もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:戦史 > 第2次欧州大戦

写真00


Panzer Leader(以下、本作)は、米国Avalon Hill社(The Avalon Hill Game Co)が1974年に発表したシミュレーションゲームである。テーマは1944~45年の欧州西部戦線における戦術戦闘である。1Turnは実際の6分間に相当し、1Hexは250m、1ユニットは1個小隊に相当する。
今から約半世紀前の古いゲームであり、システムは比較的シンプル。両軍とも射撃、移動の順でプレイヤーターンを繰り返すシステム。射撃が移動の前に実施されるが、射撃を実施したユニットは原則として移動できない。従って防御側は通常敵よりも先に発砲できるものの、その場に留まっていれば生き残った敵から痛烈な反撃を食うことになる。

本作は東部戦線における戦術戦闘を扱ったPanzerBlitz(以下、PB)の姉妹編である。ただしPBよりも後発のため、いくつかの点でルールに改良が加えられている。まず制限付きであるが、臨機射撃が可能となった。PBでは臨機射撃ルールがなかったため、自身の移動中に敵から撃たれる心配がなかった。そのために物影から出てきて敵の目の前を横切った後、物影の向こうに姿を消す、という芸当が可能であった。しかし本作の場合、臨機射撃が可能なので、ノンビリ敵の目の前を横切っていると、敵から臨機射撃を浴びて酷い目に合う可能性が出てきた。

スポッティングに関するルールも変更になっている。PBでは市街地や森林などの障害地形にいる敵に対しては、そのヘクスに隣接しているユニットからしか見えない。本作でもその点は同じだが、森林や障害地形によるユニットが一度発砲すると、スポッティングマーカーがそのヘクスに置かれ、それ以降はどのヘクスに対する射撃が可能となる。従って本作では非力な偵察部隊を敵に接敵し、敵が発砲した所でスポッティングマーカーを載せて射撃を加える、という芸当が可能になっている。

その他、間接射撃、空爆、上陸作戦などのルールが用意されれおり、西部戦線における様々な戦術場面を再現できるようになっている。

今回、本作を対人戦でプレイすることになった。私にとっては正真正銘の初プレイとなる(PBはプレイ経験あり)。追加ルールの臨機射撃は採用したが、選択ルールは採用しなかった。

写真01


S.17 セルの転回点

最初にプレイしたのは1944年12月25日におけるセルの戦い。米第2機甲師団とドイツ軍第2装甲師団の「第2対決」である。私はドイツ軍を担当した。

ドイツ軍の任務はセルに突入してくる米運を撃退すること。中央のマップに森があり、その間に道路が走っている。その森が戦場を南北に分けているので、南北それぞれで戦線が構築される。

写真02


米軍は3つに分かれて全戦線で攻勢を仕掛けてきた。ドイツ軍は北部にパンター戦車を主力とする装甲部隊、中央の森林地帯には輸送車両と少数の歩兵、そしてそれを支援する自走砲などある。そして戦線南部には歩兵部隊を展開する。

ドイツ軍は防御側なので米軍の前進を待つのみ。対する米軍は徐々に前進してくるが、積極的に交戦せず、徐々に後退して時間を稼ぐ。

戦線右翼で米独の歩兵部隊同士が接触する。歩兵戦力で勝るドイツ軍が有利に戦いを進めているが、米軍も増援部隊を送り込んで攻勢を強める。

写真03


結局3Turn頃までプレイしてみたが、両軍とも色々ミスをしたので、このシナリオはここでいったんお開きとした。

S.16 バストーニュ戦序章

次に選んだシナリオは、シナリオ16「BASTOGBE PRELUDE」。米第101空挺師団がバストーニュ東部で防衛線を構成し、それをドイツ軍戦車教導師団が攻撃するというシナリオである。両軍とも歩兵兵力が中心で、米軍にはM7プリースト自走砲が2ユニットとM5軽戦車が3ユニット、ドイツ軍はヘッツァー駆逐戦車と装甲車等数ユニットが機甲兵力の全てとなる。私は米軍を担当する。

