もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

タグ:グルメ

3
JR博多駅から徒歩10分程の場所にあるうどん屋さんです。
肉ごぼ天うどん大盛(730円税込み)を注文しました。
讃岐うどんとはまた違って柔らかく太い博多風のうどんにごぼ天と牛肉の組み合わせが絶妙。
讃岐うどんのような「締まった」感じとはまた違った「優しい」感じのするうどんです。

お奨め度★★★

写真31
写真32

3
福岡県南部柳川市。柳川下りで有名な町。西鉄大牟田線が市内を南北に走っています。
西鉄柳川駅から1kmほど東へ進んだ所にハンバーグのお店「サフラン」があります。
オーソドックスなハンバーグのセットを注文しました。
オニオンスープから始まってメインのハンバーグと御飯、最後にコーヒーがついて1430円は絶対安い。
ハンバーグは牛肉の味がしっかりしていて、食べ応えがあります。また一般的なデミグラスソースだけではなく、醤油風味の和風ソースがついているのは和風派としては嬉しい。ハンバーグだけではなく、小鉢の類もついていて美味しい。

柳川で食べた美味しいハンバーグでした。

お奨め度★★★

写真09
写真10
写真11
写真12

4
JR中央線茅野駅から10分少し歩いた所にある食堂です。今回紹介するのはラーメンですが、別にラーメン専門店ではなく、カレーライスやトンカツ等のメニューもあります。どちらかといえばボリューム重視で、「コテコテのラーメンがどーん」「でっかいカツがドーン」といった感じです。

今回注文したのは「スタ麺」(700円+税)です。スタミナ麺の略称と思われますが、その名の通り、コテコテのスープに太目の麺、そして肉と野菜(モヤシとキャベツ)がドーン、といった感じ。「ラーメン次郎」に似ていますが、あれほど派手ではないです。

味については、やや大味ですが、麺と具材の組み合わせが絶妙で、かつ濃いスープが太目の麺と良く絡み合っています。野菜が多いのでスープが濃くてもそんなにくどくない感じ。私ぐらいの年齢でも無理なく食べられる内容でした。

長野県の茅野市といえば、八ヶ岳登山の登山基地なので私自身夏冬問わず何度も来ている所です。この店自体は初めてでしたが、他にも色々と面白いメニューがあったので、機会をみつけて再訪したいです。

写真18
写真19

お奨め度★★★★

4
高野山上で昼食を取ろうと思い、立ち寄ったのが「光海珈琲」です。メニューを見て美味しそうだったことと、Gotoトラベルのクーポン券が利用できること。この2点で決めました。
注文したのは「黒ごまブラックカレー」。普通のカレーにしてはやや値段が高め(\1380円)です。しかし独特の味付けは値段相応又はそれ以上に美味しかったです。普通のカレーにしてはやや甘い感じの味付けですが、スパイスが効いていて御飯ともよくあいます。食べていくうちにどんどん食べたくなるような味。量がやや少なめなのが残念ですが、余韻を残すぐらいで丁度よいのかもしれません。

ちなみに感染対策はしっかりしていて、各ブロックは透明のアクリル板で仕切られていました。

写真52
写真53
写真54

お奨め度★★★★

4
岡山駅前から徒歩10分程。「天満屋」の近くにあるうどん屋さんです。
夏だったので「冷やかけうどん」650円を注文しました。
これはその名の通り「冷たいかけうどん」で、腰の強い讃岐風うどんを冷たい関西風のうどんだしと一緒に食べるというもの。冷たいうどんといえば、醤油風のダシが定番ですが、冷たい関西風のダシと言うのも悪くない。今までとは違う食感でツルツルと喉を通るうどんが気持ち良いです。

店内の感染対策も比較的しっかりしていて、カウンター席は十分に間隔を取って合って安心できました。

お奨め度★★★★

写真30
写真31

↑このページのトップヘ