もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:旅行・登山 > 鉄道旅行

前回までは --> こちら

一ノ関から仙台へ

旅行の最終日。今日は18切符を使って南に戻り、東京に戻る予定だ。一ノ関始発の岩沼行きに乗る予定だったが、ここでちょっとしたトラブル発生。青春18切符が残りゼロ回になって新しい1枚を買おうと思ったら、みどりの窓口が閉まっていて購入できなかった。何故か自動券売機でも購入できない。駅員に事情を説明し、入場証明を受け取って中に入る。

写真115


列車は雪景色の中、1.5時間で仙台に到着した。

仙台から宇都宮へ

仙台駅で事情を話して18切符を購入しようとした所、衝撃の事実が判明。なんと青春18切符は年内のみ販売で年明けにはもう購入できないのだ。あちゃー。仕方がないから通常の乗車券を購入したが、単純計算で約6,000円の損になる。迂闊であった。

写真116


まあ旅にトラブルはつきものさ、と、素直に乗車券を払って駅に戻る。ここから新幹線でワープする手もあるが、急ぐ旅でもないし、鈍行でノンビリ南下しよう。ただ、途中であちこち寄り道できなくなったのは少し残念である。
気を取り直して0745仙台発の福島行に乗る。仙台~福島間。普段なら特に見るべき景観もない所だが、今回はこのあたりもかなり雪が降っており、雪景色がとても綺麗であった。

写真117
写真118
写真119
写真120


福島、郡山、新白河、黒磯で乗り換えて、宇都宮に着いたのは1315である。仙台からの所要時間は5.5時間。新幹線なら2時間とかからない。福島、郡山ではまだまだ雪が多かったが、白川付近では晴れ間も見えてきた。また宇都宮では殆ど雪がなかった。

写真121
写真122
写真123
写真124

宇都宮から東京へ

宇都宮で昼食を取った後、 宇都宮発の東北線に乗る。宇都宮から先はグリーン車でプチ贅沢をする。本来なら「18切符のプチ贅沢」と行きたかった所だが、まあ仕方がない。宇都宮より先は特に語ることもなく、旅の余韻に浸るだけである。

上野には1630頃に到着。近くの飲み屋で少し旅も余韻に浸った後、帰路についた。これで1週間の旅は終わりである。

写真125


(おわり)

前回までは --> こちら

青森から鷹ノ巣へ

当初の予定では、青森発0809の快速「リゾートしらかみ2号」に乗って五能線経由で東能代まで行く予定であった。しかし前夜の段階で「リゾートしらかみ2号」は早々に運休が決定。おかげでコースがややショートカットした形になり、時間に余裕が出来た。「リゾートしらかみ」に乗車できなかったのは残念至極であるが、その分朝をノンビリ過ごしたいと思う。
箱根駅伝をホテルのTVで見ながら0900過ぎに出発。青森駅に行くと何だか様子がおかしい。どうやら奥羽本線は雪害の為運休しているらしい。困った。今日中に岩手県南部の一ノ関まで移動する予定だったのに・・・。

写真085


当初は「正午頃運転再開」の予定であったが、幸い予定が早まったようで、1036発の奥羽本線経由秋田行きが運転することになった。これはラッキー。2両編成の列車に乗りこむ。車内はそこそこ混んでいたが、新青森や弘前に行く客が多いらしい。

写真087
写真086


途中の大鰐温泉で約30分の長時間停車。大雪の為運転を継続できるかどうか確認しているとのこと。ここで運休になれば目も当てられない所だったが、幸い運休にはならず、約30分遅れで大鰐温泉を発車する。

大鰐温泉の南は碇ヶ関の山岳地帯を通る。ここで列車が立ち往生したらニュースになってしまう。しかし幸い列車は大雪の中を碇ヶ関を通り抜け、30分遅れで大館駅に到着した。大館から鷹ノ巣はほぼ予定通りに走行し、約30分遅れで鷹ノ巣駅に到着した。

写真088
写真089


鷹ノ巣から角館へ

鷹ノ巣駅の近くで昼食を取った 後、秋田内陸縦貫鉄道の急行「もりよし3号」で角館に向かう。秋田内陸縦貫鉄道はその名の通り秋田県の山間部を南北に連絡する全長94.2kmのローカル線だ。JRではなく第3セクターの路線である。急行「もりよし」は同鉄道の看板列車だ。

写真090
写真091


鷹ノ巣駅を発車した列車は雪景色の中を進んでいく。最初はガラ空き状態であった車内は、いくつかの駅を通り過ぎる毎にお客さんが増えていく。

写真092


休日には観光用列車で運転される急行「もりよし」であったが、生憎この日は平日の為、旧式のディーゼルカーによる運転になる。ボックスシート仕様の車両である。まあロングシートよりはマシだが、クロスシートにして欲しかったなぁ・・・。

写真093


それでも冬の内陸線の景観は素晴らしく、豪雪地帯の風情がたっぷりと味わえる。原生林や雪深い集落を見ながらの列車の旅は、格別というべきか・・・。

写真094
写真095
写真096
写真097
写真098

約2時間で列車は角館に到着。角館の景観は完全に夜になっていた。

写真099
写真100

角館から盛岡へ

角館からは田沢湖線経由の盛岡行きに乗る。田沢湖線は殆ど新幹線「こまち」の専用路線と化しているが、本数は少ないものの全線を走破する鈍行列車も走っている、この大曲発盛岡行きの842M列車は、その数少ない例外の1つだ。

写真101
写真102
写真103
写真104


大雪のため列車は10分程遅れて盛岡駅に到着する。盛岡駅では冷麺を食べた。

[写真105]