写真04

写真05


歩兵同士の白兵戦合戦になったが、ドイツ軍が押し切る形で勝利した。

S.18 バストーニュ戦包囲戦

次に選択したのはシナリオ18「BASTOGNE: SIEGE」。ドイツ軍戦車教導師団がバストーニュを守る米第101空挺師団に対して最後の総攻撃を敢行する。両軍とも機甲兵力を含む大規模な部隊が登場する。ドイツ軍の戦車は4号戦車とヘッツァー駆逐戦車。米軍はM10とM18ヘルキャット駆逐戦車を含む。またこのシナリオでは米軍に航空兵力(P-47サンダーボルト10機、L-5観測機1機)が登場する。私は独軍を担当した。

写真06

写真07


このシナリオの勝利条件は独軍が米軍の戦線を突破して一番右端のマップに部隊を突入させることである。独軍は当初中央の森林地帯を歩兵で突破する作戦に出た。しかし米軍が装甲車の残骸で森林の道路を封鎖する「ダーティーな」戦術を実行。このゲーム、道路に残骸が3個残ると、その道路は使えなくなる。また車両は道路を使わず森林地帯を通過できない。かくして米軍は自軍装甲車の犠牲によって中央部の道路封鎖を達成する。うぐぐ・・・。

写真08

写真10

写真11

ドイツ軍は攻撃目標を南のST.ATHANに変更する。その時、上空に米軍機が飛来した。4号戦車の車体に20mm4連装機関砲を搭載したヴィルベルヴィント対空自走砲が火を噴いた。1機のサンダーボルトが火を噴いて落ちていく。残った2機のサンダーボルトはヴィルベルヴィントを狙って急降下。ロケット弾の斉射を見舞ったが、出目は(米軍にとって)最悪の"6"。ヴィルベルヴィントは辛うじて生き残った。

写真11

写真12

写真13

航空機による視認ルールには注意が必要である。我々が参照したHobby Japanの和訳ルールにはスッポリと抜け落ちているからだ。英文ルールで確認すると、航空機と地上部隊の視認は別として扱う、とある。つまり地上部隊が敵を「発見」しても、航空部隊が発見したことにはならないのだ(当時の貧弱な空地通信システムを考慮すれば納得できる話だ)。航空機同士で情報を共有することは可能である。また航空機が敵を発見するためには、平地の場合は30ヘクス以内なら自由、障害地形の場合は敵が射撃を行った場合に敵の10ヘクス以内にいる場合のみ、とある。要するに航空機が狙いたい敵が障害地形にいる場合には、その敵部隊の近くをマッタリと飛行し続けていなければならない。その間当然対空射撃の目標にはなってしまう。だから米軍としては最初に空爆で対空陣地を制圧した方が得策かもしれない。

ドイツ軍の機甲部隊はST.ATHANの市街地に向けて偵察用の装甲車を前進させた。ST.ATHANを守る米軍の砲火が装甲車に命中。装甲車は一撃で残骸と化す。しかし敵の発砲によって位置を掴んだドイツ軍は機甲部隊の全火力をSt.ATHANに集中した。4-1攻撃が見事に成功してST.ATHANの入り口を守っていた米軍守備隊は壊滅する。これによって突破口を得たドイツ軍は、バストーニュへ向けた突破が可能となった。

この時点で勝利を諦めた米軍の投了によって本シナリオは終了となった。

感想

かなり古いゲームなので、アラを探せばいつくも見つかるだろう。しかし好意的に見ると、様々な欠点があるにしても「現時点でも十分に遊べる好ゲーム」という印象を持った。また近年の同種作品に比べるとルールの軽さが圧倒的である。従って盤面一杯に広がるような大部隊を指揮していても、いわゆる「重さ」は殆ど感じない。むしろこのような大軍を縦横無尽に扱えるというのは、ウォーゲーマー冥利に尽きる。本作やPBが現時点でも数多くのファンの心を掴んでいる意味がわかったような気がした。

