もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:旅行・登山 > 鉄道旅行

地図3


北海道東部で風光明媚な町、清里町。旅の3日目はこの町からスタートする。 昨晩は清里町で1泊した 後、始発の0712発北見行きに乗る。キハ40系の2両編成だ。

写真051
写真052

小雨交じりの天気の中、列車は美しい景観の中を走っていく。左右に見えるのは麦、ソバ、ジャガイモ等の色とりどりの畑たち。

写真053


知床斜里を過ぎると、右手にオホーツク海が広がる。冬は流氷が押し寄せてきて美しい景観を見せてくれる所だ。

写真054


網走駅で約30分の長時間停車。この時間を利用して写真を撮る。にしても雨の網走駅はマジ寒い。今日7月23日だぜ。なんだよ、この寒さ。

写真055
写真056
写真057


網走から北見までは比較的都市化が進んだ所。しかし同じ都市圏と思えた網走と北見が意外と遠い事に驚く。北見には定刻の0952に到着。ここで1032発の快速「きたみ」に乗り換える。

写真058


快速「きたみ」は、北見と旭川を約2.5時間で結ぶ快速列車だ。北見~旭川間のうち、特に遠軽と上川の間は列車本数が少ない区間で、遠軽~上川間を走破する普通列車は1日2往復しかない。青春18切符ユーザー泣かせの区間である。かくも貴重な快速「きたみ」だが、僅かにキハ54系1両という侘しい編成である。それでも超満員とかにはならないので、輸送需要とのバランスは取れているのだろう。

写真059
写真060
写真061


北見駅を出てしばらくは北見の市街地を走るが、すぐに北海道らしい田園地帯が広がる。さらに進むと列車は原生林の中に入っていき、視界が開けた所が遠軽の町になる。遠軽はスイッチバック形式の駅になっているので、「きたみ」はここで進行方向を変える。

写真062
写真063

遠軽からは山間部に入っていき、丸瀬布、白滝といった駅に停車する。白滝駅で単独旅行者らしい人物が下車していったのは少し驚き。白滝を過ぎるとさらに山は深くなり、しばらく走って少し視界が開けたと思うと、列車は層雲峡方面への入口、上川に到着する。

写真064
写真065

上川から先は石狩川に沿って旭川まで比較的平坦な地形になる。途中、愛別、伊香牛、当麻、永山などの集落を抜けていくが、停車駅は当麻のみ。快速「きたみ」の本領発揮だ。そして列車は定刻通りに旭川駅に到着する。

写真066
写真067

つづく

地図2


花咲線で釧路から根室に移動した 後、最初に訪れたのは根室「はなまる」である。 「はなまる」については 昨年度も紹介した ので、今回は簡単な紹介に留める。駅から歩いてみたのは今回初めてだったが、所要時間は徒歩約10分であった。鉄道利用だったので気にせずビールを飲めたのが良かった所だ。

写真027
写真028
写真029
写真030
写真031
写真032

歩いて駅に戻る。途中「ときわ台」公園という所で一休みする。

写真033


駅に戻る途中にこんな看板が・・・。あらまあ、今でもこんな所で活動していたのかしら、民社党。

写真035


枕崎は鉄オタの聖地ですよ。

写真036


これ「幸せの黄色にポスト」だそうです、って、色が気持ち悪いだけやん。 。

写真037


根室発1333の釧路行きに乗る。往路と同じルートなので、特に目新しさはない。北海道らしい風景を見ながら、釧路へ向かう。

写真038
写真039

釧路には1550頃に到着した。ここからは1632発の釧網本線網走行きに乗る。これも3時間以上走る長距離列車だ。

写真040


釧網本線も見どころの多い路線である。釧路を出ると、すぐに左手に釧路湿原の広大な景観が見えている。そのような景観が標茶あたりまで続き、そこからは原生林を抜けて弟子屈市街に出る。摩周駅を過ぎると、左手に硫黄山が見えてきて、釧網本線有数の温泉地である川湯温泉に着く。

写真041
写真042


川湯温泉から先は峠道に入り、トンネルを抜けると清里町の田園風景が広がる。パッチワークの景観が車窓を過ぎていき、やがて列車は清里町の駅につく。今日は清里町に1泊する。

