本、為栗、中井侍、小和田等の駅があります。また途中の平岡駅は南アルプス方面へ向かうバスが出ており、同方面の拠点駅となっているようです。

写真35
写真36
写真37
写真38


渓谷を抜けると水窪(みさくぼ)という集落に到着。このあたりはもう静岡県で、浜松市の天竜区に含まれるそうです。とはいえ豊橋まではまで2時間以上もあり、まだまだ先は長いです。

写真39


列車は中部天竜に到着。ここで約7分の停車時間があります。この中部天竜にはかつて佐久間レールパークと呼ばれる鉄道施設がありましたが、名古屋に大きなリニア館が出来たため、閉鎖になったそう。

写真40
写真41
写真42


中部天竜から先は鄙びた田園風景の中を走ります。今までのような人離れた感は減りましたが、ノンビリとした温泉風景を見ながら走るのも悪くはないです。そんなこんなで列車は「長篠の戦」で有名な本長篠に到着。この辺りはもう愛知県東三河です。

写真43
写真44


時間があれば長篠城を見学するのも良いのですが、今日はちょっと時間に余裕がないのでそのまま出発。太陽が西の空に傾きつつあるのを見ながら、一路最終目的地の豊橋へ向かいます。

写真45


終点豊橋には1620頃に到着。1日がかりの飯田線全線完乗が終わりました。

写真46


東海道線

豊橋からは東海道線を東に向かいます。浜松、静岡、熱海で乗り換えて、途中の静岡で夕食の予定です。

写真47



ところが浜松を出て次の天竜川の駅前に美味しそうな台湾まぜそばの店があるではないですか。ネットで調べると結構高評価。これを見逃す手はないということで、次の豊田町の駅で列車を降り、下り列車に乗り換えて天竜川で下車しました。

写真48


まあ、 お店のことは後日報告します 。で、天竜川に戻って再び東に向かいますが、静岡から先で人身事故があったらしい。そのせいで静岡~沼津間で遅れが発生しているという。どの程度の遅れかわかりませんが、巻き込まれるのも嫌なので、掛川から新幹線でワープ。プチ贅沢です。

写真49


という訳で、今回の旅は無事終了しました。

「麺屋宮坂商店」は、JR中央東線上諏訪駅からすぐの所にあります。店内はカウンター席とテーブル席が3つほど。コンパクトです。

醤油味の味玉ラーメン(785円)を注文。中太の縮れ麺にチャーシュー、玉子等がトッピングされています。醤油味のスープと縮れ麺との組み合わせは絶品。以前はこってり系ラーメンに目がなかった私ですが、今はこの手のアッサリ系ラーメンも美味しいです。

店内は昭和の雰囲気が漂うレトロ調。店内で流れているBGMも昭和時代のCM音楽等が主体でレトロな雰囲気を盛り上げています。

駅に近く、深夜まで営業している店なので、近くに来た時には立ち寄ってみては如何でしょうか。

お奨め度★★★★

写真20
写真21
写真22



写真00_Map
2021年12月のとある休日、青春18切符を使って甲信越を旅行しました。
今回紹介するのはその前半部分。東京から高崎、水上を経由して越後川口に出て、越後川口からは飯山線に乗って千曲川沿いに雪景色の中を長野へ。長野からは篠ノ井線、中央線を経て、その日の宿、上諏訪まで移動します。

首都圏を高崎まで

自宅のある神奈川県の某所から今回の旅は始まります。18切符でも乗車可能なグリーン車に乗ってまずは群馬県の高崎へ。特記事項は特にないのですが、グリーン車の車販嬢が好みだったので、思わずビールを買ってしまいました。

写真01


車販嬢の売上って個人差がありそうに思うのですが、やはり美人が有利なのでしょうかね。時々男性の車販担当が回ってくることがあり、そういう場合はパスすることが多いのですが、車販担当によってどれぐらい売上に差があるのか、少し気になる所ではあります。
とても残念なことに車販嬢に友達がいないので調べようがないのですが・・・。

高崎-->水上-->越後川口

高崎からは上越線の水上行に乗り換え。この上越線は高崎~水上の区間と水上~長岡の区間に大きく区分されます。前者は比較的運行されている列車数が多く、乗車率も高い様子。また渋川~水上間は列車本数が減るので、水上まで直行する列車はいつも乗車率が高いようです。

