もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:戦史 > 第2次欧州大戦

写真02


マーク・シモニッチの最新作「Stalingrad'42」が到着した。
1942年6月末から同年12月までのロシア南部における独ソの戦いを再現する作品である。1Hex=10マイル、1Turn=3~7日(時期によって1Turnの長さが異なる)、1ユニットは基本的に1個師団を表している。
コンポーネントを見ると、カウンターシートが3枚(約600個)。マップがフルマップ2枚、ハーフマップ2枚。全部繋げるとフルマップ3枚相当になり、ちょっとしたビッグゲームである(かつてのSPIのDrive on Stalingradは確かフルマップ2枚だったような・・・)。

基本システムは、Ukraine'43第2版(以下、U43)とほぼ等しく、ZOCボンド、戦闘比による戦闘、戦車シフト、砲兵支援、航空支援等のルールがある。さらに突破後の機動襲撃ルールも存在している。なおエリート効果は断固たる防御と回復時のみ適用され、U43のように防御時にもエリートシフトが得られる、ということはない。また断固たる防御の結果に「部分成功」という結果が追加されている。これは敵による部分的な浸透を許したような状況を再現したものであり、この時期の市街地における激烈な戦闘を再現するようになっている。さらに上級ルールでは都市ヘクスにおける同一ヘクス戦闘もルール化されており、血で血を洗う市街戦を堪能できそうだ。

シナリオはドイツ軍の初期突破を扱った「Fall Blau」(8Turn、フルマップ1枚)。コーカサス地方での戦いを再現する「Caucasus Campagin」(18Turn、ハーフマップ2枚)。1942年冬季におけるソ連軍の反攻作戦を扱った「Operation Uranus」(9Turn、フルマップ2枚)。そして全36Turnのフルキャンペーンシナリオの計4本である。

なかなか歯ごたえのある作品。ちょっとしたビッグゲームの趣もあるので、じっくりと取り組んでみたい作品だ。

写真01

4
写真00


「The Datk Sands」(以下、本作)は、2018年に米GMT社から出版されたシミュレーションゲームである。デザインはTed S.Raicerで、1940年から42年までの北アフリカ戦を再現する。

前回、コンパス作戦のシナリオを紹介した。そこで次はシナリオ3「クルセーダー」を試してみた。これは1941年11月~12月に実施された英軍によるクルセーダー作戦を再現するシナリオである。長さは僅か2Turn。英軍はこの短時間の間にトブルクを包囲する独軍を撃破し、トブルクを解放しなければならない。

写真01


8Turn(1941年11月)

主導権は英軍。英軍が選んだ主導権チットは「増援」。司令部2個が盤上にいないので、増援で司令部2個を投入するという算段である。
次に引いたのが「イタリア第21軍団」。トブルクを包囲している第21軍団だが、ここは何もしない。
次に引いたのが「アフリカ軍団」。これも枢軸軍にとっては勿体ない。アフリカ軍団の指揮範囲内にドイツ軍がいないからだ。ここも何もしない。
次に「英軍移動」が来た。英軍にとってはチャンスである。相手がドイツ軍なので大胆な包囲戦は行わず、あくまでも慎重に歩戦連合で前進。リビア国境でドイツ軍の前線と接敵する。

写真02


次が「英軍戦闘」。英軍にとっては理想的である。接敵した状態のまま攻勢を仕掛ける。ソルーム(Sollum 2141)付近の戦闘でドイツ、イタリア軍を撃破した英軍は、ドイツ第21装甲師団の自動車化連隊(5-5-8)を包囲した。

