もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

タグ:冬山登山

今シーズン冬山登山の最後を飾るのは、北八ヶ岳連峰の一座である縞枯山です。ロープウェーを利用すれば、ロープウェー駅からの往復所要時間は2時間弱。やや短い登山ですが、雪山なのでそこは慎重に行きましょう。

前夜のうちに上諏訪駅近くのホテルに泊まった私(当然、諏訪湖温泉は堪能しました)は、翌日朝の列車で茅野に移動。茅野駅近くのレンタカー屋で車をレンタルし、北八ヶ岳ロープウェー前の駐車場に0840頃に到着しました。

0900発のロープウェーに乗って山頂駅へ。そこでアイゼンその他の装備を装着。出発したのは0920過ぎでした。天気は曇り。絶好の登山日和という訳には行きませんが、吹雪とかホワイトアウトとかいった危険な状態ではないので、取り敢えず歩き始めましょう。



写真02


北八ヶ岳ロープウェーの目の前は坪庭という名の景勝地が広がっています。坪庭の景観はこれまでも何度も見てきたのですが、見る度にその美しさに感嘆してしまいます。晴れた日の坪庭はもちろん最高なのですが、今回のような曇天もまた良しです。

写真03
写真05
写真06


坪庭散策で思わず時間を使ってしまったので、本来のコースに戻ります。今回目的地とした縞枯山は私にとっては初めての登山で、山地図によると片道のコースタイムは1時間とあります。 坪庭の南側から山の中に入っていきます。平坦な雪道が続きますが、登山路を示すポールが立っているので迷いません。少し歩くと向こうに山小屋のようなものが見えてきます。これが縞枯山荘。冬季でも営業しています。

写真07
写真08
写真09


縞枯山荘を過ぎるとしばたく平坦な道が続きます。10分程で分岐に到着。ここで右側の林に入っていくルートが縞枯山へ向かう登山路になります。

写真10


林の中の登り坂。最初はそれほど急斜面ではなく歩くのに苦労はありません。しかし少し登ると斜度がきつくなり、体を支えるバランスに気を遣うことになります。以前に登った 蓼科山赤城山 に比べれば物の数ではありませんが、それなりに慎重に登っていきます。


前方に光が見えて見晴らしが良い場所に出たかな、と思った所が縞枯山の山頂でした。少し拍子抜けするくらいの登山です。林道のコースタイムが40分となっているのでもう少し距離があるかと思ったのですが、正味20分ほどで山頂に着いてしまいました。 山頂からの景観は残念ながら視界不良で何も見えません。

写真11
写真12
写真13


帰りは元来た道を降りていきます。最初の斜面はそれなりに急なのでスリップしないように慎重に降りますが、少し降りると斜度が緩くなってくるので、そこからはトレラン感覚。斜度の緩い雪道の下りは、木の枝や岩といった余計な障害物がない分、気持ち良く歩けます。

写真14
写真15


帰りは30分ほどでロープウェー駅に到着。コースタイム50分なので、約6割です。実際に縞枯山のコースタイムについては、少し盛り過ぎのようにも感じました。

写真17


全般的な感想ですが、比較的楽に登れる冬山という感じでした。同一エリアにあり場所的にも近接している 北横岳 に比べると地味な感じがあり、標高的にも低いです。ただし北横岳と抱合せで登るのはちょっとキツイかも。バスの便があれば、バス利用で麦草峠まで縦走してみるのも面白いかもしれません。

5
写真00

冬季の蔵王は美しい樹氷で有名な場所ですが、その一方で晴天率が低いことでも有名。なかなか晴天日に恵まれず、冬期登山の難しい山です。
かくいう私も10年来行きたいと思っていた所ですが、なかなか行く機会に恵まれませんでした。

2月半ばの週末、天気予報で珍しく晴天マークがついています。これはチャンス。千載一遇の好機ということで、金曜日の新幹線に乗り山形へ向かいました。

蔵王の登山口に着いたのは土曜日の7時頃。幸い山の天気は晴れています。予定していたレンタルショップでスノーシューをレンタルし、始発のロープウェー(長蛇の列が出来ていたので、乗れたのは3本目)に乗って地蔵岳山頂に着いたのは午前9時頃でした。

写真01

地蔵岳周辺で見る樹氷はまさに写真で見た風景そのもの。青空の下、こんもりと盛った樹氷の姿を写真で撮りまくります。

写真02

写真03

写真04

写真05

写真06

そこからスノーシューをつけて登山開始。地蔵岳の山頂までは標高差100m弱。急な斜面をスノーシューで登っていきます。15分ほどで山頂に到着。そこから目の前に見える蔵王連峰最高峰の熊野岳の雄大な姿が美しいです。

写真07

写真08

写真09

地蔵岳山頂のやや広い平原を歩いていき、少し標高を下げた後、熊野岳に向けた登りに差し掛かります。緩やかな斜面なので苦労することはありませんが、そこは雪道。慎重に登っていきます。それにしても雪に埋もれた蔵王連峰の美しさといったら・・・。

