もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

タグ:鹿児島

230511a_知覧

今回、薩摩半島を旅行して、以下の特攻施設を回ってみました。

 ・知覧特攻平和会館
 ・万世特攻平和祈念館

後者は今回初めて行ってみた場所です。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

特攻基地 知覧 (角川文庫) [ 高木 俊朗 ]
価格:660円(税込、送料無料) (2023/6/13時点)


指宿といえば砂蒸し温泉。浴衣の上から砂を被るという温泉です。その存在はもちろん知っていたし、指宿にも何度か行ったことがありますが、これまで「面倒そう」とか「熱いの嫌だな」といった感情があったので、砂蒸し風呂は入ったことがありませんでした。

この度、指宿に泊まった際、朝の出発まで少し時間があったことや民宿の目の前に「砂蒸し会館」があったので、砂蒸し風呂に行ってみました。

指宿温泉街の中心近く、海岸沿いに「砂蒸し会館」があります。砂蒸し風呂というと古風なイメージがあるのですが、そこはやはり観光地。「砂蒸し会館」はバリアフリーの近代的な建物です。

受付をすると専用の浴衣を受け取ります。ちなみにハンドタオルが必要なので持参するのが望ましいですが、なければ有料で貸してくれます。
更衣室で全裸になり、その上から専用浴衣を着て外に出ます。海岸に降りていくとそこが砂蒸し風呂。係員さんの誘導に従って砂浜に寝転ぶと、上から係員さんが砂をかけてきます。地熱を帯びた砂は暖かいというよりも熱いぐらい。しかも砂が重い。目安が10分とのことで最初は「早く終わらないかな」と時間の経つのがもどかしい。

しかし入浴?して5分ほど経過すると、心臓の鼓動がドックンドックンと強くなってくる。血行が良くなる感じでだんだん気持ちも良くなってきた。最初は苦痛に感じていた砂も、今では暖かい布団の中にいるよう。10分目安という時間ですが、気が付くと15分ほど砂と戯れていました。

砂風呂を出ると、今度は普通の温泉が待っていて、体についた砂を洗い落としてくれます。泉質は無色無臭の少し塩味。昨日の「指宿元湯温泉」と泉質は同じ。砂を落としてサッパリしました。

砂蒸し風呂の入浴料が1,100円とやや高めですが、人件費を考えると妥当だと思います。指宿に来るときには、是非「砂蒸し風呂」を体験してみてください。

お奨め度★★★★★

写真06
写真07
写真08
写真09

↑このページのトップヘ