もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

タグ:旅行

地図1


釧路に1泊した 翌朝、普段よりも少しだけ寝坊して釧路駅へ。そこから根室本線(通称「花咲線」) 釧路発0818の列車に乗ります。この列車は、キハ54系とキハ40系の混成2両編成。まずは先頭のキハ54系に乗ります。

写真010
写真011
写真012


発車してしばらくすると、市街地を抜けて北海道らしい原生林の中に入っていきます。現生林を抜けると牧草地帯。これまた北海道らしい風景です。

写真013


途中の主要駅である厚岸が近づくと、右手に太平洋が見えてきます。またコンブ漁が盛んな地域なので、収穫されたコンブが海岸に並べられています。

写真014
写真015


厚岸を出て、次の茶内までは、厚岸湖とその周辺湿原にある別寒辺牛湿原が美しい所。列車もサービスのためか、速度を落として運転してくれます。

写真016
写真017

次の茶内駅では列車交換があり、乗客の約半数がここで降りていきました。そこで後方に連結されているキハ40系に移動。こちらはボックス席の仕様で、椅子とテーブルが雰囲気のある木目調になっていました。ボックス席の1つを丸々占領し、パソコンを広げて優雅に車窓風景を楽しみます。 。

写真018
写真019
写真020

根室が近づくと、右手には落石海岸の風景、左手には根室半島の原生林が広がっています。このあたりも花咲線で景観の美しい所。左右に動きながら写真を撮るのに忙しいです。

写真021
写真022


根室駅には定刻の1052に到着。所要時間約2.5時間の列車の旅でした。釧路から根室に行く時間で、新幹線なら東京から新大阪まで行ってしまうのですから、いやはや・・・。

写真023
写真024
写真025
写真026


つづく

7月の3連休は 別の予定 で潰れてしまいましたが、その次の週末に有給休暇を取って3連休とし、北海道へ旅行することにしました。

在宅勤務にして早めに仕事を切り上げて、夕方の羽田空港に着いたのは1700頃でした。そろそろ学校が夏休みに入るので空港の中は親子連れがチラホラ。しかしまだ本格的な夏休みシーズンではなかったので、全般的には旅行者は少なめでした。

写真000


案の定、私が登場した羽田発釧路行きのJAL便も機内はガラガラ。多分3割も乗っていなかったと思います。横の席に人がいないので横の席にカバンを置いて、西の空に沈みゆく夕陽を眺めての優雅な空の旅でした。

写真001
写真002
写真003


釧路空港には定刻の1930に到着。現地の気温は19.5度で、さすがにTシャツ1枚だと少し肌寒かったです。長袖シャツを持ってきたのは正解でした。早速シャツを着ます。

写真004


空港バスに乗って釧路市街へ移動。JR釧路駅前で下車しました。釧路駅前の食堂で遅めの夕食。冷たいビールと釧路で取れた魚料理。北海道上陸初日は美味しい1日となりました。

写真005
写真006
写真007
写真008
写真009


つづく

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

3月最終日に桜を見るべく和歌山城に行きました。
今年は暖冬ということで綺麗な桜を期待したのですが、満開にはまだ少し早かったようです。5分~7分咲きといった所でしょうか。
天候には恵まれたので良かったです。

イメージ 5

JRおおさか東線は、新大阪駅から八尾市久宝寺駅まで約20kmを結ぶ路線である。2008年に久宝寺、放出間が開業し、2019年3月に放出、新大阪間が開業した。これによって新大阪から大阪東部を経由して奈良方面が直接接続された。またおおさか東線は大阪と京都、大阪と奈良の間を横切るように走っているので、大阪、京都間の鉄道線、大阪、奈良間の鉄道線と接続している。具体的には、淡路で阪急京都線、野江で京阪本線、放出でJR片町線、河内永和で近鉄奈良線、俊徳道で近鉄大阪線と接続している(他にも接続線多数あり)。

イメージ 1


新大阪駅を発車した列車は右にオーバーバンクして高架線に入る。元々は片町線の支線の貨物船。旅客列車に混ざって貨物列車も時折すれ違う。高架線が多いため周囲の景観は良好。「夜景の綺麗な路線になりそうだな」と思う。

イメージ 2


鴫野駅でJR片町線と合流。ここから放出までは片町線との共有路線になる。放出で再び片町線を離れ、右へオーバーバンクしながら南へ向かう。近鉄線や地下鉄線との接続駅を経て、久宝寺に到着したのは新大阪から約30分後のことであった。

イメージ 3

イメージ 4


おおさか東線の新大阪延伸により、北大阪地区と奈良方面への直通路線が開けた。実際、新大阪と奈良を結ぶ直通快速の運行も始まっている。今後が楽しみな路線である。

イメージ 14

JR嵯峨嵐山駅に隣接するトロッコ嵐山駅。その駅施設に嵯峨嵐山ジオラマ館があります。入場料500円で中に入ると、テニスコートぐらいのスペースの中に京都市内を模したようなHOゲージのジオラマが設置されていました。ジオラマもそうですが、周囲の景観も綺麗に作られていて。特に清水寺が秀逸でした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


ジオラマ館の隣にはSL車両が展示されていました。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13


雨の嵐山、こんな過ごし方もまた良しです。

↑このページのトップヘ