写真03


次に連続2回で「補給」を引く。先の自動車化連隊が補給切れとなった。枢軸軍にとっては痛い所だ。しかし切り札「ロンメル」はまだ使わない。
次に枢軸軍待望の「移動1/2・戦闘」を引く。枢軸軍は「移動1/2」を選択する。ただしルール12.7.1によりドイツ第15、21装甲師団の部隊は、移動と戦闘が同時に実施できる。ドイツ軍装甲部隊の卓越した柔軟性を再現するルール。らしい。
第15、21師団のスタックが英第7機甲師団を攻撃する。戦力比4-1でDRM+1。結果は"EX"。英軍部隊は壊滅したが、ドイツ軍も貴重な4Stepを失った。
写真04


次に引いたのが「英第30軍団」。しかし早くも機甲ステップの約半数を失った英軍にとって、反撃は不可能。前線に陣地を構築しつつ守りを固める。
そして「枢軸軍1/2移動・戦闘+1」である。ドイツ軍装甲部隊が再び猛威を発揮し、シディ・オマール(Sidi Omar 1840)付近でエジプト領内に侵入。英軍を撃破して英軍戦線の背後に回り込まんとしていた。

ここで枢軸軍は「ロンメル・チット」を投入する。第30軍団に対して2-1攻撃を仕掛けるが、英軍がありったけのアセットを投入して1-1までコラムダウン。結果は"DR"で第30軍団は後退していく。
最後は英第13軍団。独軍の突破に備えて深めの戦線を構築する。

写真05



ロンメルチットが意外に使えないのに驚き。ドイツ装甲部隊の強さは尋常ではないが、EXを出されると結構もろい。そして実はロンメルよりも優秀な王金レック。

9Turn(1941年12月)

このTurn、ドイツ軍装甲補充はなし、英軍は3Stepの装甲補充を得た。その結果、ドイツ軍の戦車は残り9Step(他にイタリア軍戦車Step)に対し、英軍は7Step。戦車戦力では枢軸軍が優勢だが、歩兵戦力では英側が優勢なので、総合的には優劣つけがたい。
このTurnも主導権は英軍側にある。そこで「英軍増援」を最初に投入した。このTurn、大量の増援部隊が英軍に登場するため、それを有効活用するためである。
そして英軍は、優先チット「オーキンレック」をここで使うことにした。最前線の部隊を前線に投入するためである。英軍はトブルク正面を含めて計3ヵ所で攻勢を仕掛けたが、成功したのは実質的に1ヵ所のみ。ハルファヤ峠(Halfaya Pass)の西側でドイツ軍自動車化歩兵(5-5-8)を攻撃。これを撃破して、前線のドイツ装甲スタックの後方連絡線を遮断した。

写真06


枢軸軍はここで「ロンメルチット」を投入。包囲下にある装甲部隊の救出を画策する。2-1 DRM+2の攻撃が、出目"6"で結果はなんと"EX"。英軍4Stepと引き換えにドイツ軍は虎の子戦車4Stepを失った。

次に引いたのは「英第13軍団」。歩兵中心の部隊が前進する。先の戦闘で生き残ったドイツ軍戦車1Stepが集中攻撃を受けて壊滅する。

次は「枢軸軍1/2移動・戦闘+1」である。戦車戦力の大半を失ったドイツ・アフリカ軍団に攻勢能力はない。ドイツ軍は英軍の反撃を避けるために徐々に後退する。
写真07


その次は「英軍移動」。英軍は全軍を西に向けて前進させる。
さらに次は「イタリア第21軍団」。トブルクを包囲している第21軍団だが、トブルクを攻撃するには力不足なので、ここも何もしない。
そしてその次が「英軍戦闘」。英軍にとっては良いタイミングである。英軍はEX等によってドイツ軍を蹴散らし、少しずつ前進していく。

写真08


「補給」を挟んで、「枢軸軍」の移動。ギリギリで枢軸軍が前線を再構築する。
結局、英軍は枢軸軍の前線を突破できず、トブルク解放もならなかった。勝利条件的には枢軸軍の勝利だが、さて、どうやれば英軍が勝てるんだろ?。
写真09


