もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:日本国内 > 10九州

4
写真24
写真25
写真26


飫肥城を見学した あとで立ち寄ったのが「武家屋敷伊東邸」です。飫肥城からの所要時間は徒歩5分ぐらい。大手もを出て最初の信号を右に曲がった左手にあります。

飫肥では唐揚げと厚焼き玉子が有名ということなので、厚焼き玉子定食を注文しました。大きな玉子焼き、お新香、小鉢が数種、味噌汁、そして食べ放題のサラダとライスが付いてきて、これで税込1000円というのは、絶対「安い」。

玉子焼きは甘く味が付けられており、お箸でつまんで食べると、口の中に厚焼き玉子の甘い食感が広がってきます。甘いといってもこれが御飯と実によく合う。思わず御飯が進む味です。副食類やサラダも十分に美味で、本当にこれで1000円かと思う程。店内の雰囲気も落ち着いた感じで居心地が良く、店員さんも親切で、とても良い感じの店でした。

南九州日南の飫肥にある郷土料理の店「武家屋敷伊東邸」。今度は玉子以外のメニュー(例えば海鮮もの)も味わってみたいです。

お奨め度★★★★

(今年2月の記録です)

宮崎県南部、日南市にある飫肥城は、九州南部を治めた伊東氏の城郭です。Wikipediaによれば、この飫肥城を廻り、伊東氏と薩摩の島津氏とは100年以上にも渡って争いを繰り広げたそうな。

写真14


JR九州日南線の飫肥駅から徒歩約15分。駅から出て左手に向かい、酒谷川の橋を渡ると、そこからは飫肥の市街地です。しばらく歩くと飫肥城へ向かう看板があり、それに従って右に曲がると、道は昔の武家屋敷の風情になってきます。正面には飫肥城の大手門が・・・。

写真15
写真16


飫肥城の魅力は大手門の見事さで、正面の白壁と本丸に続く石段が見事な造形美を形造っています。石段を登り切った所が飫肥城の大広間にあたる所ですが、大手門の見事さと比べるとやや拍子抜けした感じが・・・・。それにしても3月の早い時期だったにも関わらず、桜がチラホラ咲いていたのはさすが南九州。

写真17
写真18


帰りは途中で食事をし、武家屋敷を見ながらノンビリ駅へ向かいました。途中小村寿太郎生誕地や小村寿太郎生家などがあり、明治を代表する外交官とこの飫肥との関わりの深さを物語っております。

写真19
写真20
写真21
写真22
写真23


お奨め度★★★★

4
写真09
写真10
写真11
写真12
写真13


(2月の終わりに行きました)

大分の佐賀関といえば、関サバ、関アジで有名。そんな佐賀関にある有名店が「吉田会館」です。
JR日豊本線の幸崎駅から約2.6km。バスが1時間に1~2本出ています。タクシーを使えば片道1000円弱かな。
私が注文したのは魚のコースで、定番の関サバ、関アジはもちろん、海老や貝、魚の煮物、天ぷら、茶わん蒸し、味噌汁等、これでもかこれでもか、といった感じで魚が出てきました。私は宿泊コースだったので、料金は宿泊料込みで7150円でした(含む消費税)。ちょっとしたビジホの宿泊料で魚が腹いっぱい食べられるので、個人的には大満足でした。

お奨め度★★★★

3
(2月の終わりに行きました)

大分駅から歩いて15分ぐらい。国道沿いにあります。
城跡といっても天守閣のようなものはありませんが、何故か天守閣の形をした櫓が組み上げられていました。復元天守閣でも作っているのかな?。
内部は公園になっていて特に見どころはないのですが(失礼)、駅の反対側にある堀と石垣は迫力がありました。

写真02
写真03
写真04
写真05
写真06
写真07
写真08

3
写真00
写真01


大分駅から徒歩10分ぐらいの場所にある郷土料理の店です。
大分駅近くでは人気店の1つで、いつ行っても客であふれているのですが、例のコロナウィルス騒ぎの影響からか、私が行った時にはガラガラでした(ちなみに私が訪ねたのは4年に1度の「肉の日」)。
折角大分に来たのだから、関サバ、関アジを食べてみよう。関サバ、関アジの寿司があったので、セットで注文しました。コリコリしたサバ、柔らかいアジの組み合わせが絶妙でした。

お奨め度★★★

↑このページのトップヘ