もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

タグ:ソロモン夜襲戦

欧州海域戦YouTube

タイトル通りですが、自作ゲーム 「欧州海域戦」 の紹介動画を作成しました。
デンマーク海峡海戦シナリオをテーマとし、「欧州海域戦」のプレイ例とルールを紹介したものです。

こんな感じです。



作業自体は結構大変で、30時間以上かかりました、

素人っぽさ満点なのは、笑ってやって下さい。
今回は「ゆっくり動画」を使いましたが、これがベストがどうかわかりません。普通にムービーで動画撮ってアナウンス入れる方が聞いている方が楽かも。その辺りは今後の反応や作業負荷等を考慮して検討したいと思っています。

動画を作って良かった点は、自身でルールやコンポーネントを再チェックできる所。恥ずかしながら「欧州海域戦」でも今まで気づかなかったルールブックやコンポーネントの誤記がいくつか見つかってしまいました。

次回作として「海空戦!南太平洋海戦1942」の紹介動画を予定しています。また好評なら、自作ゲーム以外でもプレイ紹介動画等もチャレンジしてみたいです。

今後ともよろしくお願いいたします。

CounterSheet

「欧州海域戦」( 「ソロモン夜襲戦」 の欧州戦線版)のカウンターシートが到着しました。
英仏独伊蘇の欧州主要5ヶ国の艦艇がユニット化されています。さらに汎用の輸送船ユニット、「ソロモン夜襲戦」の追加ユニットやエラッタが加わっており、カウンターの総数は1シートで264個です。

「欧州海域戦」自体の準備も着々と進行しており、 秋のゲームマーケット には間に合う予定です。

ご期待下さい。

秋のゲームマーケットに向けて鋭意準備中の水上戦ゲーム「欧州海域戦」ですが、カウンターシート案が完成しました。

写真1


基本的な仕様は、 「ソロモン夜襲戦」 と同じです。
「ソロモン夜襲戦」は、日米艦が主力で、若干の英蘭艦が加わるという形でしたが、今回は登場する国がカラフルです。メインは英独伊の3ヵ国なのですが、仏ソの2国も加わっています。その結果、WW2に参戦した全ての主要国について艦艇がユニット化されることになりました。

写真2


英独伊仏ソの戦艦、重巡は全てユニット化されました。ただし開戦早々の沈没した「ロイヤル・オーク」と「ソロモン夜襲戦」で登場済の英連邦艦は一部を除いてユニット化されていません。軽巡については、独伊はほぼ全艦がユニット化されましたが、仏は約半数、英はシナリオで登場機会がある艦と将来的に追加シナリオで必要になりそうな艦に絞っています。

写真3


「ソロモン夜襲戦」追加・訂正カウンターもつきます。ご期待下さい。

HMS_Mauritius


「欧州海域戦」( 「ソロモン夜襲戦」 の欧州戦線版)のシナリオ作成もいよいよ大詰めになってきた。
今回取り上げるのは、1945年1月下旬にノルウェーベルゲン沖でのドイツ海軍と英海軍との遭遇戦である。ノルウェー北部からバルト海へ向けて南下を行うドイツの大型駆逐艦3隻が、英国海軍の巡洋艦2隻と中部ノルウェー近海で遭遇したのだ。駆逐艦以上の水上戦闘艦同士の水上戦闘としてはWW2で最後となった戦いでもある。

主役を演じた英独の艦艇を紹介しよう。

まず英海軍の軽巡2隻。1隻は防空軽巡「ダイアデム」。ベローナ級の防空軽巡で基準排水量約6,000トン。大きさはとにかく、主兵装は13.3cm両用砲8門と巡洋艦というよりも大型駆逐艦クラスの火力でしかない。
もう1隻は軽巡「モーリシャス」。フィジー級の軽巡で基準排水量は約8,500トン。15.2cm砲12門を装備する重武装の軽巡洋艦だ。
対するドイツ海軍は1936型の大型駆逐艦が3隻。いずれも15.2cm砲5門を装備している。搭載火砲だけを見れば軽巡クラスと同等で、防空軽巡に過ぎない「ダイアデム」等よりは一見強力な艦にも見える。が、果たして・・・。

Turn00


1Turn

SearchLight両軍とも速度を最大戦速に上げて交戦態勢に入る。英艦隊は照明弾を発射して敵艦隊の位置を確かめようとするは、照明弾は目標を大きくそれた。




Turn01


2Turn

CW_CL69a距離7Hex(約11km)で双方は敵を視認した。並行砲戦に入る。英艦隊の先頭を走る軽巡「ダイアデム」がドイツ駆逐艦3隻の集中砲火を浴びる。その主砲は15cmと、防空軽巡「ダイアデム」が搭載する13cm砲に勝る。水柱に囲まれた「ダイアデム」だが、命中弾はなかった。