プレイを終わった後に気が付いたが、英軍は毎Turn「トブルク」チットを使用できる。すっかり忘れとったわ・・・。


写真10


4
写真00


「激闘!グデーリアン装甲軍」(以下、本作)は、米MMP社から発表された”A Victory Denied"の和訳修正版である。テーマは1941年7月~9月のスモレンスク攻防戦を1Turn=約7日、1Hex=10マイル、1ユニット=師団(ドイツ軍)~軍団(ソ連軍)で描く。
基本システムは、元々Game Journal誌4号付録として発表されていた「激闘!マンシュタイン装甲集団」(英語版"A Victory Lost")と同じ。軍司令部を表すチットを引いて、相当する司令部を活性化するというチットドリブンシステムである。

今回、本作について対人戦をプレイしてみた。下名はドイツ軍を担当した。以下はその記録である。

1Turn

R_T34ドイツ軍はスモレンスクSmolensk(3227)に向けて前進を開始する。第3装甲軍が北側、第2装甲軍が南側を進み、南北からスモレンスクを挟み込む。
第3装甲軍はポロツクPolotsk(4513)からヴィテブスクVitebsk(3919)まで前進し補給線を確保する。しかしヴィテブスクに前進していたドイツ第14自動車化師団(3-3-10)に対して、ソ連第22軍が反撃を実施。反撃は成功して第14自動車化師団は壊滅してしまう。
第3装甲軍はヴィテブスクから後退。西ドヴィナ川沿いに東へ進み、ヴェリジVelizh(4225)を占領した。

写真01


南から進むドイツ第2装甲軍は、オルシャOrsha(3219)からドニエプル川を渡河して東岸地区に進出。その南、モギレブMogilev(2618)の渡河点もドイツ軍が占領し、クリチェフKrichev(2325)からロスラウリRoslav(2329)を伺う。

写真02


2Turn

G_SSReich8810先のTurn、思わぬ損害を被った第3装甲軍は、速攻を避けてじっくり攻める方式に変更した。ソ連軍の後背地を伺いつつ包囲の構えを見せる。それを見たソ連軍は一部の守備隊を残してヴィテブスクから後退。スモレンスク北西部分に防衛ラインを展開する。
南からは第2装甲軍が前進。オルシャからクリチェフへの連絡線を解放し、その先鋒である第24装甲軍団はクリチェフへ接敵する。 それに対してソ連軍はティモシェンコ軍が第2装甲軍の後背を伺ってドニエプル川沿いに北上。モギレブを奪回する構えを見せている。

写真03


3Turn

G_12PzD9210第3装甲軍はスモレンスク、第2装甲軍はクリチェフに対して攻撃を開始する。クリチェフに対する包囲作戦は成功し、同地を守るソ連軍は孤立するものの、スモレンスクに対する包囲は完成していない。



写真04
写真05
写真06


4Turn

R_Rokssky54スモレンスクとクリチェフが相次いで陥落する。その直後、ソ連軍プレイヤーはドイツ軍の前面に展開するソ連軍の兵力が殆どないことに気づく。生き残った約10個師団は南方のティモシェンコ軍に残るのみ。しかもそのティモシェンコ軍も補給源を断たれて事実上反撃能力を失っていた。

ティモシェンコ軍はドイツ軍の後背地に対して反撃を指向したが、それよりはクリチェフ方面を狙うべきであっただろう。クリチェフを脅威すれば、ドイツ第2装甲軍はこの後に見せるような大胆な突破挺進はできなかった可能性が高い

写真07


5Turn

G_Stukaソ連軍は、スモレンスク東方に伸びる2本の道路を扼する形でサフォノヴォSafonovo(3513)からスペス・ジェメンスクSpas-Demensk(2836)間に戦線を構築する。それでも兵力不足は否めない。第3装甲軍はその防衛線に突入し、スペス・ジェメンスクを奪取した。