写真10
写真11

登山開始から1時間ほどで熊野岳山頂に到着。周囲に広がる雪景色に感動しつつ写真を撮ります。登山路の向こう側には刈田岳へ向かう登山路が。ここまで来たら刈田岳まで行ってみたいです。

写真12

写真13

熊野岳から刈田岳への登山路も緩やかな斜面。もしスキーを履いていれば気持ち良く滑れそうな斜面です。スノーシューでも若干のスリップが効くので、下り斜面を気持ちよく降りていきます。左手には、蔵王を代表するお釜が雄大な姿が・・・。

写真14

写真15

写真16

登山開始から3時間弱で刈田岳に到着。冬にも関わらず多数の登山者で賑わっています。雪を被った鳥居とその向こうの社殿の姿が美しいです。

写真17

写真18

写真19

写真20

帰りは元来た道を引き上げます。天候は崩れる気配がなく、本当に気持ち良い山歩きです。これが蔵王の本当の姿、とは、もちろん思ってはなりません。

写真21

写真22

写真23

写真24

地蔵岳のロープウェー駅に戻ってきたのは午後2時頃。登山開始から約5時間後です。地蔵岳駅近くの樹氷原は特に美しいので、時間の許す範囲でその景観を楽しみました。

写真25

写真26

写真27

写真28

ロープウェーを乗り継いで麓に降りてきたのは午後3時過ぎ。本当に大満足の冬山登山です。今回の登山でスノーシューを使った冬山登山について経験値を積むことができたので、次回は少しだけステップアップしてみたいと思います。


5
写真18


2年ほど前から冬山登山を始めました。とはいっても本格的な冬山登山はリスクも多くて技量的にも難しいので、比較的安全な山を選んで、しかも晴天を狙ってので冬山登山です。
そんなこんなで、今回登ってみたのは、九州を代表する名山である九重連山です。ほぼ九州本土の中央部に位置し、九州本土では最高峰を誇る山です。

前回までは --> こちら

九重登山2日目。朝食は0730からでした。山小屋だから5時とか6時では、と予想していた私は予想が外れ。普通の旅館よりも遅い0730というのはちょっと驚きです。おかげで朝はノンビリできたので、それはそれで良かったのですが・・・。
ちなみに食事の際に若女将(かな?)に聞いてみた所、朝早い人は弁当を食べていくそうです。私も弁当にした方が良かったかな、と、ちょっとだけ後悔しました。

写真19


宿の心づくしのおもてなしを堪能した後、0800に法華院温泉を出発しました。出発する際に「また来てくださいね」と言われたので、本当にまた来たくなってしまいました。

今日の予定は、諏蛾守越ルートから左に折れて北千里浜の前を登り、久住分かれから久住山を目指します。コースタイムは3時間弱。天候が途中で悪化しそうなら、無理をせず諏蛾守越から真っすぐ長者原に戻る予定です。
宿を出て登り始めると、すぐに雪がつき始めました。雪が少し深そうなので、ここでアイゼン装着。やや急な斜面を登っていきます。 以前に登った冬の蓼科山 に比べると全然楽ですが、それでも急な岩場に雪がついていると、スリップしそうで警戒します。
一時間弱で北千里浜に到着。向こうには九重山が見え、その進行方向右手には雪を被った硫黄山が荒々しい姿を見せています。

写真20
写真21


ここまで比較的順調に来ている上、天候も晴れているので、予定通り久住山山頂を目指すことにしました。北千里浜の登山コースは平坦なので歩きやすく、途中に凍った道路をアイゼンでバリバリと割るのが気持ち良いです。
しかし斜路に差し掛かると様相は一変。先ほどと同じく雪の付いた岩が針路を遮ります。とにかくスリップだけはしないように気をつけながら、斜面を登っていきます。

写真22
写真23


1000頃に斜面を登り切って久住分かれに到着。ここからは目の前に久住山の山頂部が見えています。そこから歩いて20分ほどで久住山頂に到着。山頂からは今まで歩いてきた北千里浜の景観や瀬ノ本高原、さらに遠くに雪を被った阿蘇山の景観も見えています。

写真24
写真25
写真26
写真27
写真28
写真29


山頂での景観を堪能した後、下山へ。下山ルートは当初牧ノ戸峠経由での下山を計画していましたが、諏蛾守越から戻った方が時間的に近い事が判明したため、元来た道を戻ることにしました。先の登った急斜面を今度は慎重に降りていき、諏蛾守越の分岐に戻ったのは1145頃でした。

