もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:読書 > ミリタリー

4

190814シミュレーション日本降伏


シミュレーション日本降伏-中国から南西諸島を守る「島嶼防衛の鉄則」

北村淳 PHP研究所

かつての冷戦時代、日本の海上自衛隊は世界第3位の海軍であると喧伝されていた時期がある。その頃中国海軍といえば、旧式艦ばかりでとても海上自衛隊に太刀打ちできる状態ではなかった。しかし時代は変わった。現在の中国海軍は空母、原潜、イージス駆逐艦等を多数揃え、量的な面のみならず質的な面でも海上自衛隊を凌駕するに至った。状況は空でも同じで、航空機の質量両面で航空自衛隊は中国空軍に対して著しい劣勢を強いられている。そのような状況下で中国共産党指導部が南西諸島獲得を企図したらどうなるのか・・・。
本書での筆者の主張は以下のように整理できる。
まず純粋な海空兵力を比較した時、日本の海空兵力は中国軍の敵ではなく、尖閣や南西諸島で日中が海戦を行えば日本側には勝機はない。そのために日本側の頼みは米軍の来援だが、米軍が尖閣諸島や南西諸島を巡る戦いにおいて安保条約を発動して日本を助ける蓋然性は低い。従って日本が中国の侵略から自国を守るためには、中国の海空兵力に対抗できる防衛戦力を整備する必要がある。
筆者曰く、平和ボケの根源は米軍依存(「いざとなったらアメリカ軍が助けに来てくれる」)であり、米軍依存の原因が平和ボケにあると。この無限ループを抜け出さない限り日本に未来はないと。
日本は民主主義の国だから様々な考え方が許されている。軍事力を絶対悪と見る向きには「平和ボケで何が悪い。戦争よりは平和ボケの方が絶対マシ」という考え方もあろう。そういった考え方に則れば、現在の「アメリカ属国状態」から例えば中国や統一朝鮮の属国状態になっても一向に構わない、と考える向きもある。
しかし本書の著者はそのような考え方は取らない。日本が真の独立国になるためには、日米関係は維持しつつ日本が自力で他国の侵略から自国国土を守り切れるようにすることを主張する。そしてそのことが「無限ループ」からの脱出する方策だという。

私はといえば、筆者の主張に100%同意する訳ではないが、少なくとも中国や統一朝鮮の属国にはなりたくないと思う今日この頃である。

お奨め度★★★★

4

190812_日韓戦争


日韓戦争を自衛隊はどう戦うか

兵動二十八 徳間書店

日韓戦争が現実味を帯びてきました、と書けば炎上するかもしれないが、全く有り得ない話でないことについては多くの同意が得られると思う。事実、韓国の軍事装備、特に海軍装備は明らかに対日戦を指向していると疑わしいものがある。某強襲揚陸艦などはその最たる例で、艦名からもその意図は明らかだろう。あるいは、日本には戦争に訴える気概がないと見透かされて(竹島の一件が良い例である)、俗っぽい言葉で言えば「韓国が日本を舐めて」いたともいえる。
しかし冷戦時代は遠く過ぎ去り、アメリカもかつての圧倒的な軍事・経済力を失いつつある昨今、国益を守るために我が国が「普通の国」になることは避けられない必然。その過程で相変わらず日本を舐めまくっている韓国と我が国が武力衝突の事態に発展する可能性はある。そのような事態は望ましいものではないが、そのような事態に備えて(あるいは予想して)事にあたることは無益ではない。
本書は、日本周辺の儒教圏3国家(中共、北朝鮮、韓国)が共同で日本に対して軍事的挑発乃至は軍事的冒険を仕掛けてきた場合を想定した著作である。筆者曰く、陸上自衛隊の装備を軽攻撃機(A-29スーパーツカノのような)中心に再編成せよ。そして現在の軍事状況では役に立たない攻撃ヘリやオスプレイを廃止せよ。と説く。スーパーツカノが良いか悪いかは別として、実戦ではあまり役に立たないと思われるBMD装備よりはこちらの方が良いかもしれない。そのあたりは読者の感想はそれぞれだろう。
ただ、結論が案外平易なのにも関わらず、そこに至る過程がやや長すぎる。世界各国における攻撃ヘリの運用について延々とページを割いているのだが、果たしてこれだけのページが必要だったのか否か。
まあ、読んでいて面白かったので良いけどね。

お奨め度★★★★

世界の艦船2019年8月

海人社

前回購入したのが2018年2月号なので、1.5年ぶりの購入である。特集は「近未来のアメリカ艦隊」ということで、例によって特集記事が面白そうなので購入した。冷戦終結後、量的には減少の一途にある米艦隊。質的な面でも1990年代から運用を続けているアーレイバーク級駆逐艦、1980年代当時の新鋭艦ロスアンゼルス級攻撃型原潜、1975年就役の原子力空母ニミッツ等、その主力は冷戦時代の技術レベルだ。21世紀の新鋭艦であるフォード級空母、ズムウォルト級駆逐艦、フリーダム/インデペンデンス級沿海戦闘艦等、いずれも様々な課題に直面して苦しんでいる。そのような状況下でアメリカ艦隊の描く未来図はどのようなものか。将来予想される脅威は何か。成長著しい中国海軍とどのように向かい合っていくのか。そういった課題について様々な視点から分析がなされている。他にもロシアの「超」兵器についてや、海上自衛隊が導入を計画している哨戒艦についての記事もあって興味深い。期待に違わぬ内容であった。

お奨め度★★★

190717_世界の艦船


3

空母を持って自衛隊は何をするのか

兵動二十八 徳間書店

朝鮮半島危機があったのが2017年。その後の平昌五輪等で一旦危機は去ったかに見える。しかし北朝鮮による核放棄は一向に進展せず、米朝交渉も行き詰まったままだ。本書はそのような情勢下で日本の安全をどのように保っていくかについて考察した著作である。
本書は同じ筆者による他の著作と同じく歯に衣着せぬ言い回しが気持ち良い。北朝鮮の核兵器開発の実態、ロシア・プーチンの脅威、北方領土の行く末について筆者が独自の視点から解説している。特にBMD(弾道弾迎撃システム)の実態、北朝鮮の切り札=ダーティボム、国防とインフラの関係等については一見の価値ありだ。

お奨め度★★★

190624_空母を持って

4

戦闘の科学-軍事ORの理論

飯田耕司 三恵社

オペレーション・リサーチズ(OR)。元々はWW2中に軍事作戦の有効性を定量的に評価し、最適な意思決定を支援するために生み出された学問である。その後ORは、軍事面のみならず非軍事面へと適用範囲を拡大させ、今では軍事・非軍事分野を問わず様々な意思決定を支援するために広く用いられている。本書は、軍事ORの中から捜索理論、射爆理論、交戦理論を取り上げ、その内容を数式を交えて紹介している。
正直なところ、本書はかなり難解である。数式が多用されており読みこなすのはかなり厳しい。丁度理系大学生の教材に近い趣きがある。私自身、全部を読み解くことはせず、必要な部分以外は流し読みである。従って本書の内容について10%も理解できていないのが偽らざる実情だ。
いずれにしても軍事ORに興味がある向きには必読書と言って良い。改訂版も出版されているようなので、機会を見つけて入手したい。

お奨め度★★★★

190615_戦闘の科学

↑このページのトップヘ