ちょっと議論になりそうなのはレーティング。確かに米軍が少々強い。特にシャーマン戦車の評価が高い。国防軍のパンターと76mmシャーマンがほぼ同性能と書けば、独軍ファンなら怒りを禁じ得ないかもしれない。本作の後に発表された国産の「装甲擲弾兵」が逆に極端に米英戦車を弱く設定しているのは、本作に対するアンチテーゼかもしれない。

いずれにしても本作は面白かったので、姉妹編のPBや「アラブ・イスラエル・ウォー」なんかもプレイしたいと思う今日この頃である。

M4 76mm

写真00


「The Datk Sands」(以下、本作)は、2018年に米GMT社から出版されたシミュレーションゲームである。デザインはTed S.Raicerで、1940年から42年までの北アフリカ戦を再現する。

これまでにいくつかのシナリオを紹介してきた。

シナリオ1「コンパス」ソロ
シナリオ3「クルセイダー」ソロ
シナリオ4「ガザラ」ソロ

本作はソロプレイではなく、初めて対戦プレイに挑戦する。シナリオはキャンペーンシナリオ。ただし本来のキャンペーンシナリオとは異なり、シナリオ開始時点を第3Turn、すなわち1941年3月より開始することとした。これはドイツ軍が初めて北アフリカに上陸した時点である。下名は連合軍を担当した。

写真01

3Turn(1941年3-4月)

ロンメルが北アフリカに登場した。ここから新たな伝説は始まるのか・・・。
ドイツ軍が進撃を開始する。西リビアを守る英軍は、独軍の反撃を恐れて東リビア、トブルク周辺に向けて撤退する。

写真02


4Turn(1941年5-6月)

ドイツ軍トブルク前面に到着した。英軍はトブルク守備隊3個旅団を残して主力はリビア東方、エジプトとの国境線まで後退した。

写真03


5Turn(1941年7-8月)

ドイツ軍2個装甲師団がトブルク前面に到着した。ドイツ軍は二手に分かれて1個師団がさらに東進。エジプト国境付近の要塞バルディアを陥落せしめた。。英軍はエジプト国境付近のハルファヤ峠周辺に布陣して様子を伺う。

写真04


7Turn(1941年10月)

ドイツの装甲師団は少し後退し、代わりにイタリア軍のアリエテ師団がバルディア要塞に入った。

写真05


8Turn(1941年11月)

史実ではクルセーダー作戦が行われた時期になる。英軍はハルファヤ峠付近で反撃を開始した。ドイツ軍の側面を守る2-2-10の装甲車を包囲攻撃し、これを殲滅した。

9Turn(1941年12月)

ハルファヤ峠付近で激しい叩き合いになる。英軍は低比率攻撃を繰り返し、自らは多大な損害を被りながらも、ドイツ軍第21装甲師団の半数を撃破した。

写真06


10Turn(1942年1-2月)

英軍の圧力に抗しかねる形でドイツ軍は部分的に後退を開始。バルディア要塞もドイツ軍は一旦手放した。英軍はそれを追うも、急激な突出は行わない。へっぴり腰とも思える攻撃を繰り返すのみであった。

写真07


11Turn(1942年3-4月)

英軍は国境線前方の防御スクリーンを強化するため、主防衛線の前面に歩兵部隊によ防御スクリーンを構築した。独軍はその防御スクリーンに攻撃を仕掛けていく。

写真08


12Turn(1942年5-6月)

ドイツ軍が再編成を終えて再びソルーム付近に進出してきた。ここで兵力を蓄えた英連邦軍とドイツ・イタリア軍のガチ勝負が始まる。要域バルディアは再び枢軸軍の支配する所になった。またソルームにもドイツ軍が攻撃を実施。ソルーム奪回に成功する。

写真09


13Turn(1942年7-8月)

ドイツ軍はソルーム南方に迂回しつつ英軍の南翼からの突破を伺う。英軍は戦線を単縦陣に配置し、独軍の突破に備える。また戦線南翼では英軍の数個師団がイタリア軍の側面防衛部隊を包囲した。

写真10


14Turn(1942年9月)