写真30
写真31


10分程斜面を登った所が諏蛾守越。ここには石造りの休憩所があり、恐らく噴火の際のシェルターとして使う場所のようです。

写真32


諏蛾守越からは石のザラザラした下り斜面を降りていきます。夏でも足元が危ない登山路ですが、冬場には雪があるので危険度が増します。滑らないように慎重に降りていきますが、その横を男性の登山者2名のパーティがスイスイと追い抜いていきました。軽やかなステップを踏んで降りていく様は、雪慣れした足さばきを感じてしばし呆然です。

写真33
写真34

斜面を降り切ると雪のついた車が走れるくらいの平坦な道に出ます。この道をしばらく歩くと右手に長者原が見えてきます。長者原へ直接降りる登山路が台風被害で切れてしまったため、一旦大曲という所に出て、そこからやまなみハイウェイの車道歩きになります。やまなみハイウェイの車道歩きは3km弱。思ったよりも大したことはありませんでした。途中に九州自然歩道が並走しているので、所々で林道歩きになるのも楽しいです。

写真35


長者原へ降りてきたのは1330頃でした。所要時間は5.5時間。雪道にも関わらず夏のコースタイムを割ることができたので良かったです。

写真36


コース全体の感想ですが、雪道としては難易度は低く、アイゼンがチェーンスパイクがあれば十分に歩けます。一番危険度が低いのは雨ヶ池コースで、この道は樹林帯の中なので強風などの影響が小さくて済みます。雨ヶ池コースであれば、殆ど危険がなく歩けると思います。
諏蛾守越コースは雨ヶ池コースに比べてやや難度が上がりますが、それでも今回のような晴天時には殆ど危険はありません。ただし天候が荒れて風が吹けば、結構厄介なことになりそうです。

北千里浜の登山ルートや今回歩かなかった牧ノ戸峠コースについては、天候さえ良ければ問題ないとは思いますが、風が吹くと結構厄介かも。特に久住分かれ付近は風の通り道になっているので、強風には注意した方が良いかと思います。

三峰山八丁平

三峰山(みうねさん)は奈良と三重の県境に位置する標高1235mの山である。場所的には、奈良県御杖村が登山口となっており、名張方面から国道368号線、宇陀方面から国道369号線でアプローチが可能である。

三峰山は日本300名山の一座として知られているが、特にこの山が有名なのは、冬場の霧氷の美しさである。私もその美しさを求めて冬の三峰山にチャレンジしてみた。

登山口であるみつえ青少年旅行村に着いたのは0830頃。雪道を警戒してスタッドレスタイヤ付きの車をレンタルしたが、残念ながら無駄に終わってしまった。とはいえ、山は当然積雪が予想される。冬山用の装備を整えて出発する。

写真02

最初はアスファルトの道が続くが、しばらく歩くと道が二手に分かれている。一方が「登リ尾」コース、もう一方が「不動滝」コースだ。後者の方がやや頂上までのコースタイムが短い。ここでは登りで危険度の高いコースを選んでおいた方が安全率が高いと判断し、やや難度が高いと思われる「登リ尾」を選択した。

写真03

針葉樹である杉並木の下を登っていく。斜度はそこそこあるが、道が綺麗に整備されているので歩きやすい。しばらく歩くと車道にぶつかり、そこにトイレつきの休憩所がある。

写真04
写真05

さらに標高を上げていくと、所々に雪が見えてくる。さらに進むと登山路にも積雪の後があり、一部路面の雪が凍り付いていて危険な個所も出てくる。

写真06
写真07

「不動滝」コースとの合流を過ぎると、三峰山への最後の登りに差し掛かる。このあたりから路面の雪が深くなってきて、ほぼ登山道前面が凍結している。スリップの危険が増してきたので、このあたりでアイゼンを取り付ける。三峰山の有名な樹氷はこのあたりから綺麗になってくる。

写真08
写真09
写真10

登山開始から2時間弱で三峰山山頂に到着した。山頂部でも樹氷は綺麗であり、また周囲の山々が綺麗に見えている。これで晴天なら言うことなしだが・・・。

三峰山山頂

山頂から5分ほど降りた場所が八丁平という笹原が広がっている。ここの景観も素晴らしく、三峰山山頂部の美しい景観が一望にでき、また樹氷と青空との組み合わせが素晴らしい。

写真11
写真12
写真13
写真14
写真15

帰りは不動滝ルートを降りていく。その名前の通りに途中に不動滝という雄大な滝があり、その景観に見入ってしまう。

写真16
写真17

登山口に戻ったのは1210頃であった。下山に要した時間は1時間強である。往復の所要時間は約3時間。コースタイムは4時間なのでまあまあのペースと言えよう。
今回三峰山に登るのは初めてだが、正直「魅せられて」しまった。比較的安全に冬山の山頂に立てる利便性もさることながら、山頂付近でのアイゼンを使った雪道歩きの楽しさ、山頂付近や八丁平で見た雄大な景観、そして不動滝の迫力など、山の楽しさがぎゅっと凝縮されている感がある。こんな楽しい山が関西の日帰り圏にあるなんて、これだから山登りは止められない。

↑このページのトップヘ