写真02


この路線、赤城山や榛名山、水上に近づくと谷川岳が見えるという山岳景観が魅力の路線です。ただ残念なことにロングシート車両が多く、なかなか景観をゆっくり楽しむという訳には行かない所がやや残念。

写真03


1時間ほどで群馬県最北端の水上に到着。ここから接続良く長岡行きが出ています。18切符ユーザーは皆知っているようで、18切符の時期は乗り換えを急ぐ人たちが跨線橋に殺到します。私はと言えば、幸いなことにボックス席の窓際席をゲットできたので、高崎で購入していた「だるま弁当」(1,100円)をここで頂くことにします。達磨の形をしたユニークな容器に詰まっただるま弁当は、山菜や鶏肉がてんこ盛りの一品。量的には決して多くはありませんが、とても美味しいお弁当です。

写真04
写真05

川端康成の小説ではないのですが、谷川岳の下を抜けて新潟県に出ると、そこは一面の雪景色。わかってはいてもこのギャップにいつも驚かされます。こういう景観を見ると、やはり「鉄旅は楽しいなぁ」と思わずにはいられません。

写真06


越後川口-->長野

越後川口からは1310発の飯山線戸狩野沢温泉行きに乗ります。キハ110系の1両編成。車内は比較的空いており、特に途中の十日町を過ぎると本当にお客さんが少なくなりました。

写真07


千曲川が良く見える左側席をゲット。ノンビリと流れる川面を眺めます。この路線は日本でも有数の豪雪地帯。地元の人たちにとっては大変ですが、旅行客は呑気なもので、「まだまだ雪が少ないなぁ」等と好き勝手な感想を抱いております。

写真08
写真09
写真10

途中の戸狩野沢温泉には1500前に到着。そこで30分程の間があって長野行き列車に乗り換えます。こういう所で列車を待っていると、「あーあ、今晩は野沢温泉で1泊するのも良いかな」等と思ってしまいます。

写真11
写真12


戸狩野沢温泉から先は飯山、豊科を抜けて長野へ。飯山は北陸新幹線の駅が出来て駅前が随分と立派になりました。昔はもっと田舎の駅っぽい感じだったのですが・・・。また飯山から先の千曲川も深い雪景色を堪能できます。

写真13


長野に着いたのは1700前頃。辺りはすっかり暗くなっていました。

写真14
写真15


長野-->上諏訪

小腹が空いたので長野駅で軽食を購入。残り2時間半の旅に備えます。長野発は1717発の大月行き。篠ノ井線で松本に出て、塩尻から中央東線に入る列車です。最近は中央東線と長野を直接つなぐ列車が増えました。因みに車内は旅人にとって嬉しいボックス席。
辺りはもう暗くなっているので風景を楽しむような状況ではありません。途中の姥捨駅は日本三大車窓の1つと言われている景勝地。既に夜でしたが、遠くに見える長野市街の灯が綺麗でした。

写真16
写真17


という訳で上諏訪に着いたのは1930頃。今日の宿は温泉地として有名な上諏訪温泉です。

写真18
写真19

つづく

4
新潟駅前の「富寿司」。これまで何度か紹介してきましたが、何度行ってみても美味しいお寿司屋さんです。値段は寿司なのでそこそこしますが、目玉が飛び出る程ではなく、寿司としてはリーズナブル。ビール1杯と寿司セット、それに何品か追加しても税込で3000円ちょっと。回転寿司に似た感じで本格的なお寿司を楽しむことができます。

新潟に来たらやはりここに立ち寄りたいですね。

Nigata08
Nigata09
Nigata10
Nigata11

お奨め度★★★★

3
JR弥彦線の終点弥彦駅。弥彦神社への参拝口として知られている駅です。その弥彦駅の目の前(徒歩1~2分)にある料理屋が「やまぼうし」です。

Nigata00

注文したのは海鮮わっぱ飯。暖かい御飯に鮭、イクラ、鯛等がたっぷりと載せられていて贅沢な一品です。アツアツの御飯と漬物との組み合わせもまたよし。こんな贅沢なワッパ飯をありかな、と思いました。

Nigata01
Nigata02

店から歩いて10分ぐらいの所に弥彦神社があります。丁度新緑の時期。青い緑と神社の建物が良い感じでコラボしていました。森林浴が気持ち良いです。

Nigata03
Nigata04
Nigata05
Nigata06
Nigata07

お奨め度★★★

↑このページのトップヘ