Turn02


3Turn

GE_DD1a 相変わらずドイツ駆逐艦の砲火は「ダイアデム」に集中する。遂に1発の15cm砲弾が「ダイアデム」に命中した。その一方で「ダイアデム」の主砲が独駆逐艦「Z38」を夾叉する。しかし両軍通じて最大の火力を持つ英大型軽巡「モーリシャス」は、未だ夾叉を得ない。
ドイツ駆逐艦は牽制のため魚雷4本を発射する。

4Turn

CW_CL69b英艦隊の砲撃が漸くドイツ駆逐艦を捉えた。「ダイアデム」の13cm砲弾が「Z38」に1発命中。「モーリシャス」の15cm砲弾も「Z34」に命中する。
しかしドイツ駆逐艦の反撃もまた激しかった。15cm砲弾3発が次々と「ダイアデム」に命中する。そのうちの1発は「ダイアデム」の魚雷発射管に命中。
「すわ、誘爆か」
一瞬顔色が変わる英艦隊であったが、魚雷の緊急投棄が功を奏し、ギリギリで誘爆を回避した。

5Turn

GE_DD2bドイツ艦隊は勝負に出た。右一斉回頭で英艦隊に接近し、距離を5Hex(約7km)まで詰めた。英艦隊の砲撃も猛烈を極め、「Z38」に13cm砲弾1発、「Z34」に15cm砲弾2発が命中する。しかし「Z34」に命中した1弾以外は全て盲弾となり、「Z34」が小破したにとどまった。
ドイツ駆逐艦の反撃は「ダイアデム」に集中する。3発の15cm砲弾が「ダイアデム」に命中し、「ダイアデム」は中破。事実上戦闘力を喪失した。

Turn05


6Turn

CW_CL75a戦場を離脱する「ダイアデム」。残った「モーリシャス」は単艦でドイツ艦隊に立ち向かう。ドイツ駆逐艦「Z34」に15cm砲弾2発が命中したが、1発が盲弾であった。ドイツ駆逐艦は「ダイアデム」と「モーリシャス」に個別射撃を行う。それぞれ命中弾があった。さらに駆逐艦「Z31」が魚雷8本を発射する。

7Turn

駆逐艦「Z31」の放った15cm砲弾が「モーリシャス」の機関部に命中する。機関部に重大な損傷を起こした「モーリシャス」は、最大速度が10ktに低下してしまう。

Turn07


8Turn

TorpG7aAa「Z31」の放った魚雷は「モーリシャス」の左舷直角に迫ったが、ギリギリで目標を逸れた。「モーリシャス」の射撃を受けて中破した「Z34」は列外に離れていく。速度の低下した「モーリシャス」はドイツ駆逐艦の良い的だ。3発の15cm砲弾が命中して「モーリシャス」の傷を広げていく。

9-10Turn

その後「モーリシャス」はドイツ駆逐艦の追撃を受け、危うく魚雷が命中しそうになったが、辛くも回避した。最終的に「モーリシャス」は中破どまり。しかし軽巡2隻を中破させられた英海軍に対してドイツ側の損害は駆逐艦中破1隻のみ。勝敗は自ずと明らかであった。

Turn10


結果

独軍の損害

中破:駆逐艦1隻


英軍の損害

中破:軽巡2隻

ドイツ軍の圧勝

感想

ドイツ駆逐艦の強さと英防空軽巡の弱さが表出した感じとなった。ドイツ駆逐艦は15cm砲装備で、ベローナ級防空軽巡である「ダイアデム」は13cm砲装備。砲数の違い(5門と8門)はあるが、艦のサイズ違いによる命中率の差によって相殺されてしまっている。本来ならば火器管制装置の違い等で大型駆逐艦がここまで有利にはならないと思うのだが、残念ながら「ソロモン夜襲戦」では駆逐艦と巡洋艦の火器管制装置の違いはルール化されていない。そういった意味では大型駆逐艦はやや過大評価されているともいえる。
いずれにしてもこのシナリオについては、今のままではややバランスが悪い。少し調整の必要がありそうだ。

KMS_Z38


第2回戦

指揮値と初期配置を少しだけ修正した。結果はドイツ軍が駆逐艦1隻大破。英軍は軽巡「ダイアデム」小破。損害比は史実に近い値になった。勝利条件的にも「引き分け」である。丁度いい感じである。初期配置を少しだけずらしてみよう。

