もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

タグ:東大雪

前回までは --> こちら

写真038


以前に秋の糠平散策を紹介した。そこで今回は冬の糠平散策を紹介したい。

前回同様文化センターの近くに林道入口があり、そこから下りていくと糠平川の河畔に出る。川沿いに歩いていくとかつて国鉄士幌線が走っていた橋梁が見えてくる。

写真039
写真040
写真041
写真042
写真043

士幌線の廃線跡が遊歩道に整備されており、真っすぐ歩いていく。途中で鹿さんの集団に遭遇。写真を撮る。

写真044


10分程歩いてで鉄道資料館に到着。かつての国鉄糠平駅の跡地だ。夏場は鉄道資料館としてオープンしているが、冬場は閉館している。

写真045
写真046
写真047


そこから階段を降りていく。雪に埋もれた階段を安定して歩いて行けるのはチェーンスパイクの威力かな。低い所に出てしばらく歩くと糠平湖畔に出る。

写真048


帰りは元来た道を戻る。20分ほど歩いて糠平の市街地に戻ってきた。先ほどの鹿さんが今度は糠平の町中に出てきていた。

写真049
写真050
写真051

つづく

東大雪登山 の翌日、宿のある糠平の近くを散策しました。
文化センターの近くに林道入口があり、そこから下りていくと糠平川の河畔に出ます。ここからがネイチャーコースの始まりです。

写真031
写真032


糠平川に沿って少し歩くと、コンクリート製の大きな橋梁が見えてきます。これが旧士幌線の糠平橋梁。今では遊歩道の一部となっており、橋の上を歩くことができます。

写真033
写真034


糠平橋梁からは旧士幌線の廃線跡を使った林道コース。木々の間を気持ち良く歩くことができます。距離も約600mと手頃です。

写真035


林道の終点は、 一昨日にも訪れた鉄道記念館 です。

写真036
写真037


さらにそこから数百メートル足を伸ばすと、線路が糠平湖に沿って伸びていて、トンネルの手前まで続いています。トンネルから先は行き止まりで、トンネルの中にトロッコ列車の車庫があります。

写真038
写真039
写真040


トンネルから戻り林道を歩くと、ひがし大雪自然館の近くに出てきます。ここから白い階段を上がった所がひがし大雪自然館です。

写真041


今回のコースは所要時間1時間弱の軽い散策コース。歩く距離は短いですが、北海道の自然を堪能できるコースです。今度は別の季節に歩いてみたいと思いました。

写真042


4
三股山荘 は、上川と帯広を結ぶ国道274号線の真ん中付近にある小さな喫茶店です。このあたりは十勝三股と呼ばれ、国鉄士幌線の終着駅があった場所。かつて林業で栄えた町ですが、林業の衰退とともに集落の人口も減少し、今では数戸を残すのみとのこと。
この喫茶店は東大雪登山の帰りに立ち寄るのに便利な場所にあり、さらに食事やスイーツが美味しいので、しばしば立ち寄らせて頂いています。
今回も 東大雪登山 の帰りに立ち寄りました。

今回注文したのは、初日がビーフライス、2日目がカレーライスとスイーツ(シフォンケーキ)です。いずれもとても美味しいのですが、個人的に一押しなのはビーフライス。一見ハンバーグが御飯に乗っている感じなのですが、塩コショウだけで味付けされたハンバーグが御飯と相性が良く、和食派の私のとっては心地よい味わいです。

写真026
写真027


もちろんカレーライスとケーキも絶品。カレーライスは十勝風の素朴な感じで、野菜の味を味わうタイプです。また今回のスイーツはシフォンケーキ。柔らかな生地と生クリームの味が絶妙。苦めのコーヒーとの相性もバッチリです。

写真028
写真029


これからも末永くお付き合いしたいこのお店。年末もまたよろしくお願いします。

お奨め度★★★★

写真030


P.S.このお店も既に何度も通っているので常連さんの私ですが、店の娘さんは私のファンだそうです(やや誇張)。営業トークにしてもちょっと嬉しい・・・。

昨年は諸般の事情で行けなかった東大雪。今年は2年ぶりに出かけてみました。東大雪の高原沼です。

昨日は小雨交じりの山歩き でしたが、その翌日は晴天という予報だったので、期待して行ってみました。

前回までの展開は --> こちら

空沼

高原沼からさらに1km程歩いた所にあるのが空沼です。日本庭園のような場所で紅葉が美しい場所です。昨日は空沼の見える地点で引き揚げたのですが、今日は空沼をじっくりと撮影できました。

