もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:日本国内 > 05東北

240211_会津只見旅行3b

2月上旬は1年のうちで最も寒い時期です。そんな中、2日3日で会津只見方面へ鉄道旅行へ出かけました。
会津・只見地方は日本でも有数の豪雪地帯。「雪の一番多い季節」に「雪の一番多い場所」へ行くということです。
果たしてどんな旅行になるのでしょうか



青春18きっぷで行こう '23~'24 (JTBのムック)
旅と鉄道2023年増刊9月号 スペーシア Xで行く日光・鬼怒川温泉の旅 [雑誌]
旅鉄BOOKS044 死ぬまでに一度は乗りたい感動の鉄道絶景


240211_会津只見旅行2

2月上旬は1年のうちで最も寒い時期です。そんな中、2日3日で会津只見方面へ鉄道旅行へ出かけました。
会津・只見地方は日本でも有数の豪雪地帯。「雪の一番多い季節」に「雪の一番多い場所」へ行くということです。
果たしてどんな旅行になるのでしょうか



青春18きっぷで行こう '23~'24 (JTBのムック)
旅と鉄道2023年増刊9月号 スペーシア Xで行く日光・鬼怒川温泉の旅 [雑誌]
旅鉄BOOKS044 死ぬまでに一度は乗りたい感動の鉄道絶景


4
ソースカツ丼は色々な所で「地方グルメ」の1つとなっていますが、会津若松でもソースカツ丼は地元のB級グルメの1つと認定されています。
今回訪れた「桐」は、会津若松市内中心を走る国道118号線。そのアーケード街の中にあります。近くには「野口英世青春館」や「やすらぎミュージアム」等があり、会津若松市内の中心地と言って良い場所です。

今回注文したのは、一番ベーシックなソースカツ丼900円です。ご飯の上にキャベツととんかつを載せただけというシンプルなメニューです。しかしこのとんかつが滅茶旨い。肉が柔らかくてコロモがサクサクというまさに美味しいとんかつの定番という味。ソースとの相性も抜群で、ソースカツ丼特有の「くどさ」をほとんど感じません。本当にご飯がサクサク進むといった感じです。

会津若松にはこれまでに何度も行きましたが、まだまだ開拓できていない所がありそう。もっといろいろな場所を探してみたいと思います。。

お奨め度★★★★

写真03
写真04
写真05





青春18きっぷで行こう '23~'24 (JTBのムック)
旅と鉄道2023年増刊9月号 スペーシア Xで行く日光・鬼怒川温泉の旅 [雑誌]
旅鉄BOOKS044 死ぬまでに一度は乗りたい感動の鉄道絶景


会津田島は福島県南部南会津町の中心駅で、東京方面からは、浅草発の東武線特急「リバティ」が、1日数往復運転しています。また北に向かえば、会津鉄道経由で会津若松、さらに郡山、福島方面へも移動でき、ある意味「交通の要所」というべき駅になっています。
そんな会津田島駅から徒歩5分ぐらいの所にあるのが、今回紹介する「梅よし」です。
店内はテーブル席が2つだけという小さなお店。私が訪れた時には、丁度2組食事中でした。
今回注文したのは、「上鰻重」で税込3700円。このお店で一番高いメニューです。「上」と「並」の違いは、鰻の量が違うとのことでした。
鰻は柔らくて食べやすく、また、タレの味が染み込んだご飯との相性も抜群です。少しご飯が少なめなのが気になる所ですが、鰻の方がボリューム感があるので、満足度は十分(若い人には少し物足りないかも・・・)。値段分の価値はあると感じたお店でした。

会津田島駅周辺には、他にも美味しいお店が沢山あり、機会を見つけて紹介したいと思います。

お奨め度★★★★

写真00
写真01
写真02




青春18きっぷで行こう '23~'24 (JTBのムック)
旅と鉄道2023年増刊9月号 スペーシア Xで行く日光・鬼怒川温泉の旅 [雑誌]
旅鉄BOOKS044 死ぬまでに一度は乗りたい感動の鉄道絶景


240210_会津只見旅行1

2月上旬は1年のうちで最も寒い時期です。そんな中、2日3日で会津只見方面へ鉄道旅行へ出かけました。
会津・只見地方は日本でも有数の豪雪地帯。「雪の一番多い季節」に「雪の一番多い場所」へ行くということです。
果たしてどんな旅行になるのでしょうか



青春18きっぷで行こう '23~'24 (JTBのムック)
旅と鉄道2023年増刊9月号 スペーシア Xで行く日光・鬼怒川温泉の旅 [雑誌]
旅鉄BOOKS044 死ぬまでに一度は乗りたい感動の鉄道絶景


↑このページのトップヘ