もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

タグ:鉄道旅行

地図4


北近畿一帯を鉄道旅行した あと、宮津の温泉宿で1泊した。昨晩はスコールのような大雨が降ったので。ロクに食事も取れなかった(宿の女将さんに頼んでツマミを適当に作ってもらい、ビールで腹を満たした)が、翌朝は美味しい朝ご飯を食べて、気分爽快である。

写真31
写真32
写真33

その日も朝から雨が降っていて、駅まで歩く間に足元がすっかり濡れてしまった。宮津駅で昨日「くろまつ」に乗っていたアテンダントさんと偶然再会。少し世間話をしただけだが、ちょっと良い気分になる。

0857発の快速列車で福知山に出て、そこからJRの特急「きのさき10号」に乗る。山陰線の景観は昨日見たものと同じであったが、それでもこの路線の風景はいつ見ても美しい。特に綾部~園部間が良い。園部を過ぎると亀山が近づいてきて、ややベッドタウンの雰囲気になる。 た。

写真34
写真35
写真36
写真37

京都には1100頃に到着した。京都駅から30分ほど歩いて鴨川沿いに走っている京阪電車の七条駅に行く。そこで1日乗車券を購入したかったのだが、「祇園四条まで行かないと売ってませんよ」とのこと。仕方なく祇園四条まで移動し、そこで無事1日乗車券をゲットした。なお、七条~祇園四条までは駅員さんの計らいで無料で乗車させてもらった。

写真38
写真39


一旦京阪電車の北側の終点である出町柳まで行き、ここから1213発の特急淀屋橋行きに乗る。追加料金500円で乗れるプレミアムカーに久しぶりに乗ってみた。別にどうということもないのだが、ちょっと贅沢な気分になる。
何を隠そう、私が生まれ育たったのはこの京阪沿線だ。だから京阪沿線には人一倍思い入れがある。車窓を見ていても「あれ、ここ駅名変わっている」とか、「あの競馬場、取り壊されているのね」とか、「こんな所に史跡があったのか」とか、「あの公園、子供の頃に良く遊びに行ったよな」とか…。もう思い出の宝庫である。

写真40
写真41
写真42


とか何とか言いながら、列車は大阪の淀屋橋駅に到着。特殊なL字型構造を持つ淀屋橋駅は不思議な魅力がある。そういえば地下化される前の京阪三条駅も面白い構造だったなぁ・・・。
同じ列車で今度は自由席に乗り。京阪沿線で主要駅である枚方市駅で下車する。

写真43


つづく

写真12


天橋立駅近くで食事をした あと、少し周辺を散策しました。昼食をとった「文殊」のすぐ近くが海なっており、天橋立を巡る観光船や阿蘇海を渡る船の発着場にもなっています。天橋立を通り抜ける歩道の出発点でもあり、ここから片道2~3kmぐらいで天橋立の対岸に出ることができます。

写真13
写真14

さらに港の近くには知恩寺というお寺がありました。結構立派なお寺で、特に門構えが素晴らしいです。丁度雨が上がってスッキリした天気になったので、綺麗な写真が撮れました。

写真15
写真16
写真17


駅に戻り、1433発の観光列車「あかまつ4号」に乗ります。この列車は既に何度か乗車したことがありますが、一番最近乗ったのはコロナ前なので、4年近く前になります。久しぶりに京都丹後鉄道自慢の「丹鉄珈琲」を飲みながら、風光明媚な沿線風景を堪能しました。

写真18
写真19
写真20
写真21
写真22
写真23
写真24
写真25


終点の西舞鶴からは、今度は別の観光列車である「くろまつ」に乗ります。これは京都丹後鉄道の中でも最もグレードが高い観光列車で、今回は比較的安い「飲み比べコース」に乗ったのですが、それでも5000円近くかかりました。このコースは丹後地方で有名なお酒の銘柄3種類と、それに合わせた軽食を楽しめるコースです。食事の量もアルコールも決して多くはないのですが、それでも相応にボリュームがあり、全部食べると結構良い感じになりました。

写真26
写真27
写真28
写真29

終点近くの宮津駅では、「あかまつ4号」に乗っていたアテンダントさんが手を振ってくれたので、思わず写真をパチリ。そんなこんなで列車は無事、天橋立に到着しました。

写真30


つづく

地図3

地図1


6月の山陰旅行 以来約1ヶ月。右足の方もかなり回復してきたので、1泊2日で鉄道旅行に出かけてみることにした。行き先は北近畿。今回のメインは観光列車の乗り鉄である。

