もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

タグ:城巡り

あれから 2週間後に再び岡城址を訪れてみた。紅葉についてはやや色づいたようにも思えるが、果たして。あるいはもう散ってしまったのか。

写真00
写真01
写真02
写真03
写真04
写真05
写真06
写真07
写真08
写真09
写真10
写真11
写真12


こちらは夕方の写真。丁度夕陽が沈む時間で、綺麗な夕陽が撮れました。

写真13
写真14
写真15
写真16
写真17
写真18


この岡城址。豊後竹田の駅から歩くと20~30分とちょっと遠く感じます。ただ実際に歩いてみるとそれほどでもなく、所要時間2時間見ておけば十分に見学できます。
実際に見てみると、思いのほか大迫力でビックリすること請け合い。もしまだ行ったことがなければ、一度訪ねてみては如何でしょうか。

お奨め度★★★★

4
大分県豊後竹田市にある岡城址。荒城の月で有名なこの城は、見るものを圧倒する迫力があります。私自身これまで何度かこの城を訪れましたが、今回、秋の紅葉を狙って訪れてみました。

駐車場に着いたのは午前7時過ぎ。まだ朝早い時間のため観光客の姿は殆どありません。紅葉の方は、外から見た感じだと今一つの感じ。ちょっと早かったかな、というのが正直な所です。

写真62

正面の大きな石垣の所から大手門に入っていくと、少しずつ紅葉が見えてきました。黄色く見えるのはイチョウかケヤキか。花音痴の私には判断がつきませんです。

写真63
写真64
写真65

坂を上り切ると岡城址の城跡が広がっています。一見した所城の上の方はそこそこ色が着いていますが、城の下に広がる谷間の方はまだまだ青々としています。

写真66
写真67
写真68
写真69
写真70

5分程歩いた所が本丸で、滝廉太郎の銅像などもあります。

写真71
写真72
写真73
写真74
写真75

西の丸の方に戻ってきて少しブラブラしました。このあたりも写真が撮れる場所があります。次はベストの時期に攻めてみたいですが、さてさて・・・。

写真76
写真77
写真78
写真79

全体で30分ほどの散策になりました。紅葉はそこそこ綺麗でしたが、ベストではなかったのが少し残念です。

山陰04

米子駅から約1km程の場所にあります。意外と近いです。
かつて関ヶ原の戦いで活躍(?)した吉川広家が城の土台を作り、その後赴任してきた中村一氏が完成させたという山陰の名城です。

山陰05
山陰06
山陰07
山陰08

麓からは比高50m程の登り坂になっており、10分程登った所が天守のあった所です。建物の類は残っていませんが、何層にも分かれた石垣は健在で、往時の規模を彷彿とさせてくれます。眼下には米子市街と中海の景観、さらにその向こうには山陰の名峰伯耆大山が雄大な姿を見せています。

山陰09
山陰10
山陰11
山陰12

山陰を代表する名城の1つ米子城。機会があれば一度訪ねてみては如何でしょうか。

3
現在は松ヶ崎公園となっている旧米沢城址です。
城跡といっても天守のようなものがある訳でもなく、また平城なので空堀のようなものがある訳でもなく、僅かに堀が残っているだけでした。

中心部は上杉神社となっており、上杉謙信や上杉鷹山の銅像が建てられていました。

お奨め度★★★

写真00
写真01
写真02
写真03
写真04
写真05
写真06
写真07
写真08

3
ここには何度か来ていますが、桜の季節がメインで、それ以外の時期に訪れたことはあまりなかったような・・・。
今回行った時には、石垣修復工事のため天守閣が城の中央付近に仮置きされた状態でした。本来ならば天守が石垣のすぐ上にあるのですが・・・。

Aki16

天守自体は江戸時代から続いている状態のままで、内部の構造も往時のままです。天守内部は三層構造になっており、最上部からは周囲の景観が見渡すことができます。

Aki17
Aki18

城自体は相変わらず大きな城で、本丸から見える岩木山が雄大でした。
石垣の修理については、当初「令和3年完了」となっていたところが、今では「令和7年完了」と後ろ倒しになっているとのこと。例によって石垣を修理してみると、色々と歴史的に重要な史料が出てきたので、そのたびに工事がストップするからだとか・・。

Aki19
Aki20
Aki21
Aki22
Aki23

ともあれ、弘前城の修理。早く終わってまたかつての美しい姿を見たいものです。

お奨め度★★★

↑このページのトップヘ