写真08


6Turn

G_Guderian細々と反撃を続けるティモシェンコ軍は、遂にモギレブを奪回した。しかし既にドイツ軍はマップ西半分をほぼ完全に平定していたため、東へ延びる補給線への影響は殆どなかった。
補給を回復して跳躍の準備を終えたドイツ第2,第3装甲軍は、一気に大跳躍を見せた。
まず北を進む第3装甲軍。スペス・ジェメンスクを奪取した後、少し北に転じてサフォノヴォを占領。その後一気に北へ跳躍。ベリーBelyy(4335)を占領し、さらにその東方にあるルジェフRzhev(4541)を伺う。
一方グデーリアンの第2装甲軍はスペス・ジェメンスク南方から東方へ跳躍して要域Sukinichi(2445)を奇襲、占領した。

写真09


結論

R_Katyusha第6Turn終了時点でドイツ軍は進攻目標を決定する。モスクワか、あるいはキエフか。ダイスを振った結果は「グデーリアンの選択」。ドイツ軍プレイヤーが自由に目標を選択できるということになった。ドイツ軍プレイヤーである私はキエフを選択。楽な道を選んだ。
この時点でソ連軍プレイヤーからの提案によって試みにVPを計算しよう、ということなった。計算の結果、ドイツ軍の獲得VPは25VP(自動車化師団1個損失による-2VP適用済)、ソ連軍の獲得VPは20VPとなっていた。ソ連軍はこの時点で勝利の可能性がなくなったと判断し、投了を申し入れてきた。

ドイツの勝利

感想

序盤はドイツ軍が苦しい。補給線を守るのが大変なのだ。しかし後半は今度はソ連側が兵力不足になり苦しくなる。いずれにしても両陣営共に攻撃と防御が楽しめるので、プレイしていて楽しい作品だ。ちなみに今回のプレイ時間は6~7時間であった。

写真10


3

190814MALTA

MALTA 1940-1942

Ryan K.Noppen Ospley

マルタ島を巡る航空戦をキャンペーンレベルで分析した著作である。イタリアの参戦から始まってイタリア軍のマルタ島への爆撃開始と英ハリケーン戦闘機の迎撃。ドイツ軍の介入。英スピットファイア戦闘機の投入。マルタ侵攻作戦の中止などが記されている。オスプレイの書籍らしく、単純な戦記ではなく、両軍の兵力やハードウェア比較等にページを割いており、特に英独伊各国の航空部隊についての戦闘序列は資料的に価値が高い。
全般的な記述量は少なめだが、それだけに読みやすく、また数値的な記述も比較的豊富なのが嬉しい。

お奨め度★★★

写真00


概要

「激闘!グデーリアン装甲軍」(以下、本作)は、米MMP社から発表された”A Victory Denied"の和訳修正版である。テーマは1941年7月~9月のスモレンスク攻防戦を1Turn=約7日、1Hex=10マイル、1ユニット=師団(ドイツ軍)~軍団(ソ連軍)で描く。
基本システムは、元々Game Journal誌4号付録として発表されていた「激闘!マンシュタイン装甲集団」(英語版"A Victory Lost")と同じ。軍司令部を表すチットを引いて、相当する司令部を活性化するというチットドリブンシステムである。

作戦研究

本作での攻撃側はドイツ軍である。従ってドイツ軍の立場になって勝利条件を検討しよう。 まずドイツ軍にとって勝利条件が2種類ある。1つはモスクワ侵攻、もう1つは南方旋回である。勝利条件はランダムに決められ、1/6でモスクワ侵攻、1/3で南方旋回、1/2でプレイヤーが選択、となっている。最後のプレイヤー選択でモスクワ侵攻を選択した場合、勝利条件が通常のモスクワ侵攻よりも厳しくなる。従ってゲーム的な勝利を目指すのであれば、ドイツ軍プレイヤーは南方旋回を選択することになるだろう。
これらを勘案すると、総統命令(=ダイス目)で「モスクワ侵攻」が出ない限り、勝利条件は「南方旋回」に落ち着く。前者の可能性が1/6と極めて小さい以上、南方旋回を前提として勝利条件を検討してみたい。

