もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:旅行・登山 > 鉄道旅行

地図


昼食後 バスに乗って松江しんじ湖温泉駅に移動。午後は一畑電鉄(通称「バタ電」)に乗って旅をした。以下、その流れを時系列的に記す。

松江から出雲大社前

松江発1431の出雲大社行きは丸みを帯びた車体が特徴的で特急列車のような風格がある。車内もボックス席が多く占める観光列車のような仕様で、これはラッキーであった。

写真28
写真29

発車してすぐに左手に宍道湖が見える。右側に見える山々も美しい。備中瓦の家々、水の張った田んぼ等、日本的な景観を堪能できる。

写真30
写真31

発車して30分弱で一畑口駅に到着。だいたい中間地点になるが、ここは平面スイッチバック方式の駅。平面スイッチバックといえば、秋田新幹線の大曲駅、西武鉄道の飯能駅などがあって決して珍しい訳ではないが、こんなだだっ広い場所でスイッチバックの必要があるのかやや疑問。ちなみに映画「レイルウェイズ」で、ラストシーンを撮ったのがこの駅であった。

写真32
写真33
写真34

その後列車は雲州平田、川跡等を過ぎて出雲大社前駅には1531に到着。松江しんじ湖温泉駅からの所要時間は丁度1時間であった。

写真35
写真36

出雲大社前から伊野灘

出雲大社前駅には引退した旧式電車のデハニ52系が保存されている。映画「レイルウェイズ」でも重要な役どころを演じた車両だ。車内は映画撮影時の状態がほぼ保存されているので、映画のファンにとっては有難い。

写真37
写真38
写真39


出雲大社駅からは1545発の特急電鉄出雲市行きに乗る。電鉄出雲市に行く予定はなかったが、途中の川跡で途中下車し、駅と列車の写真を撮りたかったからだ。

写真40


特急なので川跡まではノンストップ。川跡で降りて次の松江しんじ湖温泉行きを待つ。

写真41
写真42
写真43

川跡からはさっきの特急型車両で松江方面へ。先ほど紹介した一畑口の1つ先の伊野灘駅で下車する。

伊野灘から雲州平田へ

伊野灘駅も「レイルウェイズ」での重要なロケ地だ。中井貴一演じる主人公が娘役の本仮屋ユイカと一緒に降りた駅が伊野灘駅。ここで主人公は娘から「人の話を聞くときに時計を見るな」となじられる。また主人公が電車の運転手になることを決意したのもこの駅だ。さらに言えば駅からすぐ近くのガード下は、主人公が幼馴染と再会した場所でもある。

写真44
写真45
写真46
写真47
写真48


伊野灘駅での滞在時間は僅か7分で、すぐに下り列車に乗って次の目的地である雲州平田駅に向かう。

雲州平田から松江しんじ湖温泉へ

雲州平田駅は一畑電車の本社と車両基地がある場所だ。ここも「レイルウェイズ」でのロケ地。運転中の不祥事により退職を決意した主人公を、乗客が辞めないように嘆願する場面だ。また「レイルウェイズ」では車両基地を舞台としていくつも名シーンが生まれている。

写真49
写真50
写真51
写真52

雲州平田からは松江方面行きの列車に乗り、松江しんじ湖温泉駅に着いたのは1800丁度。夕方の松江市内は強い風が吹いていた。

写真53


つづく

例の長期入院から退院 して約2ヶ月。右足もまあまあ順調に回復していたので、約3ヶ月間お世話になった山陰地区を旅してみることにした。

朝の小田原駅から0616発の「ひかり533号」に乗り一路西へ向かう。車中で駅弁を食べながらあとはノンビリした(というのはウソで、ノートPCでごちゃごちゃと仕事していました)。いつもはガラガラの「ひかり533号」。今日も2人席を独占できたが、いつもよりもやや人は多めかな?。3人席を見ると、2人座っている所がチラホラです。乗客の殆どは「お一人様」で、家族連れやカップル等はほぼ皆無である。

写真00
写真01
写真02


岡山には0915頃に到着。小田原からの所要時間は約3時間であった。2ヶ月前に車椅子で介助してもらいながら移動した岡山駅構内。まるで昨日の事のよう。

写真03
写真04


次に乗るのは、岡山1005発の特急「やくも7号」である。振り子式電車で揺れまくることで有名。 前回乗った時も その揺れには閉口した。

写真05


列車は山間部に入っていく。6月の初旬はまだ新緑の美しさが少しは残っている。列車の中にいても草木の心地よい香りが漂ってきて気持ち良い。

写真06
写真07


松江で下車。時間は1240頃であった。 駅近く魚料理の店で昼食 を取る。その後、レンタカーを借りて米子方面へ向かう。米子市内に入ると目の前に特徴的な建物が・・・。今年1月から約3ヶ月間お世話になった「米子医療センター」だ。正面からだけではなく、裏側に回って写真を撮る。医療センターの裏側を見たのは初めてだ。毎日病室からこちらを見ていた窓が見える。