写真148
写真149
写真150
写真151
写真152
写真153
写真154


1周コース

普段は高原沼または空沼までが正規コースで、そこから引き揚げなければなりません。コースの右半分はヒグマの出現確率が高いからです。しかし安全が確認された時期はコースが解放されています。今回コースが解放されていたので、1周コースを歩いてみました。この1周コースの後半部分は登山路がやや険しく、林道が整備されていません。また沼がないので紅葉の美しさでは左側コースには劣ると言われています。
が、よもやよもや・・・
川沿いの紅葉の美しさは格別でした。沼がないとか全然無問題。紅葉を見ながらゆっくり歩いたので、僅か1.6kmの山道を1時間かけてじっくり歩きました。

写真155
写真156
写真157
写真158
写真159
写真160
写真161
写真162
写真163
写真164
写真165


のぞき地獄

1周コースの終点であるヤンベ分岐のすぐ手前に「のぞき地獄」と呼ばれる景勝地があります。ここから見下ろす紅葉も美しいです。

写真166
写真167
写真168


最後のコース

ヤンベ分岐からゴール地点のヒグマ情報センターまで約1.1km。普段は歩くだけのコース。しかし今回はこのあたりの紅葉も美しい。このまま歩くだけだと勿体ないので、帰りは時間の許す限りゆっくり写真を撮りました。

写真169
写真170
写真171
写真172


高原温泉

ゴールとなるヒグマ情報センターのある高原温泉。本来ならばこのあたりの紅葉は10月に入ってからが見頃なのですが、今回はこのあたりの紅葉も素晴らしい。バスの出発までの時間を利用してじっくり写真を撮りました。

写真173


まとめ

昨日の悪天候 が嘘のような快晴。しかも紅葉は素晴らしい。私ももう15年近く東大雪の紅葉を見てきましたが、今年のように全山が一気に紅葉するのは、私の知る限り初めてです。まさに
「20年に1度の紅葉の当たり年」
というのが相応しいと思います。
とはいえ、来年はまたこれを上回る紅葉を期待したい所です。

来年の紅葉がまた楽しみです・・・。

昨年は諸般の事情で行けなかった東大雪。今年は2年ぶりに出かけてみました。東大雪の高原沼です。

昨日は小雨交じりの山歩き でしたが、その翌日は晴天という予報だったので、期待して行ってみました。

写真119


左回りコース

昨日とは打って変わって朝の大雪レイクサイトは人混み人混み。朝5:30に現着したのですが、バスの整理券待ちで30分以上並びました。06:30発の臨時便で高原温泉へ。高原温泉には0700頃に到着しました。例によってヒグマ情報センターで熊の出没状況と熊に対する対処方法についてレクチャーを受けます(ちなみにレクチャーしてくれたのは昨日と同じお兄さん)。その後山道に入り、ヤンベ分岐を左へ。沼巡りコースの最初の1時間弱はひたすら林の中を歩くコースです。このあたり、昨日と同じですが、青空のため所々で紅葉が綺麗に見えているので、写真を撮りたい衝動にかられます。

写真120


滝見沼

昨日と同じく滝見沼へ直行。所要時間約1時間の行程です。昨日は殆ど人がいなかったのですが、今日は既に10名前後がカメラを構えていました。沼巡りコースで一番美しいと言われている滝見沼。しかも快晴。水面にも全く波が立っていない本当にベストの状態でした。

写真121
写真122
写真123


緑沼

滝見沼のすぐ上が緑沼。紅葉の状態は昨日と同じです。

写真124
写真125
写真126


鴨沼、湯の沼

緑沼から15分ほど歩いて湯の沼、さらに10~15分で鴨沼に到着します。このあたりは湖沼の紅葉よりも林道沿いの紅葉が美しい場所です。昨日も通った場所ですが、今日は雲一つない青空なのでより紅葉が綺麗です。

写真128
写真129
写真130
写真131
写真132
写真133
写真134


エゾ沼

上り坂をいくつか登った先にあるのがエゾ沼です。風がないので紅葉の映り込みが綺麗です。

写真135


式部沼

エゾ沼から坂を上った先が式部沼です。昨日は見えなかった大雪山緑岳がここではくっきりと見えます。

写真136
写真137


大学沼

広い休憩場所がある所で、ノンビリとお弁当を食べるには好都合な場所です。その前後で視界が開けて広い範囲の紅葉が見えます。

写真138
写真139
写真140
写真141
写真142
写真143
写真144


高原沼

一応の最終目的地です。沼の向こうには大雪山系の緑岳が美しい姿を見せています。例年秋には緑岳の斜面に沿って赤い帯が綺麗に見えるのですが、今年は紅葉が早めなので、いわゆる「たすき」は見えないです。

写真146
写真147
写真148


つづく

↑このページのトップヘ