HMS_Diadem


という訳で

「欧州海域戦」用のシナリオ計16本の準備が終わった(ふー)。16本の内訳は、英独戦8本(仮想戦1本含む)、英伊戦6本、英仏戦1本、独ソ戦1本(仮想戦)である。数の上では英独戦が主流となった。ただ地中海方面では、マタパン岬沖海戦、シルテ沖海戦等がシナリオ化未である。英仏戦や米独戦等でも面白そうなネタが未シナリオで残っている。このあたりは雑誌「水上戦」等でフォローしていきたい。
いずれにしても「欧州海域戦」のデザインは順調に推移している。特にトラブルがなければ、今秋には発表できると思う。基本システムは「ソロモン夜襲戦」と同じだが、英独伊仏露の主力艦が網羅されており、シナリオも16本が用意されている。「ソロモン夜襲戦」とはまた違った魅力のある作品に仕上がりそうである。ご期待頂きたい。

欧州海域戦_表紙

SRS_Lorov


「欧州海域戦」( 「ソロモン夜襲戦」 の欧州戦線版)でソ連海軍の戦いを再現してみたい。

とはいえ、WW2においてソ連海軍の艦艇が水上戦闘で活躍した事例は殆どないのが実情だ。そんな中、最初に考えたのは、1941年6月におけるコンスタンツァ砲撃戦(コンスタンツァ沖でソ連海軍とルーマニア海軍の駆逐艦同士が交戦した)をシナリオ化することだった。しかしコンスタンツァの戦いで勝敗を決したのは機雷源である。機雷源というのは水上戦ゲームで扱うには些か厄介な代物。それに駆逐艦同士というのもちょっと地味な感じもする。そこで史実戦は諦めて仮想戦を考えてみた。

そこで目をつけたのがバルバロッサ作戦初期のバルト海作戦である。中でもタリン撤退戦。1941年8月下旬にドイツ軍に包囲されたタリンからクロンシュタット方面へ撤退するバルチック艦隊は、ドイツ陸軍及び空軍等の攻撃を受けて多大な損害を被ったそうな。
もしタリンから撤退するバルチック艦隊がドイツ海軍水上部隊の攻撃を受けていたら・・・。
そこでソ連バルチック艦隊とドイツバルト海艦隊とがタリン沖で遭遇した状況を想定してシナリオ化してみた。

まずドイツ軍の戦力だが、当時バルト海艦隊には、最新鋭の戦艦「ティルピッツ」を初め、装甲艦「シェアー」、軽巡「ニュルンベルク」以下4隻、駆逐艦7隻、掃海艇その他という兵力があった。
対するソ連バルチック艦隊は、ガングート級戦艦2隻、重巡2隻、軽巡1、駆逐艦21隻、その他という兵力である。隻数ではソ連側が上回っているが、大型艦の戦闘力では最新鋭の「ティルピッツ」を有するドイツ側に分があった。

今回シナリオ化するに当たっては、両軍とも巡洋艦以下の艦艇同士の撃ち合いを想定した。ドイツの「ティルピッツ」は最新鋭艦故に就役直後で戦闘力を発揮できたかどうか疑問だし、ソ連側のガングード級戦艦は低速なので撤退作戦では足手まといだろう。その点を考慮して巡洋艦同士の撃ち合いとしたのである。

ドイツ側の戦力は軽巡4隻を基幹とした。対するソ連軍はキーロフ級重巡2隻である。随伴駆逐艦はドイツ側が15cm砲装備の大型駆逐艦3隻。対するソ連軍は駆逐艦8隻とした。隻数ではソ連軍有利だが、艦の性能を加味して両者ほぼ互角の戦力と考えた。そして指揮能力でドイツ軍を有利にすることで、全体戦力ではドイツ軍をやや有利とした。そしてドイツ側に敵輸送船団撃沈の重荷を背負わせることにし、全体としてのバランス確保を図った。

ゲーム開始時点では、船団を護衛中のバルチック艦隊に対し、ドイツ軍艦隊が斜め後方から接近しつつある状況とする。果たしてバルト海海戦の結末や、如何に・・・。

Turn0


1Turn

SO_CA1a距離17Hex(約26km)の大遠距離からバルチック艦隊の主力である「キーロフ」「マキシム・ゴーリキ」が主砲を発射した。「キーロフ」の放った18cm砲弾がドイツ軽巡「ライプチヒ」に見事命中。それが「ライプチヒ」の弾薬庫を貫いて爆発。「ライプチヒ」は沈没こそ免れたが、中破して戦闘力を失う。