写真08
写真09


医療センターの駐車場に車を停めると、リハビリ室の窓に人の姿が見える。入院中、リハビリでお世話になった山形さん(仮名)だ。窓の外から手を振ると、向こうも気づいてくれて手を振り返してくれた。そのあと、わざわざ外に出てきてくれたので、こちらも感無量になる。立ち話なので短時間の会話に終わったが、それでも久しぶりの再会に胸が熱くなった。

その日の夜は皆生温泉に1泊。病院の窓からずっと見続けた皆生温泉だが、遂に宿泊の機会を得た。安全重視のためアルコール摂取は控えたが、退院後に初めて温泉にも入った。塩味の温泉が気持ち良い。

写真10
写真11
写真12

つづく

足の怪我 によりしばらく宿泊を伴う旅行を控えていた。しかしリハビリも順調であり、だんだん普段の生活に戻りつつある。そこでGWから2週間後の5月の週末に1泊2日で鉄道旅行に出かけることにした。今回は鉄道を使た旅をメインにし、途中で少しグルメ等も楽しもうという趣向である。

前回の展開 --> こちら

地図2


由利高原鉄道

2日目の朝は秋田駅。秋田駅発0649の酒田行き普通列車は、北東北地区ではお馴染み701系ロングシート。このタイプが普及したおかげで、北東北18切符の旅は随分と味気ないものになってしまった。

写真21


そんなこんなで羽後本荘駅に0740に到着。かつての羽後本荘駅は旧式の駅舎と待合室が似合う駅だったが、いつの間にか綺麗な橋上駅舎に変わっていた。ちょっと面食らったが、由利高原鉄道の1日券を入手する。
まずは0746発の矢島行きに乗る。約23kmを約40分で走破する。田植え真っ盛りの水田と、その向こうに見える鳥海山が美しい田園路線である。

写真22
写真23
写真24


終点の矢島駅では待ち時間が少しあったので、駅近くを散策してみた。駅から20分ほど歩いた所に子吉川の橋梁があり、瑞々しい川の流れと鳥海山の景観を楽しめる。

写真25
写真26
写真27
写真28


帰りは矢島駅0940発の羽後本荘行きに乗る。この列車は「おこば列車」と呼ばれる観光列車仕様で、車内は観光列車風のレイアウトになっている。専門のアテンダントさんも乗務しており、旅の雰囲気を盛り上げる。

写真29
写真30
写真31


羽後本荘から余目を経て新庄へ

羽後本荘からは1107発の特急「いなほ8号」に乗る。653系7両編成という(この地域にしては)結構立派な編成。しかし自由席の車内はガラガラであった。まあ新潟に近づくと混んでくるのだろう。特急列車の窓から春の日本海を眺めながらノンビリとした旅は続く。

写真32


余目には1209に到着した。余目の駅で下車するのは、実は今回は初めてである。これまでは陸羽西線を利用する際には酒田発の列車に乗ることが多かったため、酒田で途中下車するのを常としていたのだ。2022年5月より道路工事の影響によって陸羽西線が長機運休となり、その代行バスの出発地が余目となったため、そこで途中下車することになった訳だ。

写真33


駅近くのラーメン屋で昼食を済ませて 、1340発の代行バス新庄駅行きに乗る。代行バスのルートはほぼ陸羽西線のそれをトレースする形になっている。だから陸羽西線名物の最上川の流れも、バスからもバッチリ堪能できる。特にバスは列車よりも一段高い所を走ることが多く、その分視界が開けて景観が良い。川べりに咲き乱れる藤の花も堪能することができた。

写真34
写真35
写真36


快速「ゆけむり」

代行バスはほぼ予定通りに新庄駅に到着。ここから1500発の快速列車「ゆけむり」に乗る。この列車は陸羽東線を経由して小牛田までいき、そこからは東北本線を南下して仙台に至る。これも観光列車で見た目はそれっぽい感じだが、車内はやや旧式。キハ110系の改良型で、車内は全て転換式クロスシートとしてある所が観光列車ぽい所。あと、車販嬢が乗務しており、アルコールやソフトドリンクなどを車内で買うことができる。

写真37


この路線も既に何度か乗ったが、これまでは秋や冬に乗ることが多かった。今回のような初夏に乗るのもまた悪くないな。新緑と渓谷、そして水の張った水田が美しいと思う。

写真38



列車は予定通り仙台に到着。 仙台駅近くの牛タン屋で牛タンを食べました 。その後は仙台駅に戻って1830発の「はやぶさ」に乗車。大宮で下車し、自宅に帰ったのは2200前でした。
今回は足を怪我してから初めての宿泊旅行ですが、何はともあれ、事故なく無事に終えることができたのが一番の収穫でした。