写真047
写真045
写真046

つづく

地図1


釧路に1泊した 翌朝、普段よりも少しだけ寝坊して釧路駅へ。そこから根室本線(通称「花咲線」) 釧路発0818の列車に乗ります。この列車は、キハ54系とキハ40系の混成2両編成。まずは先頭のキハ54系に乗ります。

写真010
写真011
写真012


発車してしばらくすると、市街地を抜けて北海道らしい原生林の中に入っていきます。現生林を抜けると牧草地帯。これまた北海道らしい風景です。

写真013


途中の主要駅である厚岸が近づくと、右手に太平洋が見えてきます。またコンブ漁が盛んな地域なので、収穫されたコンブが海岸に並べられています。

写真014
写真015


厚岸を出て、次の茶内までは、厚岸湖とその周辺湿原にある別寒辺牛湿原が美しい所。列車もサービスのためか、速度を落として運転してくれます。

写真016
写真017

次の茶内駅では列車交換があり、乗客の約半数がここで降りていきました。そこで後方に連結されているキハ40系に移動。こちらはボックス席の仕様で、椅子とテーブルが雰囲気のある木目調になっていました。ボックス席の1つを丸々占領し、パソコンを広げて優雅に車窓風景を楽しみます。 。

写真018
写真019
写真020

根室が近づくと、右手には落石海岸の風景、左手には根室半島の原生林が広がっています。このあたりも花咲線で景観の美しい所。左右に動きながら写真を撮るのに忙しいです。

写真021
写真022


根室駅には定刻の1052に到着。所要時間約2.5時間の列車の旅でした。釧路から根室に行く時間で、新幹線なら東京から新大阪まで行ってしまうのですから、いやはや・・・。

写真023
写真024
写真025
写真026


つづく

地図6


京阪電車沿線の旅をもう少し続けたい。

枚方市駅付近

枚方市駅前で昼食を取った 後、枚方市駅近くを少し散策してみた。枚方は私が生まれた場所であり、さらに幼少期を過ごした場所なので思い入れが強い。今回は駅前を少し歩いただけだったが、機会があれば、もう少し行き先を広げてみたいと思ったりする。
今回歩いた枚方市駅前。私が知っている風景とはかなり様変わりしている。当時は近鉄百貨店や三越、長崎屋といったデパート、大型スーパーが立ち並んでいたが、今ではその姿はなくなっている。三越だけがビルだけが今でも残っているが、それ以外は建物ごとなくなっており、近鉄百貨店の跡地には今風の新しいビルが建っていた。
それでも駅前バス停の景観、駅前にあったサンプラザという名前のビル等は往時のまま健在であり、駅から市役所へ向かう市役所通りも当時の雰囲気を残していた。

写真48
写真49
写真50
写真51


交野線

枚方市駅からは片野線という京阪の支線が出ている。枚方市に隣接する交野市と枚方市駅を結ぶ路線で、僅か6.9kmという短い路線である。途中の駅は8か所で、終点の私市駅からは周囲を歩くハイキングコースが設定されている。
今回は枚方市駅から私市まで行き、そこから折り返すという約30分のミニトリップであった。

写真53
写真54

石清水八幡宮

枚方市駅から快速急行に乗り、次の樟葉で準急に乗り換え、樟葉の2駅先が石清水八幡宮駅である。かつては八幡市という名前の駅で、急行停車駅でもあったのだが、京阪電車のダイヤが特急と準急が主体になったため、今では殆ど準急しか止まらない。そのためか、以前は2面4線という立派なホームだったのが、今では通常の2面2線ホームとなり、完全にローカル駅扱いである。

写真55


この駅の目玉は、駅前から出ているケーブルカーで、京阪沿線では唯一のケーブルカーである。山麓にある石清水八幡宮駅と標高143mの男山(鳩ヶ峰)山頂までを結んでおり、山頂には石清水八幡宮がある。今回、1日乗車券を持っていたので、ケーブルを利用してみた。

写真56


乗車時間は3分ほどと短く、あっという間に山頂駅に着く。しかし途中の景観は結構美しく、特に淀川が木津川、宇治川、桂川と3つ分かれていく様は、この路線の見どころと言える。