出発は始発の東海道線。ポイント故障で20分ほど遅れていたが、幸い遅れが途中でかなり解消したため、小田原での新幹線乗り継ぎは間に合った。

小田原からは定番の「ひかり533号」。新幹線で西に向かう時には愛用している列車だ。車内でコーヒーを飲んで、ほっと一息。列車は定刻通り京都に到着。ここから0838発の特急「はしだて1号」に乗る。

写真00


北近畿一帯を走る特急には、京都から豊岡方面に向かう「きのさき」、京都から天橋立方面へ向かう「はしだて」、同じく京都から舞鶴方面へ向かう「まいづる」、新大阪から福知山線経由で豊岡方面へ向かう「こうのとり」等がある。2022年3月のダイヤ改定以降は全席指定席化された。本数は行き先によって多少異なるものの、概ね1時間に1本程度の割合で運行されており、利便性は良い。京阪神地区から見た時に天橋立や城崎温泉といった所は手軽な観光地なので、そこそこ輸送需要があるのだろう。

写真01


列車は風光明媚な丹後路を疾走する。初夏を迎えた山々の景観が美しい。途中の福知山で新大阪発の「こうのとり1号」に乗り換え。乗り換えた際にも同じ車両とみなされるので、特急料金が追加で取られることはない。
列車は1100前に豊岡に到着。ここから第3セクターの京都丹後鉄道に乗り換える。

写真02
写真03

豊岡発1200「あおまつ2号」は、京都丹後鉄道が誇る観光列車の1つだ。京都丹後鉄道には「あおまつ」「あかまつ」「くろまつ」という3種類の観光列車があり、その中で「あおまつ」が一番「庶民的」である(グレードが低い)。車内には販売カウンターがあり、専用のアテンダントさんが乗務している。折角なので丹後鉄道自慢の「丹鉄珈琲」を注文してみた。

写真04


列車は1時間ほど走って天橋立に到着。車中では雨が降っていたが、天橋立の駅前は晴れていた。

写真05
写真06
写真07
写真08

つづく

例の長期入院から退院 して約2ヶ月。右足もまあまあ順調に回復していたので、約3ヶ月間お世話になった山陰地区を旅してみることにした。

朝の小田原駅から0616発の「ひかり533号」に乗り一路西へ向かう。車中で駅弁を食べながらあとはノンビリした(というのはウソで、ノートPCでごちゃごちゃと仕事していました)。いつもはガラガラの「ひかり533号」。今日も2人席を独占できたが、いつもよりもやや人は多めかな?。3人席を見ると、2人座っている所がチラホラです。乗客の殆どは「お一人様」で、家族連れやカップル等はほぼ皆無である。

写真00
写真01
写真02


岡山には0915頃に到着。小田原からの所要時間は約3時間であった。2ヶ月前に車椅子で介助してもらいながら移動した岡山駅構内。まるで昨日の事のよう。

写真03
写真04


次に乗るのは、岡山1005発の特急「やくも7号」である。振り子式電車で揺れまくることで有名。 前回乗った時も その揺れには閉口した。

写真05


列車は山間部に入っていく。6月の初旬はまだ新緑の美しさが少しは残っている。列車の中にいても草木の心地よい香りが漂ってきて気持ち良い。

写真06
写真07


松江で下車。時間は1240頃であった。 駅近く魚料理の店で昼食 を取る。その後、レンタカーを借りて米子方面へ向かう。米子市内に入ると目の前に特徴的な建物が・・・。今年1月から約3ヶ月間お世話になった「米子医療センター」だ。正面からだけではなく、裏側に回って写真を撮る。医療センターの裏側を見たのは初めてだ。毎日病室からこちらを見ていた窓が見える。

写真08
写真09


医療センターの駐車場に車を停めると、リハビリ室の窓に人の姿が見える。入院中、リハビリでお世話になった山形さん(仮名)だ。窓の外から手を振ると、向こうも気づいてくれて手を振り返してくれた。そのあと、わざわざ外に出てきてくれたので、こちらも感無量になる。立ち話なので短時間の会話に終わったが、それでも久しぶりの再会に胸が熱くなった。

その日の夜は皆生温泉に1泊。病院の窓からずっと見続けた皆生温泉だが、遂に宿泊の機会を得た。安全重視のためアルコール摂取は控えたが、退院後に初めて温泉にも入った。塩味の温泉が気持ち良い。

