もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

タグ:釧網線

4
JR釧網線の網走~知床斜里の間は、オホーツク海のすぐ横を走る絶景区間です。そしてこの間の駅には、ラーメン屋や軽食コーナー等、個性豊かなお店が数多くあります。
その中の一つ、止別(やんべつ)駅には、ラーメン屋さんがあります。
メインはツーラメーンという細切りネギとチャーシューの乗った塩ラーメン。しかし今回は敢て醤油ラーメンを注文してみました。

これがまた「絶品」

少し太めの麺を醤油味のスープの絡めて食べる。麺はどんどん進む。スープもまたよし。普段はスープを飲み切らない私ですが、今回はスープを半分ぐらい飲んでしまいました。それほど美味しいスープでした。

かくいう私、ツーラーメンは食べた事がないので、今度はツーラメーンにもチャレンジしてみます。

お奨め度★★★★

写真09
写真10
写真11






釧網線は北海道東部、釧路と網走を結ぶ全長162kmのローカル線です。
列車の本数は全線走り抜ける列車が1日往復5本と少ないのですが(それでも一昔前よりは増えた気がする)、途中にオホーツク海、知床半島の入口である知床斜里、日本百名山で知られている斜里岳、神秘の湖摩周湖、屈斜路湖、遠くに見えるのは阿寒の山々、そして釧路湿原と見所の多い路線です。
今回、その釧網線に乗ってみました。

前回までは --> こちら

2日目のスタートはJR清里町駅。始発の釧路行きは0739発です。列車は昨日と同じキハ54系ですが、何だか外装がライトブルーでカラフルになっている。こういうラッピングは楽しいのでどんどんやって欲しいです。

写真12
写真13
写真14


列車は次の次の緑駅で停車。ここは網走と釧路の中間付近にある峠の駅です。ここで列車のすれ違いがあり、網走行きの列車と待合せます。

写真15
写真16
写真17


峠を越えると川湯温泉駅があり、さらにその2つ先が弟子屈町の中心駅である摩周駅。このあたりも有人駅で、それぞれ数名のお客さんが乗り込んできました。

写真18
写真19


塘路が近づくと釧網線の見所である釧路湿原が見えてきます。この日はやや曇っていてその点が少し残念ですが、それでも世界有数の湿原地帯の景観を十分に堪能させて頂きました。

写真20
写真21
写真22


ちなみに塘路駅は釧路湿原観光の中心駅。駅前には民宿やカヌーなどのアクティビティ業者が軒を連ね、駅前には観光案内をするガイドさん達がチラホラいます。

写真23
写真24
写真25


釧路駅には1000過ぎに到着。釧路駅には観光列車が停車していました。「ロイヤルエクスプレス」という車両ですが、後で調べた所、普段は伊豆方面で走っている車両だそうです。

写真26
写真27
写真28
写真29


写真00


釧網線は北海道東部、釧路と網走を結ぶ全長162kmのローカル線です。
列車の本数は全線走り抜ける列車が1日往復5本と少ないのですが(それでも一昔前よりは増えた気がする)、途中にオホーツク海、知床半島の入口である知床斜里、日本百名山で知られている斜里岳、神秘の湖摩周湖、屈斜路湖、遠くに見えるのは阿寒の山々、そして釧路湿原と見所の多い路線です。
今回、その釧網線に乗ってみました。

成田発1255という比較的遅い時間の飛行機に乗って女満別空港に降り立ったのは午後3時前。そこからバスに乗り網走駅へ。走ること約30分で網走駅に到着しました。

写真01


網走発1617の釧路行きが今回のファーストランナー。キハ54系の1両編成です。キハ54系は道北・道東地区でよく見るタイプのディーゼルカーで、ステンレス製と思われる銀色の車体が特徴。国鉄時代の車両に比べるとやや味気ないのですが、座席はクロスシートなので悪くないです。隣のホームには北見行きの列車が・・・。こちらは伝統のキハ40系。しかも3両連結とローカル線とは思えない豪華さ・・・。

写真02
写真03


網走駅では珍しく駅弁が売っていたので駅弁を購入して車内で堪能。ちなみにこれが今日の晩御飯です・・・。緊急事態宣言下の北海道。田舎の食堂が閉店している可能性が大だったので、安全策を採って駅弁にしました(実際には何軒かの店は開いていました)。それからビールを空けて乾杯(ひとりですけど・・・)。自身はワクチン接種後だったので、電車の中で弁当広げてもあまり恐怖はありません(もちろん基本的感染対策は徹底していますよ)。

写真04
写真05


網走を発車したときはガラガラだっら車内ですが、次の桂台で学生さんがどーっと乗ってきました。彼(彼女)ら曰く、今日は混んでるね。多分その日が18切符が使える最終週末の金曜日だったので、18切符旅行者が多かったのでしょう。ちなみに私は18切符ではありません。

列車は海岸線に出て左側にはオホーツク海が広がっています。冬になると流氷が寄せてくるこの海岸。夏は静かな海岸そのものです。

写真06


列車は1時間ほどで知床斜里に到着しました。ここは知床半島への入口となる駅で、釧網線の中では数少ない有人駅です。駅には「オホーツクに消ゆ」というどこか懐かしい看板が置いてありました。

写真07
写真08
写真09


列車は10分程走って清里町に到着。今日はここで下車して近くの 温泉宿 に一泊します。ちなみに駅前の食堂は殆どが(緊急事態宣言のため)休業していましたが、1件の焼肉屋だけは開いていました。

つづく

↑このページのトップヘ