この場合の勝利条件は、獲得したVPチットの大小とドイツ軍機械化部隊の損害によって決まってくる。VPチットは大小2種類があり、大が平均4.6VP(合計32VP)、小が平均2.0VP(合計18VP)である。またドイツ軍機械化部隊の損失は、一部を除いてソ連軍に4VPを献上する。
これらを勘案すると、ドイツ軍としては自軍の損害とチットの振れ幅を考慮して30VPぐらいを狙いたい。VPヘクスが集中しているのは、スモレンスクSmolensk(3227)からロスラウリRoslav(2329)までの「モスクワ回廊」部分である。ここを集中攻撃し、ビャジマVyazma(3540)辺りまでをドイツ軍の進出ラインとすると、ドイツ軍の獲得するVPチットは、大が4枚、小が6枚となる。平均すると約30VPが獲得できる。従ってドイツ軍としては戦線中央を突破して一路VYAZMAを目指すのが良い。勿論、ソ連軍の反撃によってVP都市が奪回されないよう、守備兵力を配備していく必要があることは言うまでもない。
写真01


1Turn

第1Turnは特別ルールによりドイツ軍が最初のチットを選択できる。そこでドイツ軍は第3装甲軍を選択。ポロツクPolotsk(4513)からヴィテブスクVitebsk(3919)への連絡線上に展開するソ連軍の一掃を図る。ソ連軍3ユニットに対して装甲部隊を利用した包囲攻撃で2ユニットを撃破したが、最後の1ユニットはステップロスしたものの生き残らせてしまう。
ここからはランダムチットになる。続いて引いてきたのは、先ほどと同じくドイツ第3装甲軍。先に撃破できたなかったソ連軍歩兵部隊の敗残兵を壊滅させる一方、主力はヴィテブスクからスモレンスクSmolenskに向けて南下を開始。途中で機械化部隊1を含むソ連軍2ユニットを包囲殲滅した。
次に引いたのは「増援」チット。ドイツ軍は「グデーリアン」チットを使って「増援」をキャンセルし、割り込んだ。第2装甲軍は2個所でドニエプル川を渡河したが、要域モギレブMogilev(2618)は陥落させるには至らなかった。
しかしその次にもドイツ第2装甲軍を引いたため、結局モギレブは陥落。第2装甲軍はドニエプル川東岸に向けて大きく前進した。
続いてドイツ空軍チットを引いた。爆撃の結果は「外れ」。 その後、ソ連軍チットが続くが、司令部が後退を強いられていたために殆ど有効に利用できず。そして増援。最後にAGCである。
写真02


2Turn

このTurnから独軍の命令チットが激減する。第1Turnの5個からこのTurnは3個だ。ソ連側のチットは2個から3個に増える。個数では両陣営が並んだものの、チット1個あたりの指揮能力が独軍有利なので、独軍の攻勢は継続可能だ。
独軍は、第3装甲軍、グデーリアン、AGCの3枚をカップイン。最初に第3装甲軍が出たのでスモレンスク強襲を行ったが、ソ連PVOの犠牲的な防衛戦によってSmolenskは落ちず。次の増援チットで再びPVOがスモレンスクに復活したので、ドイツ軍にとっては踏んだり蹴ったりだ。
南方でソ連軍が活性化する兆しがあったので、先手を取ったグデーリアンが先制攻撃を敢行。ソ連機械化3-2-6ユニット2個を包囲殲滅。勝利得点都市クリチェフKrichev(2325)を占領し、重要地点ロスラウリまで4Hexに迫った。