写真10
写真11
写真12

つづく

地図1


足の怪我 によりしばらく宿泊を伴う旅行を控えていた。GW中も 千葉方面へ日帰り旅行へ行っただけ で、宿泊を伴う旅行には結局行かなかった。
しかし手術から4ヶ月、退院してからもそろそろ2ヶ月が経過しようとしていたし、補助具なしでの歩行も可能になった。リハビリでもかなり安定して歩けていると評価されている。そこでGWから2週間後の5月の週末に1泊2日で鉄道旅行に出かけることにした。今回は鉄道を使た旅をメインにし、途中で少しグルメ等も楽しもうという趣向である。

秋田内陸縦貫鉄道、急行「もりよし」

東京発0732の新幹線「こまち5号」で秋田方面へ出発。GW明けでしかもコロナがまだ完全に収束していないためか、「こまち」の車内は比較的空いていた。久しぶりの新幹線。車内の軽い振動が心地よい。ただし車販のコーヒーが缶コーヒーしかなかったのが些か残念であった。

写真00
写真01


「こまち5号」は定刻に秋田県の角館駅に到着した。秋田県は個人的に好きな都道府県の1つで、これまでにも何度か訪れている。まあ東北の県はどれも大好きなのだが・・・。今回の目的は、秋田県の南北に貫く秋田縦貫鉄道の観光列車「もりよし」に乗車すること。秋田内陸縦貫鉄道については 以前にも紹介したが 四季折々の田園風景が美しい路線である。また今回乗車した車両は「縄文号」と呼ばれる新型車両で、快適な椅子と大きめの窓で美しい景観を堪能できるように工夫されている。

写真02
写真03

車内で早速駅弁を購入。この「笑弁当」が絶品である。秋田比内地鶏を使った唐揚げと鶏メシがメインだが、この唐揚げのサクサク感がたまらない。東北の駅弁はレベルが高いが、中でもこの駅弁はトップクラスの旨さだと思う。

写真04
写真05

食事が終われば、後は外の景観を眺めながらのんびりとした時間を過ごす。ビール片手につまみでも、というのが最高のシチュエーションだが、膝がまだ完全ではないので、事故予防のためアルコールは自重する。その代わりに車販で甘いお菓子を2種類購入。車販嬢お奨めの2品は、いずれも甘くて美味しいスイーツであった。

写真06
写真07


田園風景を走る事約2時間。車販嬢ともすっかり仲良くなったので別れるのが惜しい所だが、1310に終点の鷹ノ巣に到着。ここから再びJR線に乗り換える。

五能線、快速「リゾートしらかみ」

県境を越えて青森県の弘前に到着。ここから1430発の五能線経由快速「リゾートしらかみ4号」に乗る。「リゾートしらかみ」は観光列車の魁というべき存在。1997年の運行開始以来既に25年以上にも渡って運行され続けている伝統ある観光列車だ。

写真08


「リゾートしらかみ」の観光列車としてのサービス品質は、近年続々と登場してきた他の観光列車に比べて見劣りする面は確かにある。しかし追加料金が530円の指定席券のみであり、かつ青春18切符でも利用できるなど、利用しやすい観光列車としても魅力は現在でも大きいものがある。またコースとなっている五能線はJR各線の中でも屈指の景観を誇る観光路線。そういった意味において未だに「リゾートしらかみ」の価値は高いと言える。

弘前を発車した列車は、奥羽本線を北上。2つ先の川部で停車して進行方向が変わる。ここから列車は五能線に入り、秋田を目指す。窓の外には津軽のシンボル岩木山が見えている。こちらはサービスコーナーで珈琲とチョコレートをゲット。本当はビールを行きたかったが、ここはぐっと我慢する。

写真09


五所川原を過ぎ、鰺ヶ沢に近づくと、右手に日本海が見えてくる。五能線の魅力はやはり日本海の景観。荒々しい海岸風景が眼前に広がる。
そして列車は千畳敷に到着。ここでは15分の長時間停車があり、千畳敷海岸を見学できる。私も不安な右足を庇いながら、千畳敷海岸を少しだけ散歩してみた。

写真10
写真11
写真12
写真13



そこから先も日本海の景観が続く。険しい岩が聳える五能線屈指の景観と言われる行合崎海岸、あるいは高所から岩々を見下ろす岩舘海岸など、本当に五能線の景観は素晴らしい。

写真14
写真15
写真16


東能代からは奥羽本線に戻り、日本海の景観はもう見えないが、その代わり真っ赤な夕陽が美しい。これほど赤く焼けた夕陽を見るのは久しぶりだ。本当に「リゾートしらかみ」は見所の多い列車である。

写真17


秋田駅には1900頃に到着した。今日の行程はここまで。今晩は秋田に1泊し、明日は秋田からスタートする。

つづく

↑このページのトップヘ