写真57
写真58

山頂駅から徒歩5分ぐらいで石清水八幡宮に着く。石清水八幡宮は平安時代から続く神社で、吉田兼好の徒然草にも登場する。社殿や総門は風格があって美しく、社殿へ続く石畳も風情があって良かった。

写真59
写真60


社殿から歩いて5分ぐらいの所に展望台があり、先ほど見た眼下の風景がより一層はっきりと見ることができる。また京都南部も一望であり、遥か彼方に見える京都タワーもハッキリと見えていた。

写真61


帰りはケーブルカーで下山。1時間弱であったが、楽しいミニハイクであった。余談だが、
この3日後に大腸検査があり、結構ビビっていたのだが、幸い大きな問題はなく、逆に小さなポリープが見つかって切除できた。これは青春時代を過ごした八幡宮の御利益とも思えるので、是非再訪し、今度はちゃんとお賽銭を差し上げたい。



おまけ

山から下りてきたら良い時間になってきたので、後は旅行の余韻に浸りつつ京都駅へ向かう。少し時間に余裕があったので、京阪電車で出町柳へ。出町柳で地上に出て叡山電鉄に乗り換える。時間があれば鞍馬山や比叡山にも行きたかったが、さすがにそこまで時間がなかった。修学院という駅まで出て、そこで下車。北野通りを20分ほど歩いて松ヶ崎駅で市営地下鉄に乗る。京都駅には1800頃に到着。予定していた新幹線には余裕をもって間に合った。

写真62
写真63
写真65


という訳で今回のレポートはここまでです。

地図4


北近畿一帯を鉄道旅行した あと、宮津の温泉宿で1泊した。昨晩はスコールのような大雨が降ったので。ロクに食事も取れなかった(宿の女将さんに頼んでツマミを適当に作ってもらい、ビールで腹を満たした)が、翌朝は美味しい朝ご飯を食べて、気分爽快である。

写真31
写真32
写真33

その日も朝から雨が降っていて、駅まで歩く間に足元がすっかり濡れてしまった。宮津駅で昨日「くろまつ」に乗っていたアテンダントさんと偶然再会。少し世間話をしただけだが、ちょっと良い気分になる。

0857発の快速列車で福知山に出て、そこからJRの特急「きのさき10号」に乗る。山陰線の景観は昨日見たものと同じであったが、それでもこの路線の風景はいつ見ても美しい。特に綾部~園部間が良い。園部を過ぎると亀山が近づいてきて、ややベッドタウンの雰囲気になる。 た。

写真34
写真35
写真36
写真37

京都には1100頃に到着した。京都駅から30分ほど歩いて鴨川沿いに走っている京阪電車の七条駅に行く。そこで1日乗車券を購入したかったのだが、「祇園四条まで行かないと売ってませんよ」とのこと。仕方なく祇園四条まで移動し、そこで無事1日乗車券をゲットした。なお、七条~祇園四条までは駅員さんの計らいで無料で乗車させてもらった。

写真38
写真39


一旦京阪電車の北側の終点である出町柳まで行き、ここから1213発の特急淀屋橋行きに乗る。追加料金500円で乗れるプレミアムカーに久しぶりに乗ってみた。別にどうということもないのだが、ちょっと贅沢な気分になる。
何を隠そう、私が生まれ育たったのはこの京阪沿線だ。だから京阪沿線には人一倍思い入れがある。車窓を見ていても「あれ、ここ駅名変わっている」とか、「あの競馬場、取り壊されているのね」とか、「こんな所に史跡があったのか」とか、「あの公園、子供の頃に良く遊びに行ったよな」とか…。もう思い出の宝庫である。

写真40
写真41
写真42


とか何とか言いながら、列車は大阪の淀屋橋駅に到着。特殊なL字型構造を持つ淀屋橋駅は不思議な魅力がある。そういえば地下化される前の京阪三条駅も面白い構造だったなぁ・・・。
同じ列車で今度は自由席に乗り。京阪沿線で主要駅である枚方市駅で下車する。

写真43


つづく

↑このページのトップヘ