盛岡から一ノ関へ

盛岡から一ノ関は乗り換えなしで一気に行ける。2046盛岡発の1554M列車に乗れば、一ノ関迄の所要時間は2時間とかからない。今日の移動はこれにて終了。明日は関東圏へ戻る予定だ。

写真105


一ノ関には2200頃に到着。ここも雪に埋もれていた。車掌さんも大変そうである。因みにこの列車では2名の車掌さんが乗務していたが、駅に着くたびに2人でバタバタと雪の中を走り回って降車客の切符を回収していた。ご苦労様です。
ちなみに一ノ関駅前はライトアップされており、華やいだ雰囲気を醸し出していた。

写真106
写真107
写真108


つづく

前回までは --> こちら

写真063
写真064
写真065

糠平から帯広へ

糠平では3泊。楽しい日々を過ごした後、バスで帯広に移動した。糠平~帯広間には定期バスが運行しているが、その本数は1日4本往復しかなく、甚だ不便である。実際の所、糠平に訪れる人の殆どはバスではなくマイカーやレンタカーを利用しているのが実情だろう。また糠平のさらに山奥には、幌加や十勝三股という小さな集落もあるが、そこを通るバスは1日1往復しかない。

写真066


私が利用したのは、糠平を0733に発車する早朝のバスである。帯広までの所要時間は2時間弱。自家用車だと1時間前後の距離だが(距離は遠いが道路事情が良い)、バスは途中の集落を丹念に回っていくのでどうしても時間がかかってしまう。途中の景観と言えば、夏場は素晴らしい牧草地帯。しかし冬の景観は暗く沈んだ雪景色でしかない。それでもバスは定刻通りに運転し、ちゃんと定刻の0920には帯広駅に到着した。さすが。

写真067
写真068
写真069


帯広から南千歳へ

この日は新年2日目。既に町は活動を開始しており、帯広駅周辺の店も開いていた。少し早いけど、駅ビルに入っている豚丼屋で帯広名物の豚丼を堪能する。。

写真070


帯広発の列車は1108発の特急「とかち6号」。石勝線経由の札幌行きだ。

写真071


石勝線は札幌~帯広間の短絡線で19xx年に開通した比較的新しい路線だ。高速列車用の規格で作られており、特急列車が高速通過できるようになっている。途中にトンネルや橋梁が多数あり、また原生林の中を抜けていくので、ダイナミックな車窓が楽しめる路線でもある。

写真072
写真073

南千歳から新函館北斗へ

南千歳には1330頃に到着した。30分ほどの待ち時間で特急「北斗14号」に乗る。北海道の昼は短い。函館に向けて走行中にも辺りはどんどん暗くなっていく。3時間ほどの走行の後、函館北斗駅に着く頃にはあたりはすっかり暗くなっていた。

写真074


新函館北斗から青森へ

新函館北斗駅からは新幹線に乗り換えて新青森に向かう。コロナ禍に入って3年目に突入した正月2日の新函館北斗駅は旅行客でごった返していた。

写真075
写真076


新函館北斗を1726に発車する予定の新幹線「はやぶさ44号」は、出発時のトラブルで少し遅れたが、その後は順調に走行を続けて約1時間で新青森駅に到着する。この時間になると当然周囲は真っ暗で、トンネルの中でも外でも景観は待ったく見えない。

写真077
写真078


新青森駅で青森行きの鈍行列車に乗り換える。5分ほどの走行の後、青森に到着。青森駅前は雪に埋もれており、雪の少ない北海道からは想像できない程の景観が広がっていた。今日はこの青森で1泊する。

写真079
写真080
写真081


つづく

2
220428_旅と鉄道

旅と鉄道2022年1月号増刊

特集は「終着駅からバスの旅」。えちぜん鉄道の三国港駅、つくばエクスプレスのつくば駅等を起点とするバスの旅コースを紹介している。個人的に好きな新島々駅と奥飛騨へのルートとか、実際に乗ったことがある氷見駅から七尾へのルートとか、興味深い路線が紹介されていた。

お奨め度★★

前回までは --> こちら

旭川から糠平

翌日は移動距離が小さいので比較的ゆっくり出発。1030旭川駅前発の都市間バス「ノースライナー」に乗る。これは旭川と帯広を結ぶ都市間バス。北海道第2の都市旭川と道東地区の中心都市帯広とは鉄道の便が悪く、まともに行こうとすると一旦札幌に出なければならない。従ってこの間の公共交通は殆どバスの独壇場。狩勝峠を超えるバスが1日2往復、三国峠を越えるバスが1日1往復走っている。所要時間はいずれも3~4時間である。

写真032


年末のバスはほぼ満員の状態で旭川を出発。雪の降る中国道39号を北東に向かう。旭川から愛別付近までは帯広に近づく方向ではなく、やや離れる方向へ向かう。愛別から国道は東へ向きを変え、山中に入っていく。
約1時間で上川に到着。JR石北本線上川駅前にバス停がある。そこから道は山中に入っていき、標高を上げて行って30分ほどで大雪山系への登山基地として有名な層雲峡に到着する。層雲峡のバス停は吹雪のような状態になっていた。

写真033
写真034


層雲峡から糠平までは途中の途中で北海道の国道最高地点である三国峠を越えていく。三国峠を越えるまでは吹雪いていたが、三国峠の南側は綺麗に晴れていた。

写真035
写真036


糠平には定刻に到着。午後の糠平バス停では青空が映えていた。

写真037


つづく

↑このページのトップヘ