英軍にモントゴメリー大将が赴任してきた。連合軍は全戦線に渡って総攻撃を加える。低比率攻撃なのでドイツ軍装甲師団に対する戦果は限定的なものであったが、戦線南翼を守るイタリア軍が枢軸軍の弱点である。包囲されたアリエテ師団が大損害を被りながらも後退。同方面のドイツ軍戦線は破れつつあった。

写真11


感想

全般に動きの少ない展開となった。英軍側の立場から言えば、トブルク周辺を解放する動機付けに弱い。また 前回のシナリオ4「ガザラ」ソロ
の経験から、英軍が広正面を守ろうとすると機動力に勝るDAKによって補給線を切られて壊滅的な損害を被ることがわかっている。勢い戦線の狭くなるリビア・エジプト国境付近で守ることになるだろう。
枢軸軍の立場から言えば、逆に英軍をキレナイカに引きずり出すためにトブルクに圧力をかけ続けることも必要になるだろう。しかし仮にトブルクが危機に瀕していたとしても英軍がキレナイカに進出することになるかどうかは疑問である。というのも、勝利条件から言えば、トブルクが陥落しても、それだけでは勝利条件に殆ど影響を与えないからだ。やはり英軍をトブルク周辺に引きずり出す何らかの「仕掛け」がない限り、史実のような英軍によるキレナイカ方面への反撃を誘導するのは難しいと思える。

戦術面から言えば、少しテクニカルな面がある。特にチットのカウンティングは必須である。例えば自軍の移動チットが全て出切った状態で相手に複数個の移動チットを残している場合、特にLogisticチットがカップに残っている場合は要注意。補給線を切られて一網打尽にされてしまえは、その時点でゲームオーバーだ。
(実は今回も枢軸側のミスでDAKをまとめて補給切れで全滅させるチャンスがあったが、敢えて見送ったこともあった。理由はいうまでもないだろう)

いずれにしても今回は両プレイヤーとも不慣れであり、ベストプレイとは言い難い状況であった。ベストのプレイであればまた別の展開になる可能性があることも付記しておく。

英クルセイダー戦車


4
200719_TheGermanFleet

The Gaeman Fleet At War, 1939-1945

Vincent P.O'Hara Naval Institute Press

ドイツ海軍水上部隊の活躍は一部大型水上艦(ビスマルク、シュペー、シャルンホルスト等)を除いて伝わっておらず、駆逐艦や水雷艇は殆ど活躍していないような印象もある(例えばナルヴィク沖では英戦艦「ウォースパイト」に10隻まとめて沈められた等)。しかし実際にドイツ海軍はWW2期において連合軍と実に69回もの水上戦闘を戦っていたのだ(Eボートや仮装巡洋艦のみによる海戦は含まず、両陣営に500トン以上の専用水上戦闘艦が参加しているもののみ)。その数値はイタリア海軍はおろか、日本海軍や米海軍すらも上回る回数であった。WW2においてドイツ海軍を上回る回数の水上戦闘を体験したのは、イギリス海軍だけであった。
本書はドイツ海軍が体験した69回の水上戦闘をそれぞれ要領よくまとめた著作である。取り上げた海戦の中には、有名なビスマルク追撃戦やラプラタ沖海戦、北岬沖海戦等の他、ドイツ海軍の戦いの多数を占めている駆逐艦、水雷艇、掃海艇等が主力として戦った小規模海戦が多数収められている。例えば1943年英仏海峡では少なくとも5回に渡って英独の水上戦闘が戦われたが、その中には水雷艇5隻のドイツ艦隊(第4水雷戦隊)が巡洋艦を含む英艦隊と戦い、巡洋艦を撃沈して勝利した10月23日の海戦等も含まれている。
知られているようであまり知られていないWW2におけるドイツ水上部隊。その活躍を概括的に把握するためには良い著作である。

お奨め度★★★★

写真00


「The Datk Sands」(以下、本作)は、2018年に米GMT社から出版されたシミュレーションゲームである。デザインはTed S.Raicerで、1940年から42年までの北アフリカ戦を再現する。