写真39


地図1


足の怪我 によりしばらく宿泊を伴う旅行を控えていた。GW中も 千葉方面へ日帰り旅行へ行っただけ で、宿泊を伴う旅行には結局行かなかった。
しかし手術から4ヶ月、退院してからもそろそろ2ヶ月が経過しようとしていたし、補助具なしでの歩行も可能になった。リハビリでもかなり安定して歩けていると評価されている。そこでGWから2週間後の5月の週末に1泊2日で鉄道旅行に出かけることにした。今回は鉄道を使た旅をメインにし、途中で少しグルメ等も楽しもうという趣向である。

秋田内陸縦貫鉄道、急行「もりよし」

東京発0732の新幹線「こまち5号」で秋田方面へ出発。GW明けでしかもコロナがまだ完全に収束していないためか、「こまち」の車内は比較的空いていた。久しぶりの新幹線。車内の軽い振動が心地よい。ただし車販のコーヒーが缶コーヒーしかなかったのが些か残念であった。

写真00
写真01


「こまち5号」は定刻に秋田県の角館駅に到着した。秋田県は個人的に好きな都道府県の1つで、これまでにも何度か訪れている。まあ東北の県はどれも大好きなのだが・・・。今回の目的は、秋田県の南北に貫く秋田縦貫鉄道の観光列車「もりよし」に乗車すること。秋田内陸縦貫鉄道については 以前にも紹介したが 四季折々の田園風景が美しい路線である。また今回乗車した車両は「縄文号」と呼ばれる新型車両で、快適な椅子と大きめの窓で美しい景観を堪能できるように工夫されている。

写真02
写真03

車内で早速駅弁を購入。この「笑弁当」が絶品である。秋田比内地鶏を使った唐揚げと鶏メシがメインだが、この唐揚げのサクサク感がたまらない。東北の駅弁はレベルが高いが、中でもこの駅弁はトップクラスの旨さだと思う。

写真04
写真05

食事が終われば、後は外の景観を眺めながらのんびりとした時間を過ごす。ビール片手につまみでも、というのが最高のシチュエーションだが、膝がまだ完全ではないので、事故予防のためアルコールは自重する。その代わりに車販で甘いお菓子を2種類購入。車販嬢お奨めの2品は、いずれも甘くて美味しいスイーツであった。

写真06
写真07


田園風景を走る事約2時間。車販嬢ともすっかり仲良くなったので別れるのが惜しい所だが、1310に終点の鷹ノ巣に到着。ここから再びJR線に乗り換える。

五能線、快速「リゾートしらかみ」

県境を越えて青森県の弘前に到着。ここから1430発の五能線経由快速「リゾートしらかみ4号」に乗る。「リゾートしらかみ」は観光列車の魁というべき存在。1997年の運行開始以来既に25年以上にも渡って運行され続けている伝統ある観光列車だ。

写真08


「リゾートしらかみ」の観光列車としてのサービス品質は、近年続々と登場してきた他の観光列車に比べて見劣りする面は確かにある。しかし追加料金が530円の指定席券のみであり、かつ青春18切符でも利用できるなど、利用しやすい観光列車としても魅力は現在でも大きいものがある。またコースとなっている五能線はJR各線の中でも屈指の景観を誇る観光路線。そういった意味において未だに「リゾートしらかみ」の価値は高いと言える。

弘前を発車した列車は、奥羽本線を北上。2つ先の川部で停車して進行方向が変わる。ここから列車は五能線に入り、秋田を目指す。窓の外には津軽のシンボル岩木山が見えている。こちらはサービスコーナーで珈琲とチョコレートをゲット。本当はビールを行きたかったが、ここはぐっと我慢する。

写真09


五所川原を過ぎ、鰺ヶ沢に近づくと、右手に日本海が見えてくる。五能線の魅力はやはり日本海の景観。荒々しい海岸風景が眼前に広がる。
そして列車は千畳敷に到着。ここでは15分の長時間停車があり、千畳敷海岸を見学できる。私も不安な右足を庇いながら、千畳敷海岸を少しだけ散歩してみた。

写真10
写真11
写真12
写真13



そこから先も日本海の景観が続く。険しい岩が聳える五能線屈指の景観と言われる行合崎海岸、あるいは高所から岩々を見下ろす岩舘海岸など、本当に五能線の景観は素晴らしい。

写真14
写真15
写真16


東能代からは奥羽本線に戻り、日本海の景観はもう見えないが、その代わり真っ赤な夕陽が美しい。これほど赤く焼けた夕陽を見るのは久しぶりだ。本当に「リゾートしらかみ」は見所の多い列車である。

写真17


秋田駅には1900頃に到着した。今日の行程はここまで。今晩は秋田に1泊し、明日は秋田からスタートする。

つづく

2
220522_旅と鉄道

旅と鉄道2022年6月増刊-観光列車ガイド2022

観光列車の旅をもっと楽しもう。そう思って購入した本書であったが、正直期待外れであった。観光列車についてカタログレベルの紹介にとどまっており、もっと突っ込んだ記事を期待したのだが・・・。このレベルならYouTube動画の観光列車紹介の方が遥かに面白い。最新情報を入手したいと思って態々購入したのだが・・・。これは外れであった。

お奨め度★★

↑このページのトップヘ