写真03


3Turn

ドイツ軍はさらに苦しくなり、命令チットが3枚から2枚に減少する。ソ連軍は3枚のまま。いよいよ独軍にとって攻勢継続も怪しくなる雰囲気だ。ドイツ軍はグデーリアンとAGCをカップインする。
ドイツ第3装甲軍はスモレンスクを両翼から包囲。Smolenskの分断を図る。しかし左翼を守る第12、第19装甲師団(いずれも9-2-10)に対し、ソ連第20軍は果敢な反撃を実施。包囲攻撃によってドイツ軍装甲師団に後退を強い、2個装甲師団をステップロスさせるという大戦果を上げた。
それに対してドイツ軍はグデーリアンの第2装甲軍をスモレンスクとロスラウリの中間付近に進出させ、南方からスモレンスク攻略にあたる第3装甲軍を支援する態勢とした。しかしこれは精鋭第2装甲軍を2手に分ける結果にもなり、ドイツ軍にとっても危険な賭けであった。
写真04


4Turn

ドイツ軍が先手を取った。第3装甲軍がスモレンスク背後のソ連軍を攻撃し、ソ連第20軍を撃破する。先手を取られたソ連軍はスモレンスク守備隊を残して後退。スモレンスクは敵中に孤立する。
第2装甲軍は再びロスラウリ方面へ南下。補給線上のソ連軍を掃討しつつロスラウリを包囲する。
写真05


5Turn

このTurnからドイツ軍の補給事情が少し改善され、利用できる命令チットが2枚から3枚に増大する。またミンスクポケットを包囲していたドイツ歩兵部隊が前線に戻ってくる。北方戦線ではドイツ第3装甲軍がスモレンスクを包囲攻撃。最高比でスツーカの支援付きでスモレンスクを陥落させた。南方ではロスラウリを包囲するドイツ第2装甲軍がやはり総攻撃を仕掛けていたが、ロスラウリのソ連軍は同地を死守する。
写真06


6Turn

第2装甲軍は再びロスラウリに総攻撃を仕掛けるが、攻撃はまたもや失敗に終わる。
第3装甲軍はエルニャYelnya(3032)からSpas Demensk(2836)まで進出。同方面のソ連軍を撃破した。

このTurn終了時点でドイツ軍が目標を決定する。モスクワか南方旋回か?。ダイス判定の結果、「グデーリアンの選択」となった。プレイヤーがモスクワ直撃又は南方旋回のいずれかを選択できる。ドイツ軍は南方旋回を選択した。
写真07


7Turn

第2装甲軍がようやくロスラウリを占領した。しかし第3装甲軍は現地点で前進停滞。勝利がやや苦しくなってきた。

写真08


8Turn

最終Turnである。ドイツ軍は第3装甲軍によるビャジマ攻略を目指す。最終Turnということで補給を無視してVyazmaに向かうドイツ装甲部隊。2度に渡る行動がモノを言ってついにビャジマをドイツ軍は奪取した。一方南方では、突出し過ぎたドイツ第10自動車化歩兵師団(6-6-10)が、ソ連軍の包囲とカチューシャロケットの集中攻撃を受けて壊滅した。
写真09
写真10
写真11


結果

ドイツ軍の獲得VP:Majorが4個、Minorが5個
ソ連軍の獲得VP:Majorが3個、Minorが4個

VPを計算すると、ドイツ軍が32VP、ソ連軍が18VP+4VP(第10自動車化師団の壊滅)
ドイツ軍の勝利

VPチットがドイツ軍にとってやや有利な結果に終わったことと、最終Turnにビャジマをドイツ軍が占領したことが大きかった。

感想

面白い。傑作「激闘!マンシュタイン軍集団」(以下、前作)の良い点を引き継ぎ、よりプレイし易い形にまとめた作品といえる。プレイアビリティの面では、本作は前作を上回る作品だ。
前作に見られた攻守逆転の面白さについては本作ではあまりないが、その分攻撃又は防御に割り切ってプレイができる。プレイヤーにとっては優しい仕様だ。

スモレンスク戦を扱った作品は結構多く、傑作の名に値する作品も多いが、本作も傑作という評価が相応しい作品の1つと言えるかもしれない。

写真12

↑このページのトップヘ