Turn1


2Turn

GE_CL4aまるで「先頭打者ホームラン」のような損害で唖然とするドイツ艦隊であったが、距離15Hex(約22km)でバルチック艦隊と並行砲戦に入る。ドイツ側の軽巡3隻とバルチック艦隊の重巡2隻が激しく撃ちあう。ドイツ側で最も古い軽巡「エムデン」がソ連駆逐艦「グネフヌイ」を捉えた。15cm砲弾1発は「グネフヌイ」の艦橋に命中。方位盤を撃ち抜かれる。

Turn2


3Turn

GE_DD1aドイツ側は後続の駆逐艦も砲戦に加わる。所謂「超駆逐艦」と呼ばれる15cm砲装備の大型駆逐艦だ。駆逐艦というよりも小型巡洋艦とも言うべき艦である。しかし火力で圧倒せんとするドイツ側の砲撃は有効打とはならず。一方のバルチック艦隊はまたもや「キーロフ」が命中弾を得ていた。18cm砲弾1発がドイツの軽巡「ニュルンベルク」に命中する。

Turn3


4Turn

SO_CA3aドイツ艦隊はサルヴォーチェージングで回避を行う。しかしバルチック艦隊はこれを逃がさない。「キーロフ」は「ニュルンベルク」にさらに2発の命中弾を与えて小破に追い込んだ。また、これまで命中弾のなかった「マキシム・ゴーリキ」も独軽巡「ケルン」に2発の命中弾を与えた。小さな誘爆を起こした「ケルン」はやはり小破に追い込まれる。

Turn4


5Turn

ドイツ艦隊は麾下の軽巡1隻が中破、2隻小破と苦しい状況に追い込まれた。このTurn、ドイツ駆逐艦がバルチック艦隊の饗導駆逐艦「レニングラード」に命中弾1を与えてこれを小破せしめた。

6Turn

バルチック艦隊はドイツ艦隊の距離を詰めて一気に勝負に出る。両者の距離は10~11Hex(15~17km)まで近づいたが、共に有効弾はなし。

7Turn

GE_CL4aドイツ艦隊はなおも接近戦に持ち込む。距離10Hex(15km)で射撃戦。軽巡「ケルン」の15cm主砲弾2発が重巡「マキシム・ゴーリキ」に命中した。1発が「ゴーリキ」の方位盤に命中して砲戦能力が殺がれる。
しかしドイツ軍の抵抗もそれまでだった。もう1隻の重巡「キーロフ」がまたもや腕の冴えを見せて軽巡「ニュルンベルク」に2発の主砲弾を命中させた。「ニュルンベルク」の累積損害は6に達して中破相当。この時点でドイツ側は作戦失敗を認めて戦場離脱していった。

Turn7


結果

ドイツ軍の損害

中破:軽巡「ニュルンベルク」「ライプチヒ」
小破:軽巡「ケルン」


ソ連軍の損害

小破:駆逐艦3隻
軽微な損傷:重巡2隻


KMS_Nurunberg


感想

予想外に一方的な展開になってしまった。「プレイボールホームラン」がアンラッキーだった面があるが、ドイツ側の戦術にやや工夫がなかったかもしれない。もう少し調整して、ドイツ側が不利なようであれば、初期兵力を少し変更しようと思う。

第2回テスト

ドイツ艦隊がバルチック艦隊の後方をすり抜けてソ連船団を襲撃。これを全滅させて勝利した。
ドイツ軍の損害:軽巡「ライプチヒ」中破
ソ連軍の損害:
沈没:輸送船6隻
中破:駆逐艦4隻
小破:駆逐艦2隻

第3回テスト

初期配置をドイツ側が有利なように少し変更した。今回もドイツ艦隊がバルチック艦隊の後方をすり抜けてソ連船団を襲撃したが、ソ連軍も何とか対応する。独ソ両艦隊共に損害を被るが、輸送船団に大損害を与えたドイツ艦隊の勝利に終わった。
ドイツ軍の損害:
中破:軽巡「ニュルンベルク」、駆逐艦1隻

ソ連軍の損害:
沈没:輸送船5隻
中破:重巡「キーロフ」「マキシム・ゴーリキ」


全般にややドイツ軍が有利かな?。ただし艦の性能ではソ連側が勝っているので結構面白いシナリオになったと思う。遠距離砲戦でドイツ軽巡が致命傷を食らう可能性も無視できないので、双方とも楽しめるシナリオになったのではないだろうか・・・。

↑このページのトップヘ