これまでにいくつかのシナリオを紹介してきた。

シナリオ1「コンパス」ソロ
シナリオ3「クルセイダー」ソロ

そこで今回別のシナリオをソロプレイしてみた。
選択したシナリオはシナリオ4「ガザラ」。これは1942年のガザラ攻防戦を描いたシナリオで、枢軸軍はトブルク要塞の奪取とエジプトへ向けての突破を狙う。連合軍の目的はその阻止だ。

では、さっそくやってみよう。

12Turn(1942年5-6月)

ガザラボックスを構えて独軍を待ち構える連合軍に対して、快速を誇るドイツ装甲師団は戦線南翼を突破。反時計回りに動いてトブルク南方の連合軍補給線を遮断する。英軍は激しく反撃し、特に戦車部隊の反撃によってドイツ軍第15装甲師団はその装甲兵力の約75%を失う損害を被った。それでもDAK(ドイツアフリカ軍団)の装甲師団は戦線背後からトブルクに回り込み、その前哨陣地を攻撃した。その過程で前線に残された連合軍数個師団はドイツ軍による包囲下に陥る。

写真02



13Turn(1942年7-8月

先手を取った枢軸軍はトブルクを集中攻撃する。フルスタックしたトブルク要塞は頑強で、戦闘比は1-1しか立たなかったが、それでも装甲シフトのDRM+2が奏功して結果はDR。退路を断たれているトブルク守備隊4個師団はここに壊滅。トブルクは枢軸軍の支配する所となった。
枢軸軍はなおも東に向けて進撃する。キレナイカ南端の戦線弱点部を突破したDAKは海岸へ向けて突進。バルディアに対する低比率攻撃を成功させてバルディアを占領した。これによりキレナイカ東部地区では英軍の歩兵6個旅団、戦車5個旅団が包囲される。Turn終了時には補給を断たれた第30軍団司令部と戦車3個旅団が壊滅した。しかしDAKも第21装甲師団が1個装甲大隊を残して概ね壊滅。第15装甲師団も随伴の擲弾兵連隊が壊滅しており、その突進能力は既に半減していた。

写真03


感想

英軍の損害は戦車7個旅団、その他17個旅団に達し、さらに10個旅団以上が後方連絡線を断たれて壊滅の危機に瀕している。交換比では枢軸軍の大勝利であった。さらに戦略目標であるトブルク、バルディアの攻略にも成功している。
しかしシナリオでの勝者は英軍である。枢軸軍はトブルク、バルディアの占領に加えて、東部マップの村落1つを占領しなければならない。しかし東部マップはハルファヤ峠のさらに12~13ヘクス彼方にある。その向こうにある村落を占領するのは相当困難だ。

今回のプレイでもわかる通り、本作での枢軸軍、特にドイツ軍は極めて強力である。機動力で連合軍を凌駕しているうえ、戦闘でも様々な特典が与えられているのだ。シナリオの場合は勝利条件で調整することも可能だが、果たしてキャンペーンシナリオの場合、両軍の戦闘能力差が全体の流れに悪影響を与えないものか。些かの不安を感じている。

写真99

3
200922_歴史群像


歴史群像2020年10月号

 

学研

特集は「戦艦ビスマルク最後の大砲撃戦」。戦艦「ビスマルク」を追い詰めた英戦艦「キングジョージ5世」と「ロドネイ」。「ビスマルク」とそれに対峙した英艦隊との最後の砲撃戦を詳細に描いている。「ビスマルク」の海中調査によって同艦の被弾状況について調査が進んだため、その研究成果を反映した記事になっている。
別の記事は「比島航空決戦1944-45」。フィリピン、レイテ島を舞台とした日米両軍の航空戦を日米双方の視点から描いている。レイテでの航空戦で予想外の苦戦を強いられる米軍の様子が興味深い。
他に面白かったのは「天守の軍事論」。従来は「権威の象徴」と言われることの多い天守について、城郭における軍事的価値を解説したものである。
あとは大内氏滅亡の記事が興味深かった。

お奨め度★★★

↑このページのトップヘ